« 15年間の僕の至福の日々。 | トップページ | 扉を開けたら〜ロマンの泉美術館物語2 »

2011年6月20日 (月)

扉を開けたら〜ロマンの泉美術館物語

Photo
1
新潟のラジオ局の名司会者、大倉修吾さんを招いての会、ルネさんがいるのはなぜか思い出せない。

蔵書票との出会い

2

3
一番好きなエクスリブリス

4
山形季央氏デザインのポスター

 小さくても光り輝いて

Photo_2

 日本は文化国家?

Photo_3

1_2
カードの人気No.1のアリスのエクスリブリス

 馬子にも衣装?

Photo_4

Photo_5
美術館のシンボルマークのエクスリブリス

(続く)

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で1000円の定額小為替を購入し、下記までお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢3-9-5-202 伊藤文学宛

★下北沢に『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」があります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読書好きにはたまらない古書がたくさん置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」 ぜひ、一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

 

◆お求めはこちらから


◆ご感想・ご相談はこちらへ

|

« 15年間の僕の至福の日々。 | トップページ | 扉を開けたら〜ロマンの泉美術館物語2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/51992998

この記事へのトラックバック一覧です: 扉を開けたら〜ロマンの泉美術館物語:

« 15年間の僕の至福の日々。 | トップページ | 扉を開けたら〜ロマンの泉美術館物語2 »