« 誰もが年をとるが、年のことなど忘れよう! | トップページ | ヤマジュン人気の再来か? »

2011年7月14日 (木)

進学校は自動車教習所と同じ?

 東京オリンピックが開催された年、1964年(昭和39年)7月1日に、上北沢自動車教習所に通って、中型と大型自動二輪の免許証を取得することができた。
 その前にスクーターの免許は持っていたが、自動車を運転できなければ、『薔薇族』を出し続けられなかった。営業などいない小さな印刷会社だったから、校正なども車で届け、ポルノ・ショップや、一部の書店に雑誌を満載して配本して歩いたものだ。
 それから47年間、たいした事故も起こさず過ごせたことは、上北沢自動車学校には感謝している。当時は旧軍隊の鬼軍曹のようなこわい教官ばかりだったが。
 教習所は運転の技術を教える学校だから、卒業してしまえば、二度と学校に行く人はいない。もちろん同窓会などあるわけがない。

 ぼくが入学した世田谷学園。太平洋戦争の末期に入学し、終戦のときは中学1年生だった。終戦前は2年生から、お説教と称して、授業後にみんな1年生は残されて、板の間に正座、お互いに殴り合いなどの野蛮な行為をさせられたものだ。
 食糧がまったくなかった時代、おふくろは弁当を持たせるのにどれだけ苦労したことか。弁当を持って来れない人もいた。
 その頃の世田谷学園は「ヨタ中」と呼ばれて、あまりいい学校ではなかった。それが先生方や校長の努力の甲斐あって、今や進学校として、一流大学に入学する学生も多くなり、世間の評判もすこぶるいい。
 中・高一貫教育で、東大志願者のためのクラスもあり、来年は2ケタの東大合格者を出すと、校長も強気だ。
 こうなってくると、親はなんとしても世田谷学園に入れさせようとする。男子校というのも今の時代少なくなっているが、これが逆に親にとっては安心なのだろう。だから受験生は増えるばかりで、かつてのように同窓生の息子や、孫に頼る時代は終っている。
 今や、まさに進学校と称する一流大学に入学者が多い学校は、自動車学校と同じではないか。一流大学に入れるための技術を教えるための学校になってしまっている。予備校化しているといっていいだろう。
 一流大学に入って、一流企業に就職させたい、そう思うから、親は子供に対して夢中だ。

 ぼくは頭が悪くて、コネで入れてもらい、コネで卒業させてもらった。だからその恩義を忘れたことはないから、同期会もぼくひとりで20数年も毎年開いている。みんな80歳になってしまい、年々出席者が減っていくのはやむを得ない。

 ぼくの長男は神奈川県の桐蔭学園という進学校を卒業し、ストレートで京大の理工学部に入り、一流企業に勤務しているが、同窓会には一度も行っていないようだ。
 女房と父兄会に行ったことがあったが、校長は、今年は東大に何人入ったとか、そんな話ばかり、教室で担任の教師から大きな封筒に入った説明書を渡されたが、その封筒に印刷された文字のデザインが野暮ったい。一流をめざすのなら封筒のデザインもセンスのいいものにしてほしいと、担任にいちゃもんを付けたこともあった。
 世田谷学園卒業生の総会の出席者が2・30人とは情けない。事業計画と収支決算の報告で終わり。これでは寂しいので、終ってからおしゃべりをする場を作ってほしいとお願いしたら、これはすぐに実行してくれた。
 もう、ぼくは来年の同窓会総会には出席しないし、役員も辞めようと思う。卒業生の中に『日本アウトロー列伝』(宝島社刊)に載るような人間がいるということは迷惑だと思うからだ。

Goukaku


★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で1000円の定額小為替を購入し、下記までお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢3-9-5-202 伊藤文学宛


★下北沢に『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」があります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読書好きにはたまらない古書がたくさん置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」 ぜひ、一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

 

◆お求めはこちらから


◆ご感想・ご相談はこちらへ

|

« 誰もが年をとるが、年のことなど忘れよう! | トップページ | ヤマジュン人気の再来か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 進学校は自動車教習所と同じ?:

« 誰もが年をとるが、年のことなど忘れよう! | トップページ | ヤマジュン人気の再来か? »