« 背徳のエロスから、かわいいものまで! | トップページ | ぼくのブログは、これが最後です! »

2011年8月 4日 (木)

ヨタ中時代がなつかしい!

 ぼくは別冊宝島の『昭和・平成・日本「アウトロー」列伝』(宝島社刊・定価¥1050)の30人の中に入れてもらえたことに誇りをもっている。
 「アウトロー」とは、法の保護や秩序の外にあるものだそうだ。確かに単行本の発禁処分が2冊、『薔薇族』が4回、始末書を書かされたことが20数回にも及んだのだから、そう言われても仕方があるまい。
 この30人の中でお会いしたのは、刑務所服役中の体験を書いた『塀の中の懲りない面々』の作者の安部譲二さんしかいない。
 ぼくの世田谷学園の後輩で、「週刊文春」の編集長も勤め、『薔薇族』の100号を出したとき、「“ホモ界の朝日新聞”「薔薇族」百号記念までの悪戦苦闘」のタイトルをつけて記事を書き、朝日新聞を怒らせた、村田耕二君が、奥さんに先立たれ、再婚されたときのパーティで出会ったのが、安部譲二さんだ。「文藝春秋社」の重役にまで出世して、引退された村田君だから、多くの有名作家も出席されていた。
 安部さんに声かけたら、名刺を出すまでもなく、ぼくのことを知っていて、気楽に写真を撮らせてくれた。
 村田君、千葉のリゾート地に移られて、最近あまり元気がないようで、年賀状も返事を出せないから送らないでくれと言ってきている。

Yuta_2  ぼくの出身校、世田谷学園もすっかり様変わりしてしまった。以前は京王プラザホテルで、出版記念会を催すと、花輪をいくつも贈ってくれたが、今は校長も変わり、進学校として有名になり、一流大学の入学者が多いことを誇る学園に変ってしまった。
 今や「ヨタ中」なんて言ったら、それこそ殴られてしまう。
 一流大学に入れたいと、親はみんな思うから、受験生は増えるばかりで、同窓会なんて必要でなくなっている。
 ましてやアウトローなんて言われる卒業生がいることすら、不愉快なことに違いない。ぼくみたいに頭が悪く、コネで入学し、大学もコネで入ったような人間が、卒業生と略歴に書くことも気になってきた。
 愛校心は人一倍強く、校舎を新築するときも寄付したし、同期会もひとりでお節介役を30年来続けている。
 しかし、世の中、まったく変ってしまった。一流大学を出て、一流企業に入らなければ、結婚をし、子供も育てられない。
 ぼくと同期の世田谷学園の同窓会の会長も昨年辞められて、新しいお坊さんが会長になられた。
 今年も総会があったが、集まったのは30人ほどだ。同窓会を盛りあげようと思う気持ちは今度の会長にはなさそうだ。副会長も世田谷区の区議会議員を5期ぐらい勤め、議長までやった人で、今回の選挙でもトップ当選している自民党議員だが、この人も迫力がない。区議会議員で終わろうとしている人だ。
 今度の世田谷区の区長も、なるべくみんなの意見を聞いてから、何かをやろうと思っているような人だ。

 なんで自分で思ったことを実行しないのだ。こんな区長じゃ情けない。世の中、奇人、変人がいなくなってしまい、つまらない人間ばかりになってしまった。
 共産党の徳田球一のような迫力のある、説得力のある政治家は出てこない。「元気を出せ」と掛け声ばかりじゃどうにもならない。もっと、大衆を引っ張って引く元気のある人って出てこないものだろうか。
 ヨタ中時代の方が、個性的な学生が多くいて楽しかった。だから愛校心も湧いてくるというものだ。


『薔薇族』ご注文の方法は、80円切手7枚を封筒に入れてお送り下さい。
 〒155-0032 東京都世田谷区代沢3‐9‐5‐202 伊藤文学へ。
 クロネコヤマトのメール便ですぐにお送りいたします。


★永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」 ぜひ、一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

|

« 背徳のエロスから、かわいいものまで! | トップページ | ぼくのブログは、これが最後です! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨタ中時代がなつかしい!:

« 背徳のエロスから、かわいいものまで! | トップページ | ぼくのブログは、これが最後です! »