« 「ベニスに死す」を見ることによって、少年を愛する男の心理を知ってほしい! | トップページ | 天災はいつ襲ってくるか分からない! »

2011年10月15日 (土)

少年愛の人たち、いよいよ追いつめられてきたぞ!

 さあ、いよいよ恐れていたことが現実になってきた。今の段階では、京都府だけだが、奈良県では2005年に13歳未満に限定し、児童ポルノの単純所持を禁止。宮城県も単純所持を規制する条例を制定することを検討しているそうだ。
 これは一部の県だけではなく、全国に波及していくことは間違いない。児童ポルノを所持していることを誰が見付け出すというのだろうか。戦前・戦中時代、左翼の人たちが、密告によって逮捕された、暗黒時代を思い起こす。
 何十万人はいるであろう、少年愛・少女愛の人たち。ほとんどの人たちが、それらの写真を所持しているに違いない。それらの人々をすべて逮捕するというのだろうか。
 
 新聞によると、京都府議会で可決された、13歳未満のポルノを個人が所持すること自体を禁じている。なかでも全裸や、性器が映った画像・映像を所持する者には、知事が廃棄命令を出せる。府は所持が疑われる者への立ち入り調査もでき、廃棄命令に従わなかった場合には、30万円以下の罰金を科す。
 さらに、13歳未満の性交場面のポルノを購入した者には、懲役1年以下、または50万円以下の罰金となっている。漫画やアニメなどの表現物は規制の対象としていない。
 この条例をめぐっては、プライバシー侵害などへの懸念から、京都弁護士会が「反対」を表明したが、府議会では共産党をのぞく、全会派が賛成したそうだ。
 
 大変な世の中になってきたものだ。ぼくも荷物を片付けて、未成年者の写真や、ネガが出てきたら、焼却処分しなければ。
『薔薇族』を出していた頃は、なんだかんだあったけれど、思い出せばいい時代だった。暗黒時代が到来する前に、早くあの世に行ってしまいたいものだ。
 
 東北から上京してきて、少年愛ものを倒産したぼくの事務所の倉庫から見付け出して、いそいそと帰って行った中年の男性。わが家には置けないから、わざわざアパートを借りて、そこに蔵いこんでおき、ときどき通ってそれらのコレクションを眺めて楽しんでいるそうだ。
 
 慰めと言えば、漫画や、アニメなどの表現物は規制の対象とはされないというけれど、今までのように自由な発想では書けなくなってしまうだろう。恐ろしいことになってしまったものだ。
 ものすごい権力を持った、お金持ちの少年愛の人を密告したら、警察は取り調べをするのだろうか。どう考えても弱い立場の少年愛の人たちだけが、ひそかに楽しんでいるものを見付け出されて、逮捕されてしまうのかと思うと、悲しくなってくる。
 だからと言って、少年愛の人たちが立ち上がって、反対のノロシをあげられるかと言ってもそれもできそうにない。
 
 煙草を吸っている人たちだって、たくさんいるのに、なんで反対の声をあげられないのだろう。ぼくは煙草も、酒も関係ないけれどだんだんに規制されて、狭いところに押しやられて、煙草を吸っている人を見ると、あわれである。
 
 ぼくの孫は地元の少年野球チームに所属して、ピッチャーをやっているので、たまには試合のときなど見に行くことがあるが、運動場の金あみの外で、じっと何時間も子供たちを見ている男がいる。
 ああ、この男は少年が好きなんだなと思うと、なんとも言えない気持になってくる。
 この国は、どんな国になっていくのだろうか?
 
011


|

« 「ベニスに死す」を見ることによって、少年を愛する男の心理を知ってほしい! | トップページ | 天災はいつ襲ってくるか分からない! »

コメント

ブログをおやめになるということでチェックしてなかったのですが、再開されて何よりです。
そしてこんな重大な記事が・・・

わたし自身は少年愛者ではないのですが、寛容な心は失われ、どんどん排他的で宗教国家や独裁国家のようになって行くのではと不安に思います。

「マイノリティはかわいそう」と言っていた政治家がいましたが、かわいそうな者を追い詰めることが本当に良い事なのでしょうか。
抑圧すればするほど逆に凶悪な犯罪が増えるので気がします。

規制する理由に子供の人権と声高々に歌われていますが、無理やり撮影されたものなら大人でも犯罪になるはずです。どうしても規制するのならモデルにしっかりと事情徴収してから逮捕するのでないといけないと思います。
モデルが何処の誰だかわからないのに人権を理由にするのは不自然です。病気です。


投稿: u | 2011年11月 7日 (月) 15時16分

 前略、場違いをお許しいただき、最近、自費出版しましたノンフィクション本のことで、ちょっとつぶやかせてください。本の内容は、自分史ですが、帯にあるように”半ズボンを穿いた美少年の脚への異常な執着”が随所にに綴ってあります。ただ、少年愛以外のことも多々あり、私自身でさえ”破廉恥本”だと思っています。遠い昔、一度、先生に少年写真集のようなものを見ていただいたことがあり、それで今回、宣伝というのではなく、京都人でもあり、行く末を案じて、お話させていただきました。失礼いたしました。

投稿: SI | 2011年10月18日 (火) 22時05分

性器が写ってる画像?外国映画ではOKでも、輸入されると日本人が勝手に修正を加える。制作国でOKなら、日本でも認めるべきでしょう。
日本だけギリシャ彫刻を、打ち壊すのでしょうか。
混浴もダメ?自国文化の否定だね。
エロと芸術の区別がつかないんだな、日本人だけは。

投稿: エスパー名無し | 2011年10月17日 (月) 02時51分

確かに、大変ですね。漫画、アニメは、架空のものだから。表現は、多少なりとも規制はあるけど。子供の人権を護るためには、ある程度は必要性はあるのでしょう。

投稿: 九条院伊織 | 2011年10月16日 (日) 15時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少年愛の人たち、いよいよ追いつめられてきたぞ!:

« 「ベニスに死す」を見ることによって、少年を愛する男の心理を知ってほしい! | トップページ | 天災はいつ襲ってくるか分からない! »