« 人間だれしもが変態的な傾向が | トップページ | 初めてわが子を抱いたとき »

2011年12月31日 (土)

昔の人は男も女も辛抱強く、我慢した!

 ゲイの人にとって、今はいい時代になった。30年、40年前は、30歳を過ぎて結婚していなければ、「ちょっと変じゃないの」と思われたものだ。
 今の時代、男も女もひとりで暮らしている人が多くなってしまった。それはいろんな理由があるのだろうが、ひとりでいても、とやかく言われなくなったことは確かだ。
 1979年の12月号の読者の投稿欄に載っている、「必死に妻を愛す」は、泣けてくる。どんなにつらかったことか。

「私は自分のいまわしい性に気がついたのは、中学生のときだったろうか。友人が性にめざめて彼女をつくって、せっせとラブレターを書いたりしているのを、私はさめた目でそれをみつめていた。
 自分の愛すべき対象が女ではなく、男であることに、私はひとり悩んだ。ものの本に、青春の一時期、同性を愛することがあるが、これはほんの過渡的なもので、時がくれば自然に異性愛に目ざめるものである、と書かれているのを見て、いくらか救われた気持ちであった。私もいつかは女を愛せるようになる……。
 しかし高校生になって、私の心の中でいっそう男を求める気持ちが、強くなったのを感じたとき、私は愕然とした。
 ――私は女を愛せない、結婚できない、あたたかい家庭もできない、子供もできない。神は私に天涯孤独でいろというのか……。
 男を求めてはいけない、早く普通の男に戻ろう、という私の意志とは反対に、私の目は、いつの間にか男を捜していた。
 そんなとき、私は激しい自己嫌悪を覚え、絶望的になるのだった。普通の男になりたいと思えば思うほど、私の意識とは反対に、心の中のどこからか、それとまったく同じ量だけ、男を求めるいまわしい感情が起こってくるのを、私はどうすることもできなかった。
 私は三度、女性と見合いをした。相手の女性から嫌われるようなことばかりしたにもかかわらず、不思議にも三人とも、私との結婚を望んだ。
 三人目の女性を母が選んだ。私は自分の結婚相手すら選ぶ資格のない男である。私たちは結婚することになった。私、二十五歳、妻二十三歳である。
 これで私も普通の男になろう。こう決意する私は、これから起こるかもしれない、恐ろしい展開を考えて、不安におののくのだった。目前にせまった結婚を前にして、私は眠れない日が続いた。
 結婚式が終って新婚旅行での初夜、私は生まれて初めて女に挑んだ。妻も初めてであった。当然のように私たちはできなかった。
 普通の男女でも初めて同士だったら、結合できずに初夜を終えることが多いそうだ。私の場合は、初めてということに加えて、女を愛せないという意識がある。そんな私が上手にできるわけがなかった。
「ごめん、やっぱりできない」
 がっくり肩を落として屈辱に耐えている私に妻は言った。
「できなくてもいいの、最初からうまくいかなくてもいいの、こういうことは何年も、何十年もかかって、二人でつくりだすものよ。ねえ、夫婦ってそんなもんでしょう。」
 最初がダメでも、これから二人して力を合わせてやっていけば、必ずなんとかなる。妻はこう言うのだった。」


 三人目の女性を選んだ、母親の目が確かだった。頭のいい奥さんだったに違いない。奥さんも処女だったのが幸いだったので、男を何人も知っている女だったら、うまくいかなかった。とにかく昔のゲイは辛抱強く我慢した。女好きの男も同じことだ。(つづく)

33

木村べんさんがNikonのカメラを愛用していた。CMではありません。

//////////////////////////////////////////

第4回「伊藤文学と語る会」 
 
2月4日(土)午後2時~4時(予定) ※途中参加・中途退出も自由です。
会費なし(コーヒー代の実費のみ)
会場:下北沢 カフエ「邪宗門」
住所:東京都世田谷区代田1丁目31-1 TEL03-3410-7858
※テーマなしで自由に語り合います。どなた様もお気軽にお越しください。

//////////////////////////////////////////

|

« 人間だれしもが変態的な傾向が | トップページ | 初めてわが子を抱いたとき »

コメント

はじめまして。
ある動画をきっかけに伊藤さんを知りました。
想像以上にすごいお方だと知り、恐縮です。
語る会にはぜひともお伺いしたいのですが、
2/4はどうしてもはずせない用事があって参加できそうもありません。とても残念です。
第五回があれば、必ずや出席したいと考えます。
そのときはどうぞよろしくお願いします。

投稿: ななし | 2012年1月 4日 (水) 02時17分

http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%A9%E3%83%96%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB%E6%A0%A1%E9%95%B7

ここで伊藤さんの事を知りました、これからも体調に気を付けて頑張ってください。
応援しています

投稿: | 2012年1月 3日 (火) 13時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/53611557

この記事へのトラックバック一覧です: 昔の人は男も女も辛抱強く、我慢した!:

« 人間だれしもが変態的な傾向が | トップページ | 初めてわが子を抱いたとき »