« 初めてわが子を抱いたとき | トップページ | 好きなことだけをやって生きればいい! »

2012年1月 7日 (土)

初体験はいい思い出として残るような

 日本で最初の同性愛誌『薔薇族』。商業誌として、本の取次店「トーハン」「日販」から、全国の書店に配本されていた。
 しかし、この雑誌を書店で買い求めているところを人に見られたらと思うから、今から考えたら、どうかと思うけれど、かなりの勇気を必要とした。
 
 1980年3月号(今から31年前)№86の「編集室」からに、ぼくはこんなことを書いている。
 毎号、初めて本を手にしたという、うれしい手紙を読むときが、なんとも言えない気持にさせられる。はるか遠くの沖縄の読者からの手紙だ。
 
「週刊誌等にて、貴誌のことは知っていました。先日、書店へ何気なく入り、83号のライダーのイカス表紙に目がとまり、まさかと思っていた貴誌が、わが沖縄県にもあったのです。
 すぐに求めて会社に帰ったのですが、帰りを待てずに、昼休みに読んでいたら、若い連中が「なにを読んでいるのですか?」と聞くので、「うん、ちょっと面白い本を」と答えたのですが、じつに面白く、楽しく読ませて頂きました。
 どうぞ、今後とも内容のより良い本が海を渡ってきてくれることを祈りながら、皆さんの活躍を心から期待しています。」

 
 創刊から10年が経っていても、まだまだ買いにくかったのだから、創刊の頃は、もっともっと買うのに苦労したものだ。こうした人たちがひとり、ひとり買ってくれて、それが万という数字になったのだからありがたいことだ。
 
 宮崎県の大学生から、こんな手紙をもらったことがある。
 
「この間、『薔薇族』を堂々(?)と買って本屋を出ると、あとから35歳ぐらいの男がついてきて、急に後ろから呼びとめられて、「君と友だちになりたいんだけど」とひとこと。
 ぼくはもうあわててしまって、なんと言っていいのか分からずにもじもじしていると、「トイレに行こう」と。
 ぼくは何もしゃべらず、その人の後ろについて歩いていきました。トイレの中のことは恥ずかしくて書けませんが、トイレを出てから、ぼくは男の人をおっぽり出して逃げたのです。
 あとで考えてみると、すごく悪かったなあと後悔しています。街で声をかけられたのは初めてだけど、中学生のときに、ぼくは大人の人にむりやりに犯されたことがあるんです。
 何かの工事で働きにきてた人で、名前も今では顔もはっきりとは覚えていないけれど、色黒の逞しい体と、大きなペニスは、はっきりと思い出せます。
 でも、このことは誰にも話せないし、本当に死んでしまおうと、何度思ったか知りませんが、それからのちに知った『薔薇族』によって、どれだけ救われたか、わかりません。」
 
 初体験って、みんな違うと思うけれど、この時代は、この大学生のようなことが多かったのでは。少年の心に傷を残すようなことはしてもらいたくはない。時間をかけて、愛し合ってからというようなわけにはなかなかいかないのかも。
 
 今の時代、どんなことになっているのだろうか。男女の間でも、知り合ってその日のうちにということが多いようだけど、ぼくらの時代は手をにぎるまでに時間がかかったものだ。
 メールで一瞬のうちに相手にとどいてしまう今の時代、携帯電話なんてなかった頃は、彼女が現れるまで、わくわくして30分でも1時間でも待っていた。早ければいいというものではないと思うけれど。

 032

//////////////////////////////////////////

第4回「伊藤文学と語る会」 
 
2月4日(土)午後2時~4時(予定) ※途中参加・中途退出も自由です。
会費なし(コーヒー代の実費のみ)
会場:下北沢 カフエ「邪宗門」
住所:東京都世田谷区代田1丁目31-1 TEL03-3410-7858
※テーマなしで自由に語り合います。どなた様もお気軽にお越しください。

//////////////////////////////////////////

|

« 初めてわが子を抱いたとき | トップページ | 好きなことだけをやって生きればいい! »

コメント

自分は現在46歳です。中学の時に「薔薇族」の存在を、たまたま入った町の書店で発見して「驚き」「動揺」の混ざった複雑な心境に陥りました。もちろん、何度か足を運び
ポケットに代金を入れて、店内に人が少なくなったのを見計らってレジに持って行くことはとても勇気が必要でした。お店の人も「薔薇族」を確認すると顔をあげないように「いくらです」と言って現金を受け取り、すぐに紙袋に入れてくれたりしていました。目を合わせないようにしてくれたのは唯一の救いでしたよ。家に帰ってから隅から隅まで「自分と同じ男が好きな人がいるんだ」と興奮して読みました。隠し場所も机の一番奥に入れて何度も何度も読みました。

投稿: 金沢 | 2012年1月 8日 (日) 18時30分

はじめまして
最近薔薇族の事を知り、ネットでバックナンバーを見ていたら、とても興味を引かれる一冊があり、ネットや古本屋を巡り探したのですが、見つかりませんでした…

1999年の9月号なのですが、どうすれば購入できますか?

語る会には参加できないかもしれません…なにせ滋賀に住んでるので…

投稿: ちぃ | 2012年1月 8日 (日) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/53621248

この記事へのトラックバック一覧です: 初体験はいい思い出として残るような:

« 初めてわが子を抱いたとき | トップページ | 好きなことだけをやって生きればいい! »