« 30年そいとげたという男の話 | トップページ | 上京してきた寺山修司君との、最初の出会い »

2012年2月25日 (土)

白毛の陰毛を贈ったんでは!

 一週間に2本のブログを書くだけのことだが、たった400字詰め、原稿用紙に4枚書く、それが、書きなれているはずなのに、意外と大変なことなのだ。それも休みなく続けるということは。
 他人さまのブログは、ネットを触ったことがない、ぼくには見ることはできないが、みんな何年も書き続けているのだろうか。
 若い猪口コルネ君との出会いがあってからは、きちんと土曜日、月曜日に更新してくれているので、今年に入って見てくれている人が増えて、一日800人にもなっていることはうれしいことだ。

 それが2月に入って、4日間ほど、ぼくのブログが見れなくなってしまったことがあった。それは「ニフティ」にお金を振り込んでいなかったためで、みなさんにご心配をかけたが、かえって復活後、増えているというS君の話なので、ほっとしているところだ。
 ぼくのブログを見て、コメントを寄せてくれている人も多いが、コルネ君が紙焼きにしたりして見せてくれているので、ぼくも目を通している。どしどし感想を寄せて下さい。
 ただし、英文のコメントは、残念ながら読むことはできません。

 年齢を重ねると、時間の経つのが早いこと、あっという間に一週間が過ぎてしまう。今度はブログに何を書こうかと考えているうちに、一、二日は過ぎてしまう。書く内容がきまれば、一、二時間もあれば書いてしまうのだが……。 
 最近はコルネ君が土曜日のひる頃、わが家を訪ねてくれて、先週渡した二本のゲラを見せてくれ、また新しい原稿を二本渡すという作業をくり返している。
 ぼくの著書に対しても、いろんな方が読後感を寄せてくれているのを読んでびっくり。著者にとって読んだ方から、ほめられるということは、こんなにうれしいことはない。
 ますます励みになって、本を出すのをやめると宣言したものの、機会があれば本を出したいという意欲も湧いてきた。

 カフエ「邪宗門」での「伊藤文学と語る会」も回を重ね、新しく参加してくれる方も増えているので、とりとめもない話しかできないが、3月10日(土)・午後2時から4時くらいまで、おしゃべりする。
 女性の方、高齢者の方も大歓迎。どなたでもコーヒー代、500円しか頂きませんから気軽におでかけ下さい。
 
 『薔薇族』の良き相棒だった、藤田竜君はアイデアマンで、奇想天外なことを考え出した。古い原稿の中から見つ50aけ出した2枚の絵、じつに面白い。
 ぼくの祖父、53歳で早死にしてしまった富士雄も、ユーモアのある人だったようだ。父の祷一は川柳家でもあったので、多くの作品を残し、ユーモアを解せる人だったが、内面(づら)が悪く、外面(づら)はいい人。

 長生きをすればどこかでまた逢える

 親父の川柳だが、ぼくも初恋の人と、かなりの年月が過ぎてから、偶然に出会い、亡くなるまで、お付き合いしていた。
 心臓手術で亡くなった妹を看護してくれていた、19歳の看護婦さんにぼくは夢中になってしまったことがあった。群馬の館林の人で、しんの強い女性だった。生きていれば出会うことができるだろうか。

 遠くから愛していればそれでよし

 親父、あの女のことだな。恋多き親父は幸せ者だった。年齢のことは忘れて、ぼくも新しい恋人を見つけたいが、白毛の陰毛を贈ったんじゃ、相手にされないか。
 藤田竜君、面白い人だった。

50b_2

//////////////////////////////////////////

第5回「伊藤文学と語る会」 
 
3月10日(土)午後2時~4時(予定) ※途中参加・中途退出も自由です。
会費なし(コーヒー代の実費のみ)
会場:下北沢 カフエ「邪宗門」
住所:東京都世田谷区代田1丁目31-1 TEL03-3410-7858
※テーマなしで自由に語り合います。ぜひ、お出かけを!

//////////////////////////////////////////

|

« 30年そいとげたという男の話 | トップページ | 上京してきた寺山修司君との、最初の出会い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/54048111

この記事へのトラックバック一覧です: 白毛の陰毛を贈ったんでは!:

« 30年そいとげたという男の話 | トップページ | 上京してきた寺山修司君との、最初の出会い »