« 32年前の『薔薇族』読者のスターファン投票は誰に! | トップページ | 劇画で見る伊藤文学という男 »

2012年3月31日 (土)

僕の仕事の発想は、すべてマスターべーションだ!

 ぼくの今までに残した仕事の発想の元はと言えば、なんと「マスターべーション」なのだ。今の男の子たちは食べ物もいいし、発育もいいからマスターベーションを覚えるのも早くなっている。
 ところがぼくが育った時代は、戦時中から戦後にかけての食糧難の頃だ。昭和23年に駒沢大学に入学した頃、片思いをしている女性がいた。
 マスターベーションを覚えたのは、その頃のことで、日夜もんもんとして過ごしていた。その時代、マスターベーションは、からだによくないと言われていたので、やめようと思うもののやめられなかった。
 ある雑誌に「マスターベーションをしても害にはならない」という医者が書いた記事を読んだとき、気持ちが明るくなったのを覚えている。
 そのうち恋人もでき、結婚も早かったので、自然とマスターベーションのことなど、忘れてしまっていた。

 親父の手伝いをして出版の仕事に励んでいた頃、背広からネクタイ、靴まで緑色というへんな男が、風呂敷包みをかかえて、原稿を持ちこんできた。
 昭和40年(1965年)のことだが、その原稿はマスターベーションの正しいやりかたを書いたものだった。あちこちの出版社に持ち込んだ末に我が社に訪ねてきたのだろう。
 その原稿に目を通したとき、ぱあっとひらめくものがあった。それは学生時代に悩んでいたマスターベーションのことだ。これを本にすれば、ぼくと同じように気持ちが明るくなるに違いない。そう思って早速、本にした。
 秋山正美著の『ひとりぼっちの性生活=孤独に生きる日々のために』。今が考えてみてもわれながら、いいタイトルだ。買いやすいように新書版のシャレた本にした。
 週刊誌や、テレビなどが、とりあげてくれてヒットし、反響も大きかった。ぼくが考えていたように、気持ちが明るくなったという手紙が多かったが、その中に男性が男性のことを想いながら、マスターベーションしているという手紙が、その中にまじっていた。それをぼくは見逃さなかった。

 続いて出版したのが『レスビアンテクニック=女と女の性生活』と『ホモテクニック=男と男の性生活』だ。
 これらの本は、わが第二書房にとって、革命的な本になった。そのあと続いて、男の同性愛の単行本を次々と刊行し、それが日本初の同性愛誌『薔薇族』につながっていった。
 そんなときにある人が、こんなもの売れませんかと言って持ちこんできたのが、ぬるぬるしている精液みたいなオイルだ。
 早速、その夜、風呂に入ったときに、そのオイルを使って、しごいてみた。今までは石けんをつけたり、つばをつけたりしていたが、ひりひりしてしまう。なんとこのオイルをたっぷりつけて、しごいた快感は、まさに天国行きだ。
 このとき、また、ぱあっとひらめくものがあった。これは売れると確信した。そしてケースや、容器のデザインを嵐万作さんにお願いした。
 嵐万作さん、すでにこの世にいないが、小説も書くし、デザインもできるし、油絵も描くという万能の方だった。

 愛の潤滑液「ラブオイル」と命名して売り出した。「ラブオイル」これもいいタイトルで、デザインは嵐万作さんが残してくれた傑作だ。
 『薔薇族』はネットに負けて廃刊に追いこまれてしまったが、「ラブオイル」は消耗品なので、品質もよく、ホテル、旅館、ポルノショップで今でも売り続けてくれているヒット商品だ。
 一度ためしてみてはいかが。天国行きは間違いないから……。

55b
今見ても斬新な装丁。赤星亮衛さんデザイン。

55a
第二書房の革命的な本! 装丁は伊藤文学

55c
30年もの長きに渡り売れ続けている「ラブオイル」

(ご注文は80円切手・12枚を封筒に入れ、〒155-0032 世田谷区代沢3-5-202 フェスタ―エンタープライズにご注文下さい。 (送料含む)10本入り。1箱の場合は、¥8,000小為替で……)

//////////////////////////////////////////

第6回「伊藤文学と語る会」 
 
4月21日(土)午後2時~4時(予定) ※途中参加・中途退出も自由です。
会費なし(コーヒー代の実費のみ)
会場:下北沢 カフエ「邪宗門」
住所:東京都世田谷区代田1丁目31-1 TEL03-3410-7858
※テーマなしで自由に語り合います。ぜひ、お出かけを!

//////////////////////////////////////////

|

« 32年前の『薔薇族』読者のスターファン投票は誰に! | トップページ | 劇画で見る伊藤文学という男 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/54236244

この記事へのトラックバック一覧です: 僕の仕事の発想は、すべてマスターべーションだ!:

« 32年前の『薔薇族』読者のスターファン投票は誰に! | トップページ | 劇画で見る伊藤文学という男 »