« 歌手のクミコさんが、百万本のバラを贈ってくれた! | トップページ | ノルウェイからきた美少年と! »

2012年4月21日 (土)

「ヴァニラ画廊」でバイロスの作品を見てほしい!

 自慢するわけではないが、ぼくの仕事は日本で最初というのが、誇りではあった。数えあげたら両手の指では数えきれない。それができたということは、会議を開いて相談して決めるということではなく、ひとりでの仕事だから、自分で決断すれば、それで実行できた。
 世界で初の仕事もいくつかある。蔵書票(エクスリブリス)を展示する美術館を造ったのも世界最初だし、これは故・京都大学名誉教授の生田耕作さんが、「バイロス侯爵讃」というメッセージを寄せてくれたのを読めば分かることだ。

 1992年11月1日~29日まで新潟の「弥彦の丘美術館」で、ぼくのコレクションを展示する「バイロス展」を開いたときに寄せてくれた。「バイロス展」も世界で最初だ。
「遠い新潟の弥彦の里で、このたび世界に先駆けて、「バイロス展」が開催されると聞き、いささか意表を突かれると共に、バイロスの絵画を愛する者として、まことに嬉しく心から讃辞を捧げます、
 バイロスは、イギリスのビアズレー、フランスのロップスと並んで、ヨーロッパの世紀末絵画を代表するオーストリアの異色画家であります。
 彼の作品は、ロココの優雅な装飾性と、アール・ヌーボーの憂愁を兼ねそなえた、優雅で気品のある、見事な芸術品です。とりわけ蔵書票の製作においては世界最高のアーチストといわれながら、今もって正当な評価を受けることなく、今日に至っております。
 今回の展覧会を通じて彼の芸術が、より多くの方々に認められ、愛されるきっかけとなりますことを切に祈ってやみません。」
 生田先生を紹介してくれた、バイロスのコレクターであり、研究家でもあり、バイロスのことを教えてくれた友人の神戸に住んでいた山本芳樹さんも、この世にいない。

「エクスリブリス・コンチェルタート・日欧幻想書票展」が、2012年4月16日~28日まで、日本の代表的な蔵書票作家の作品と、ぼくのコレクションのバイロスの作品が展示即売される。
 入場料は¥500、12時から17時まで営業、場所は「ヴァニラ画廊」だ。4月21日(土)特別トークイベントが開催され、内田市五郎先生と出品作家とのディスカッションがある。会費は¥1000(ワンドリンク付)17時開場。ぼくも出席しているので、声をかけてください。
 蔵書票(エクスリブリス)といっても、どういうものなのか理解できないと思うけれど、「ヴァニラ画廊」に足を運んでもらえば、どういうものかが分かり、興味が湧いてくるだろう。
『ユリイカ』(青土社刊)の1992年12月臨時増刊号・第24巻・第13号(通巻328号)の『総特集・禁断のエロティシズム』に澁澤龍彦さん、海野弘さん、種村季弘さんらと、おこがましくも、肩を並べて、「フランツ・フォン・バイロス・バイロス侯爵の霊よ、安らかに眠れ!」と12頁に渡って、図版入りで書いているので、古書でみつけるか、図書館で読んで下さい。
 バイロスの研究者の山本芳樹さんは、バイロスはゲイだからこそ、異色の作品を残せたと、ぼくが言うと嫌がっておられたが、二度結婚をされているが、間違いなくゲイだと確信する。そのバイロスにぼくが出会ったことも不思議な縁ではないか。
 バイロスの作品を見て、嫌だなと思ってしまう人と、深く吸い込まれるように、とりこになってしまう人がいる。
 サイン入りのバイロスの作品は少ない。とにかく「ヴァニラ画廊」におでかけを!

061a
バイロス侯爵のお墓

061b
061c
バイロスの蔵書票

061d
20年前に開かれた世界初の「バイロス展」

061e
061f

//////////////////////////////////////////

第6回「伊藤文学と語る会」 

4月21日(土)午後2時~4時(予定) ※途中参加・中途退出も自由です。
会費なし(コーヒー代の実費のみ)
会場:下北沢 カフエ「邪宗門」
住所:東京都世田谷区代田1丁目31-1 TEL03-3410-7858
※テーマなしで自由に語り合います。ぜひ、お出かけを!

//////////////////////////////////////////

|

« 歌手のクミコさんが、百万本のバラを贈ってくれた! | トップページ | ノルウェイからきた美少年と! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/54376945

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヴァニラ画廊」でバイロスの作品を見てほしい!:

« 歌手のクミコさんが、百万本のバラを贈ってくれた! | トップページ | ノルウェイからきた美少年と! »