« 娼妓解放までの道のりはきびしい! | トップページ | 孤立化していくゲイの高齢者が心配! »

2012年8月 6日 (月)

パリのレストランのおしゃれなメニュー

 ぼくはフランスのパリに憧れて、パリ製のいろんなアンティークをコレクションしたが、一度もヨーロッパには行ったことがない。
 ロサンゼルス、サンフランシスコ、ハワイ、ソウルだけで、残念ながらもう年だし、それにお金もないから訪れることは諦めるしか。
 訪れたことはなくても、昭和の初期か、大正の時代のパリのレストランで使われたメニューを眺めていると、運ばれてくる料理や、お店の中の様子までが浮かんでくるようだ。
 景気のいい時代には、赤坂の高級なレストランでフランス料理を食べたことはあったが、そこで使われていたメニューは思い出せない。
 日本の文化が、パリでもてはやされていた時代なので、富士山が見える峠の茶屋や、着物姿の美人も描かれている。
 メニューには、シェフがその日の料理を書き入れるようになっているものが多い。さすがパリのレストランが使っていたおしゃれなメニューだ。さて、どんな料理が出てくるのか、楽しみに待とう。

091a
091b
091c
091d
091e
091f
091g
091h

091i


第10回「伊藤文学と語る会」

///////////////////////////////////////////////////////////////

8月18日(土)午後2時~4時(予定) ※途中参加・中途退出自由。
会費なし(コーヒー代の実費のみ)
会場:下北沢 カフエ「邪宗門」
住所:東京都世田谷区代田1丁目31-1 TEL03-3410-7858

///////////////////////////////////////////////////////////////

初めての方、女性の方、ご年配の方、お一人様、大歓迎!
お気軽なご参加を、お待ちしております。

 

|

« 娼妓解放までの道のりはきびしい! | トップページ | 孤立化していくゲイの高齢者が心配! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/55271781

この記事へのトラックバック一覧です: パリのレストランのおしゃれなメニュー:

« 娼妓解放までの道のりはきびしい! | トップページ | 孤立化していくゲイの高齢者が心配! »