« 警察の手入れのお蔭で売り上げ倍増! | トップページ | 原発の町にゲイのハッテン場が! »

2012年9月 3日 (月)

戦争の足音が近づいている!

 2012年の8月8日、東京新聞の朝刊に作家の瀬戸内寂聴さん(90歳)と、佐藤愛子さん(88歳)の対談記事が載っていた。「大正・昭和・平成の激動期を歩んできた、2人から全世代へのメッセージ」で、教えられることが多かった。
 瀬戸内さんは、こんなことを言っている。

「飢えたことのない人に、そのつらさはわからない。私たちは物書きで想像力が人よりあるから、いくらか、わかる。普通の人は経験でものを考えるからわからないのね。」

 佐藤さんは、「この前、泣いて貧乏を訴えてきた女の人がいてね。話を聞くと、たばこも吸っているし、車も持っているの。それが今の貧乏なのよ。私たちのとは違う。」

 ぼくは太平洋戦争中は、10歳か、11歳のときだったから、戦争の恐ろしさ、「物」がまったくなくなってしまったときのことは、よく覚えている。
 空き地という空き地は、たがやして野菜を作った。その頃の道路は、今のようにコンクリートで固められていないから、道路のはじっこも掘りおこして野菜を作った。もちろん狭い庭も、きゅうりや、とまとを畠に。
 お米もわずかしか配給にならない。ごはんに大根をこまかく切って入れたり、今では鳥のえさにもならないような、こうりゃんをまぜて食べた。
 お魚も配給になるが、すけそうだらとか、にしんばかりだ。たらが嫌いなわけではないが、今でもそのころの記憶が残っているから食べない。
 さつまいもだって、今のさつまいもは、ほかほかしているが、冠水したのか、まっくろになっていて、ひどいものだった。さつまいものくきまで食べたのだから、今の時代はぜいたくすぎる。
 母に連れられて近郷の農家に、買い出しに行ったことがある。母の着物は、みんな食べ物になってしまった。農家のおかみさんのいばりくさった顔は、忘れられない。
 父は第一書房時代の本を山形の古本屋に売って、お米に変えてもらっていたようだ。

 瀬戸内さんは言う。「今の人たちに戦争はこわいもの、悪いものって言ったって、67年もたってるから、知っている人がほとんどいないのよ。経験していないことは想像できないんです。」

 日本は政治家が悪いから、景気は悪くなるばかりだけど、飢えて死ぬ人はいない。北朝鮮や、アフリカなどでは、今でも飢えて死んでいる人がいる。日本はまだまだ恵まれているのでは。
 オリンピックでサッカーの男子は、韓国に負けて良かった。日本が勝ったりしたら排日運動が起こるかも知れないから。
 韓国のイ・ミョンバク大統領が、ヘリコプターで竹島を大統領として初めて訪れたそうだが、すでに韓国の兵士が駐屯しているのだから、いくら日本の政府が日本の領土だといったって、軍事力で追い出すしかない。
 尖閣諸島も石原都知事が早く買い取って、自衛隊を駐屯させなければ、中国に占領されてしまうかも。それにしても韓国とも中国ともいつまでも仲良くしていきたいものだ。

 人間が人間を殺しあう戦争が、どんなに悲惨なものか、体験したものでないと分からないだろうが、今でもおろかな殺し合いが、世界の各地で続けられている。

 瀬戸内さんは心配している。「平成の今の状態は、昭和15、6年頃に似ていると思う。今の状態には、とても不気味な思いがするんです。戦争の足音が近づいている。」と。
 とにかく戦争だけは二度としてもらいたくない。なんとしてもくいとめねば。

100a
わが家の前も畠だった。左側2人が妹と近所の子供。

100b


第11回「伊藤文学と語る会」

///////////////////////////////////////////////////////////////

9月15日(土)午後2時~4時(予定) ※途中参加・中途退出自由。
会費なし(コーヒー代の実費のみ)
会場:下北沢 カフエ「邪宗門」
住所:東京都世田谷区代田1丁目31-1 TEL03-3410-7858

///////////////////////////////////////////////////////////////

初めての方、女性の方、ご年配の方、お一人様、大歓迎!
お気軽なご参加を、お待ちしております。

|

« 警察の手入れのお蔭で売り上げ倍増! | トップページ | 原発の町にゲイのハッテン場が! »

コメント

>オリンピックでサッカーの男子は、
>韓国に負けて良かった。

本気でいわれていますか?スポーツと政治は別です。負けたからといって排斥運動を起こすのは成熟しているとはいえません。そういう態度こそが責められるべきであり、負ければいいなんておかしなこと言わないでくださいよ。

ゲイを弱者と決めつけたり、あなたの思考回路は破綻していると思います。

異性愛男性はゲイのことより、自分自身の問題、異性愛者自身が抱える問題にこそ関心を持つべきだと思います。独身の異性愛男女の各4割近くが童貞と処女です。2次元に関心を持ち、生身の異性に向き合えない人も増えています。熟年離婚も増えています。

ゲイのこと以前に、異性愛者自身が真剣に向き合わなければならない問題は山積しています。

投稿: | 2012年9月22日 (土) 13時14分

日本は何されてもずっと耐え続けなければならないのか?
戦争が起こるから反撃も許されない?
ふざけるな。尊厳を守るために立ち向かうのが人間だ。
文句なら先に殴ってきた中韓に言え。

投稿: | 2012年9月 3日 (月) 14時58分

日本の国は、米軍に頼ることなく、日本軍で守れ。
そのうえで、相互に安全を保障すれば、日米は対等になる。
我が国は、虎の威を借る狐であってはならない。
自分の力を示せ。力は正義である。(Might is right).

力がなければ、正義もない。単なる歌詠みである。ひ弱な花である。
他人に仕事を任せておいて、いちいちあれこれ言うのは不謹慎である。いつまでも、未成年の姿勢をとるな。
消去法を得意とする論客ばかりでは、総理の寿命も短くなる。筋の通った政治もできない。

未来社会の建設には、建設的な意見が必要である。
未来構文がなくては、未来の内容は過不足なく構築できない。
未来構文があれば、理想が語れる。無ければ、筋の通らない空想・空論になる。

日本語の文章には、未来・現在・過去の区別がない。
現在のことは過不足なく考えられても、過去と未来に関してはそれができない。
日本人は、未来のことに辻褄を合わせて語ることは得意でない。
最悪のシナリオなど考えられない。悪夢は常に想定外になる。
だから、有事の際の危機管理も破たんする。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2012年9月 3日 (月) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/55508017

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争の足音が近づいている!:

« 警察の手入れのお蔭で売り上げ倍増! | トップページ | 原発の町にゲイのハッテン場が! »