« 一枚の写真――女房の久美子も若くてかわいらしい―― | トップページ | 三島由紀夫を研究している人にぜひ! »

2012年10月 6日 (土)

多くの読者に支えられて!

『薔薇族』では、ときどきテーマを考えて、「読者アンケート」をしていた。1990年の11月号に「ふいにボッキし、困ったこと」と題して、アンケートを募集している。

 ぼくも若い頃に、よく経験したが、男のボッキというのは、自分の意志ではとめられないものだ。
 ブログにも書いたことがあったが、若い女性の理髪店に行ったとき、ボッキして困ってしまったことがあったっけ。

 読者のアンケートへの手紙が面白い。

時代劇スター
 ある劇場に勤めていた時のこと。時代劇スターの衣裳を担当した。その若いスターは、本当に2枚目で、私には正視できないほど眩しかった。
 公演も半ばのある終演後、彼の脱いだ衣裳と一緒にふんどしがあった。汗ばみ、まだ生あたたかく、化粧の匂いにまじった、男の匂いが私を勃起させた。ふんどしの匂いをかぎ、尻の割れめと、性器に当たる部分に、2度も発射してしまった。
 その時、足音が近づき、心臓が一瞬止まった。(大阪・炎・39歳)」

発見された
 仕事中、デスクワークで、そんなこと考えてるひまもないのに、なぜかボッキしてしまった。
 ズボンがテントを張ったように盛り上がってしまい、つい、あたりを見回してしまう。こんなとき上司に呼ばれて、机のそばまで歩いて行かなければならなくなったらどうしようと、思っていたら、隣の同僚のS君にしっかり発見されてしまった。(東京・OVER750・25歳)」

マスかき
 電車の中で好みの男を見ると、マラはズボンの中で息づくのだ。ポケットに手を入れて上に向け、窓外の景色を見ながら静かにさすって、もう出そうになると動きをとめ、しばらくしてから、またこするという繰り返しをする。
 駅に着くと、急いでトイレの大のほうに入り、チャックをおろして、ピンマラをつかみ出し、ツバをたっぷりつけてマスをかく。これが通勤のいちばんの楽しみである。(おしゃぶり坊主・28歳)」

体育学生
 自分の家にも風呂があるのに、わざわざ銭湯に行ったときのこと。体を洗っていると、体育会系の学生が入ってきて、チンポを隠さずに平気で体を洗いだしたのを見て、自分のものはあっという間に、ピンピンになって、風呂場の中を歩けなくなってしまった。
 その学生は自分のチンポを洗って、半だちになっても平気なそぶりだった。(東京・YOU DO ME・19歳)」

不謹慎
 先日、当直に上番して、夜、風呂に入ったが、若い隊員でGENJIのひとりに、そっくりな子が入っていて、顔を見ているだけでボッキしてしまい、上がるに上がれず困ってしまった。
 自衛隊の風呂は番台がないだけで、公衆風呂とかわりはない。いろいろなPが楽しめる。小銃並み、大砲並み、その他もろもろ。それが楽しみで、当直についているようなもの。ちょっと不純か。(北海道・少年好き男・39歳)」

入学試験
 受験生のときの話です。入学試験会場でおもいっきりボッキしちゃったんです。なぜって、試験官の先生が、あんまりシュミだったんでつい……。
 試験はというと、ビンビンになったアレが気になって、ぜんぜん集中できず、見事に不合格でした。(埼玉・希望くん・21歳)」

 なんとボッキのアンケートに、15頁も特集できるほど、答えてくれたのだから、『薔薇族』は、多くの読者の協力で成り立っていたということだ。女性の人には男の生理を知ってもらうことも大事かな。それにしてもぼくのチンポはオシッコをするだけのもの、年はとりたくないね。

109

|

« 一枚の写真――女房の久美子も若くてかわいらしい―― | トップページ | 三島由紀夫を研究している人にぜひ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/55701839

この記事へのトラックバック一覧です: 多くの読者に支えられて!:

« 一枚の写真――女房の久美子も若くてかわいらしい―― | トップページ | 三島由紀夫を研究している人にぜひ! »