« 同性婚の問題を考える! | トップページ | ぼくは人との「出会い」に、運が強かった! »

2013年3月18日 (月)

喫茶店で生き残るには?

 「喫茶店文化の復権」と題して、生活情報部次長・高橋直彦さんが、2月7日の読売新聞の朝刊に、小さなコラムを書いている。

「確かにコーヒー一杯で何時間もねばられたらたまらない。店主の高齢化も進んでいる。総務省の調査によると、1981年に約15万4000軒あった喫茶店は、約30年間で半減した。

 セルフ式カフエに押され、喫茶店は衰退の一途かと思いきや、その魅力が近年、見直されているという。

 飲食チェーンが「純喫茶」世代の中高年向けにゆったりとした座席で、くつろげる店を拡充したり、女性スタッフが丁寧に応対するサービスを取り入れたり。」

 これは「ルノアール」のような大手のチェーン店を持つ、喫茶店の傾向だろう。ぼくが利用している個人経営の喫茶店では、お客はへるばかりで、とても復権しているとは思えない。

「邪宗門」と梅ヶ丘の駅前にある二階の「ノアノア」そして今度「伊藤文学と語る会」をひらく喫茶店「つゆ艸」は、ご自分のお店で、いずれも使用人を使わず、ご夫婦できりもりしている。

 下北沢の北口にある二階の「占茶」も、ご夫婦でやっていて、家賃を払っているお店だが、奥さんの占いの収入で成り立っているようだ。

 茶沢通りに面した「エクスリブリス」は、家賃で借りているが、ご夫婦だけで、ここも使用人はいない。

 ご主人はコーヒー豆に精通していて、コーヒー豆の産地にまで足を運び、コーヒー豆にはうるさい人だ。

 このお店はコーヒー豆を販売していて、コーヒー豆だけを買いにくるお客が多いのには驚かされる。若い人でもコーヒーが好きで自宅でコーヒーをいれている人も多いようだ。

 セルフサービスのお店では、店員とおしゃべりすることはできないし、ましてやとなりに座っている人に声をかけるのは難しい。

 コーヒー一杯200円と、500円の違いは、カフエの経営者のご夫婦と、おしゃべりする楽しみ代といっていいだろう。

「つゆ艸」のママとは、カウンターの席に座って、おしゃべりすることによって、心がいやされる。そして笑顔がいい。ママの笑顔を見ると、いやなことも忘れてしまう。

「邪宗門」のマスターは、コーヒー一杯で何時間どころか、一日中座っていた、森鴎外の長女の森茉莉さんを嫌な顔などしないで許していた。

 それが今になって、森茉莉さんのフアンが全国から訪ねてくるし、中国からも訪ねてくるのだからすごいことだ。

 となりに座ったお客さんに声をかけることもできる。

 このブログを更新してくれている、猪口コルネ君も、なんと「邪宗門」で声をかけて知り合った若者だ。

 高橋さんは、こんなことも書いている。

「海外でも日本の喫茶店は注目の的。機械式の抽出が主流の米国で、日本で一般的なハンドドリップ式を取り入れる店が増えているとか。

 店主が客の前でコーヒーをいれ、一対一でもてなす。評判も上々で、アニメに続いて日本の喫茶店文化が「クール・ジャパン」の一翼を担うかも知れない。」

 喫茶代の世帯当たりの支出が、全国で最も多いのは岐阜県だそうだ。それがなんでかは理由が不明だが、ぼくはこの気に入っている5軒のカフエに、毎日のように通いたいが、それができないとは情けない。自宅では通販で買っている、一杯19円のコーヒーでがまんしているのだから…。

157
カフエ「つゆ艸」の入口

第17回「伊藤文学と語る会」

///////////////////////////////////////////////////////////////

3月23日(土)午後1時~3時(予定) ※途中参加・中途退出自由。
会費なし(コーヒー代の実費のみ)
会場:下北沢 カフエ「つゆ艸」
住所:世田谷区代沢5-32-13 露崎ビル1F TEL 03-6805-5385

///////////////////////////////////////////////////////////////

|

« 同性婚の問題を考える! | トップページ | ぼくは人との「出会い」に、運が強かった! »

コメント

失礼いたしました、13:00~15:00が正しい情報です。訂正してお詫び申し上げます。

投稿: 猪口 | 2013年3月21日 (木) 07時21分

文学氏と語る会の開催時間が3日のお知らせでは13:00~15:00予定と書かれていましたが、こちらの記事では14:00~16:00予定となっています。どちらが正しいのでしょうか?

投稿: | 2013年3月19日 (火) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/56792151

この記事へのトラックバック一覧です: 喫茶店で生き残るには?:

« 同性婚の問題を考える! | トップページ | ぼくは人との「出会い」に、運が強かった! »