« 名曲喫茶「ライオン」は思い出のカフエ | トップページ | 切手大のポスターがある! »

2013年6月15日 (土)

モロ丸出しのDVDを見たい!

 かつての地方に住む『薔薇族』の読者から珍しく電話がかかってきた。なんだと思ったら陰部がモロ丸だしのDVDをほしいということだった。『薔薇族』が廃刊になってしまってから、男同士のDVDなど見ることがなくなってしまい、今、発売されているDVDが、どの程度、陰部をボカしているのか知るよしもない。

 最近はネットでもモロ丸出しのものを見れるそうだから、発売されているものも、想像するに、モロ丸だしに近いと思われる。

 桜田門も取り締まりの意欲を失くしているのだろう。たまに見せしめのために、取り締まることがあるけれど。

 この電話かけてきた人、かなりの年配の人のようだから、ネットなど見れない人なので、モロ丸だしのものを見たいと電話をかけてきたに違いない。

 現在のぼくには、そんなDVDを手に入れる方法はないし、あったとしてもその人にあげることもできない。

 1984年の『薔薇族』3月号の「編集室から」に、こんなことを書いている。29年も前のことだ。

「1月1日、今年最初にかかってきた電話は、モロ丸だしの写真集はないかという、読者からの電話でした。

「私は40歳の花の中年ならぬおじんです。多少経済的に恵まれているので、他社の雑誌も買っております。とくにG誌(おそらく東郷健さんが出していた『ザ・ゲイ』のことだろう)は、まっ先に見るのです。何年か前は貴誌でしたが……。

 恥ずかしながら、上品、下品の差なんて基準もありませんが、やはりハードのものを好むのは、人間だからでしょうか」

 それは読者の大多数の本音ではないでしょうか。

 ところがです。都内のあるポルノショップ(男同士のものを専門に扱っている)が、暮れの15日にワイセツ物陳列罪の容疑で、警察に逮捕留置され、10日間も拘留されてしまったのです。

 店主に聞くところによると、G誌などを販売した罪ということで、20万円の罰金を支払ったということです。

『薔薇族』が2号にわたって、発禁処分を受けたのは、6、7年前だったでしょうか? そのあと、いわゆるビニ本の登場で、その全盛期を迎え、男物はその蔭にかくれてしまったのです。

 それからの世の中の移り変わりのすさまじさは大変なもので、半年ぐらいの間に、くるくると変わってきています。

 読者がハードなものを要求するからといって、それに迎合していたら、ワイセツ物を取り締まる法律がある以上、誰かが逮捕されるのは当然です。

 どんなにモロ丸だしの写真を載せたからといって、何号か見れば同じことになってしまいます。そうした雑誌が、とぶように売れているかというと、そうでもないのです。

『薔薇族』はなにがあっても気品は失いたくないのです。単にハードさを競うのではなくて、いつでも全読者の心の支えになり、肉よりも愛を提唱する雑誌でありたいのです。」

 偉そうなことを書いているけど、当時、月刊誌は5誌もあったけれど、発禁処分を4回も受けたのは『薔薇族』だけ。他の4誌は、発禁処分を一度も受けていないし、始末書だって、20数回も書かされたのだから、表むきは上品な気品のある雑誌をつくっていたけれど、充分に読者の要望にも応えていたということだろうか。

『薔薇族』をたたけば、他誌も従うと、取り締まり当局は考えていたに違いない。もう一度、警視庁の門をくぐってみたいものだ。

第20回「伊藤文学と語る会」

///////////////////////////////////////////////////////////////

6月22日(土)午後12時~14時 ※途中参加・中途退出自由。
会場:下北沢一番街、カフエ「占茶」
住所:世田谷区北沢2ー34ー11 リアンビル2階 電話・03ー3485ー8978
会費:各自が飲食した分だけ。コーヒー¥380、ハヤシライス¥600

初めての方、女性の方、ご年配の方、お一人様、大歓迎!
お気軽なご参加を、お待ちしております。

///////////////////////////////////////////////////////////////

|

« 名曲喫茶「ライオン」は思い出のカフエ | トップページ | 切手大のポスターがある! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/57469541

この記事へのトラックバック一覧です: モロ丸出しのDVDを見たい!:

« 名曲喫茶「ライオン」は思い出のカフエ | トップページ | 切手大のポスターがある! »