« 紳士的だったアメリカ兵? | トップページ | 本当のエロって、ちらっと! »

2013年8月 8日 (木)

「ラブオイル校長 大いに語る会」を!

 タイのバンコックのホテルで、若くして自らの生命を絶ってしまった長谷川サダオ君。『薔薇族』のために彼が才能をどれだけそそいでくれたことか。

 毎月、毎月、書店などからいろんな面白い変わった資料を集めてきて、時代によってタイトルは変わったが、「男切抜帳」「男町美術館」などは他誌には観られない特異な読み物で、読者をよろこばせてくれた。

 長谷川サダオ君が、わが社で販売している「愛の潤滑液ラブオイル」を面白おかしく効用をイラスト入りで紹介してくれている。これを読めば、よし、おれも使ってみようという気分にさせられるのは間違いない。

「ラブオイル」の真っ赤な目立つケースのデザインを考えてくれたのが、嵐万作さんだ。この方は絵も描くし、小説も書くしで器用な人だった。どれだけ『薔薇族』のために働いてくれたことか。思い出はつきない。嵐万作さんも自ら生命を絶って、この世にいないとは、なんということだ。

 しかし、嵐万作さんデザインの「ラブオイル」のケースが、30年以上も多くの人に愛用されてきたということは、ありがたいことだ。

 大きなホテルや、ポルノショップで手に入れることができるが、今度初めて下北沢の「ワンラブ・ブックス」で販売することになった(〒155−0031 世田谷区北沢2−1−3 TEL03−3411−8302) 

 下北沢の南口商店街を4、5分歩くと、右側に「餃子の王将」があり、その前を左に曲がると、4、5軒目の店だ。

 ぼくのアンティークのお宝を並べて安価で大放出するので、ぜひ、お求めいただければ幸いだ。

 8月の最後の日曜日、25日、1時〜3時まで、「ラブオイル校長、大いに語る会」を開く。会費2千円。女性も大歓迎。ぜひ、気楽にお出かけください。

 地方の方からの「ラブオイル」のご注文は、〒155−0032 世田谷区代沢3−9−5−202 伊藤文学まで、100円切手を10枚入れて、80円切手を貼っておくって下さい。送料共です。すぐに送ります。

ラブオイル校長 大いに語る会
///////////////////////////////////////////////////////////////

日時:8月25日(日)午後1時~3時
場所:下北沢「ワンラブ・ブックス」
  (〒155-0031 世田谷区北沢2-1-3  TEL03-3411-8302)
会費:2000円

初めての方、女性の方、ご年配の方、お一人様、大歓迎!

参加予約の必要はありません。
お気軽なご参加を、お待ちしております。

店内では、文学さん放出のアンティークのほか、山川純一の原画、

「ラブオイル」も販売しています!

///////////////////////////////////////////////////////////////

|

« 紳士的だったアメリカ兵? | トップページ | 本当のエロって、ちらっと! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/57953386

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラブオイル校長 大いに語る会」を!:

« 紳士的だったアメリカ兵? | トップページ | 本当のエロって、ちらっと! »