« 戦場に行った先きざきで兵士の明暗が! | トップページ | 『薔薇族』ってありがたい雑誌だった! »

2013年8月24日 (土)

なんでこんなことを知っているの?

『薔薇族』の1981年・6月号・No.101に、「第二書房の歴史」というタイトルで、驚くべき投書が載っていた。

「僕の大学での話をひとつお伝えしましょう。(都留市・T君からのものだ。小六の孫に調べてもらったら、山梨県の大月の近くの市のようだ)

 僕は「国語・国文学概論」という授業を受けていたのですが、その日は大正時代の佐藤春夫詩集や、堀口大学の訳で『月下の一群』を出版した第一書房の社長・長谷川巳之吉についての講義でした。(作家、松岡譲に関連してですが)教授が「現在、第二書房という出版社がありますが」と、言い出しました。

 僕は「ん、第二書房、どっかで聞いたような……あっ、そうだ」と、すぐにピーンと感じました。でも、教授が言っているのは、別の第二書房のことではないかと、考えてもみましたが、そんなことがあるわけはありません。

 そして、さらに教授は「伊藤祷一」(ぼくの父親。昭和4年から第一書房に入社。昭和19年、廃業するまでの15年間勤めていた)という人が、後に第一書房という社名を長谷川に無断で使い、長谷川は伊藤に抗議した。

 そして伊藤は、第一書房を第二書房と変えたのです」と話しました。当然ながら僕は「ん? え〜、やっぱり!」と思い、教授の話をいつになく、まじめに聞いたのです。

 しかし、まさか大学の授業で、『薔薇族』の発行所、第二書房の歴史を学ぶとは、考えてもみませんでした。

 やはり偉大な本を出版していると、出版社も偉大になるものですね。第二書房と伊藤一族ー尊敬しています。山梨県都留市・T」

 山梨の大学の学生さんだったのだろうか。

 第二書房は、戦後、昭和23年、父、祷一が株式会社として創立し、昭和37年1月に、なぜか『坂本繁二郎画談』を出版したときに「第一書房」の社名で出版した。

「なぜ、第二じゃいけないのですか?」と言われれば、第一にしたかったのだろう。

 長谷川巳之吉が、父に抗議したなんてことを知っていた教授がいたなんて、びっくりだ。

 父は生存中、よく「おれは新潟県人は嫌いだ」と、口にしていた。ぼくは新潟県の弥彦村の女性と再婚してしまったので、ちょっと気にしてはいたが、第一書房の社長の長谷川巳之吉さんのことを言っていたのかもしれない。長谷川さんは、確か新潟県の出雲崎の出身だ。

 九段の靖国神社に行く途中に、英国大使館があり、そこをもう少し進んだところに、第一書房のしゃれた社屋があった。父に連れられて行ったことがあったが、小学生のときだから、長谷川さんに会った記憶はない。

 河出書房新社から、2006年の8月に『美酒と革嚢—第一書房・長谷川巳之吉』という、定価5800円・438頁もの豪華本が、創業120周年記念出版として出版されている。著者は長谷川郁夫さんという方で、小沢書店の社長だった方だ。

 ぼくの父親が第一書房に15年も勤めていたから知っているものの、いくら西條八十や萩原朔太郎、佐藤春夫などの豪華本を出したり、戦時中、パール・バックの『大地』、ヒットラーの『わが闘争』、大川周明の『日本二千六百年史』を出した出版社といっても、よほどの古書好きでないと知らないだろう。

 父は15年勤続の記念に社長からもらった、大理石の佛像を残している。これが高価なものであれば、長谷川さんを尊敬するが、安物だったら、あまりいい人物ではなかったのではという、ぼくの勘が当たるかもしれない。

204
佛像(天地22cm)

204b
『美酒と革嚢』(河出書房新社刊)
第一書房から戦前出版された豪華詩集。表紙革製。金ぱくで箔押しされている。現在、こんな豪華本は作れない。

|

« 戦場に行った先きざきで兵士の明暗が! | トップページ | 『薔薇族』ってありがたい雑誌だった! »

コメント

Amazing blog! Is your theme custom made or did you download it from somewhere? A theme like yours with a few simple tweeks would really make my blog jump out. Please let me know where you got your design. Cheers
エルメス 財布 http://www.jp-hermes.com/エルメス-財布-jp-2.html

投稿: エルメス 財布 | 2013年9月 7日 (土) 13時36分

感動する話 いつもありがとうございます。
世界中に広がると素敵ですね。

投稿: aya | 2013年8月27日 (火) 14時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんでこんなことを知っているの?:

« 戦場に行った先きざきで兵士の明暗が! | トップページ | 『薔薇族』ってありがたい雑誌だった! »