« もう一度、昭和の時代をふりむいてほしい! | トップページ | おわび こんなことで中断とは! »

2013年10月14日 (月)

昭和の時代をふりかえれ!

 1950年、1960年代、高度成長時代でもあったし、日本は活気に満ちあふれていた。とくに新宿は、前衛的な若者が次々と頭角を現わし、いろんなジャンルで活動していた。

 そんな時代に、ぼくは富士重工のスクーター、ラビットをやっと買い求めて、走り回っていた。

 どこに駐車しても、駐車違反で持っていかれることもない。スクーターから乗用車に変わって、新宿の靖国通りに面した、Qフラットビルに「伊藤文学の談話室・祭」をオープンさせた頃だって、靖国通りに駐車しておいても駐車違反になることはなかった。

 それが今の時代はどうだろう。圧倒的に車が増えたから、取締りを強化するのはやむをえないが、行き過ぎの感がある。

 引退した警察のお偉方が経営している会社だろうが、二人ずつ組んで街中を自転車で走り回って、はげたかのように獲物を見つけると、ほんのちょっとの駐車でも、罰金をとりたててしまう。

 オートバイなんか、道路の片隅に置いたからといって、交通の邪魔になるわけでもないのに、そんなにきびしく取り締まったら、商店街はすたれてしまうだろう。

 悪い人はいつの世にもいる。小学生にいたずらをする人がいると、お役所は責任をとられるから、ガードマンをやとって守っている。

 昭和の時代は、近所の老人が孫を連れて、校庭で遊ばせているなんて光景は珍しいことではなかった。

 運動会のときなどは、近所の子供のいない人だって出入り自由で応援していたものだ。今では厳重に規制されていて、簡単に運動会を見ることができないし、写真を撮ることもできない。

 ぼくの末の妹、紀子が僧帽弁閉鎖不全病という当時としては、難病で長い間、東京女子医大の心臓病棟の8人部屋に入院して、手術の日を待っていた。

 姉や、すぐ下の妹は嫁いでいたので、ぼくしか、病室に妹を訪れるものはいなかったから、仕事の帰りに立ち寄っていた。

 幸いなことに、ほんの取次店が密集している神田から、わが家へ帰る途中に病院があった。その頃の病院は、守衛所なんてなかったから自由に出入りができた。

 妹の部屋に入院してきた5歳の坊や、和ちゃんと仲良しになって、病院の中をあっちこっちと連れ歩いてもなんにも注意されることなどなかった。

 心臓病と闘いながら、みんな自然なことで助けあって病院生活を送っていた。クリスマスの夜、ぼくはダンボールをツリーの形に切って絵の具で色を塗り、黄色いお星様をいくつも作った。

 それを壁にセロテープではりつけて、クリスマスの夜を消灯時間まで楽しく過ごしたものだ。

 今の病院では、画鋲を壁にうつくこともできないし、病院内を子供を連れて歩くことなんてとんでもないことだ。

 個人情報なんてものが、うるさくなって本名を書いたり、写真を勝手に使うこともできない。

 知らないうちに、いろんな条例や、法律ができて、がんじがらめにしばられている。昭和の時代って、自由でいい時代だった。そんな時代だから生まれた『ぼくどうして涙がでるの』のドラマを読むことによって、昭和の時代をふりかえってもらいたいのだ。

 一年に三万人を越す自殺者なんて、昭和の時代にはいなかっただろう。消費税も8%に、住みにくい世の中になってきた。

第24回「伊藤文学と語る会」

///////////////////////////////////////////////////////////////

10月26日(土)午後12時~14時 ※途中参加・中途退出自由。

会場:下北沢一番街、カフエ「占茶」

住所:世田谷区北沢2ー34ー11 リアンビル2階 電話・03ー3485ー8978

会費:各自が飲食した分だけ。コーヒー¥380、ハヤシライス¥600

初めての方、女性の方、ご年配の方、お一人様、大歓迎!

お気軽なご参加を、お待ちしております。

///////////////////////////////////////////////////////////////

|

« もう一度、昭和の時代をふりむいてほしい! | トップページ | おわび こんなことで中断とは! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/58324413

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の時代をふりかえれ!:

« もう一度、昭和の時代をふりむいてほしい! | トップページ | おわび こんなことで中断とは! »