« 母校、駒大を愛するからこそ! | トップページ | 阿川佐和子さんの推薦文に泣かされた! »

2013年11月30日 (土)

日本という国に生まれたことの幸せ!

 2013年の11月15日(金)の読売新聞の記事を読んで驚いた。「国民医療費38.5兆円11年度」と見出しにある小さな記事だ。
 
「厚生労働省は14日、2011年度に医療機関の保険診療に対して支払われた国民医療費が、前年度比3・1%増の38兆5850億円になったと発表した。1人当たりの医療費は同3.3%増の30万1900円で、いずれも5年連続で最高を更新した。
 厚労省は「医療の高度化と高齢化が増加の要因」と分析している。」
 
 丁度、この記事を読んだあとに、「東京都後期高齢者医療広域連合」というところからぼくが平成24年7月から平成25年6月までにいろんな医療機関に支払った、明細書が送られてきた。いつもはちらっと見て、ゴミ箱に捨ててしまっていたが、気になって使った金額を合計してみた。
 
 耳鼻科、皮膚科、泌尿器科、内科、歯科と診察券は何枚もある。そして薬局だ。その合計は、なんと35万5千9百9拾円にもなる。そのうち1割だけが、ぼくの財布から出て、あとは、お国が負担してくれている。
 
『薔薇族』のカメラマンだった、T君がアメリカに渡ったが、彼は老人が好きな人で、大学教授を定年で引退した人と、一緒に住んでいた。その人の最期まで見とったそうだが、保険に加入していても、アメリカでは医療費は莫大だったそうだ。
 
 日本のこの制度は、医師の生活を保護するためと、薬局・薬を販売する会社のためのような気がする。
 
 まったく診察もしないで、薬を出すだけで何千円もとるし、薬屋は医院のそばに、それも1階で、家賃も高いと思うけれど、広いお店で営業している。
 
 指圧屋さんも、ただ腰が痛いだけなのに、ころんで腰を打ったことにして、保険扱いにしてしまう。何十兆円も医師や薬局に支払ってお国がやっていけるならいいが、ちょっと心配になってくる。
 
 下北沢に開業している泌尿器科に、もう7、8年も前立腺肥大で、夜中に何度もトイレに起きるので、診察してもらい、薬を処方してもらっているが、まったく効果が現れない。
 
 最近のテレビのコマーシャルは、健康食品のものが多い。ぼくは時代劇専門チャンネルばかりを見ているが、ひとつの話が45分で終わる。あとの15分はコマーシャルを間に入れていたのだろう。それがないから高齢者向けの薬の広告がやたらと多い。
 
「ノコギリヤシ」という薬の広告も多くて、それも3社ぐらいが、提供していて、どこも初回限定で通常価格より安くして、980円なんてあるが、お1人さま1個限りで2週間分だ。あと続けるとなると高価なものをのみ続けなければならない。
 
 だまされてもと思って、電話をかけて送ってもらった。養蜂堂というはちみつなどを売っている会社だ。
 
 一日に4粒を飲めということだ。これは奇蹟としか言いようがない。泌尿器科の専門医から処方されて、7、8年ものみ続けて効かないというのに、数日にして夜中に1回か、2回、トイレに行くだけになったとは……。
 
 さて、これから先が問題だ。もう薬「ノコギリヤシ」は、数日分しかない。あと飲み続けるためには、月に4、5千円の薬を買い続けなければならない。
 
 年金生活者にとっては辛い話だ。今、新聞を2紙とっているが、これを東京新聞だけにしてしまうかだ。
 若い人たちにとっては、バカバカしい話だが、老人にとっては深刻な話なのだ。夜中に何度起きても、がまんするとするか。

|

« 母校、駒大を愛するからこそ! | トップページ | 阿川佐和子さんの推薦文に泣かされた! »

コメント

I do trust all of the ideas you have offered to your post. They are very convincing and can certainly work. Still, the posts are too quick for newbies. May you please lengthen them a little from subsequent time? Thanks for the post.
ブーツ ブランド http://abj.dk/uploads/uggnihon4.html

投稿: ブーツ ブランド | 2013年12月14日 (土) 06時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/58615598

この記事へのトラックバック一覧です: 日本という国に生まれたことの幸せ!:

« 母校、駒大を愛するからこそ! | トップページ | 阿川佐和子さんの推薦文に泣かされた! »