« アウトローのぼくの会に、元検事総長が! | トップページ | 異性との結婚問題が、いちばんの悩み! »

2013年12月21日 (土)

二人の少年の話

「少年愛の人、聞いてくれ!」と題して、高校3年生の少年が、こんな投稿を『薔薇族』に投稿していた。古い話だけど、少年愛の人は耳をかたむけるべきだろう。今でもこのようなことがあるかも知れないから……。
 
「俺は大学入試をひかえて、勉強に熱中している高校生。
 
 俺がこの世界に入ったのは小学1年生のとき。塾の先生に教えられたのがきっかけだ。
 読者のみなさんは信じられないだろうけど、小学1年生のとき、初めて射精したんだ。その先生が尺八してくれた。その先生のこと気持ち悪かった
けど、なにしろ小さかったから、言われるままになっていた。でも、そのことを今から考えると、いやでいやでいたたまれない。
 
 俺、少年愛の人に頼みがあるんだ。絶対に少年に嫌な思いをさせないでほしい。俺はあの先生のこと、たぶん一生涯うらむだろう。
 
 俺はもっときれいな初体験をしたかったのに、それなのにあの先生は、何もわからない子供を連れてきて、自分の情欲を満たすために、俺のからだをオモチャにしやがったんだ。
 
 俺は、俺のように嫌な思いはだれにもさせたくない。だから少年愛の人たち、絶対に少年には手を出さないでくれ!
 
 それから小さい子(中学生ぐらい)の子供に「かわいい」とか、「女の子みたいにかわいい」なんて言うのは、絶対にやめるべきだ。
 
 俺、むかし、近所でも評判の美少年だった。だから俺に気のありそうな人は、いつも「かわいい」とか、「女の子みたいにかわいい」とか言った。
 
 俺もまだ小さかったから、調子にのって、女の子みたいにふるまった。でも高校に入ってから気づいたんだ。俺はいくらかわいくても「男」だから男らしくならなくては、と。
 
 だから俺、空手もやったし、毎朝、走った。そのおかげで、俺、少しは男らしくなれた。
 
 俺、ホモであることは否定しない。でも、俺は「男」だ。いくらかわいくたって、女の子よりもきれいだって、そんなのは無意味。やはり男は男らしくなくては。
 
 だから、まだあまり物事のわからない子供に変なことを言わないほうがいい。いや、大人は言ってはならない、絶対にだ。このことをみんな守ってくれ、頼む。(京都市・N)」
 
 次の投稿は、小学校の教師からのものだ。
 
「私は山の中の小さな小学校に勤めていた。教員数も少ないので、4日か5日目に宿直がまわってくる。そして宿直の夜は中学生のKが、勉強をしにきていた。夕飯がすむと彼は学校へやってくる。そして夜、10時まで勉強。
 
 ちょうど土曜日だったので、彼はその夜、一緒に泊まると言った。宿直用のふとんは、一人分しかないので、一緒に寝ることにした。
 
 Kはシャツとブリーフだけになり、私はいつも素裸にねまき一枚だったので、二人が一緒に床に入ると、からだがくっつき、Kのぬくみが私のからだに伝わった。
 
 私は彼を抱くような格好で、彼と向き合って目を閉じた。どうしようと思うと、不思議に私自身がいきり立ってくる。でも、Kは私に抱かれたまま目を閉じた。
 
 私はそっと、Kの手が私自身にふれるようにもっていった。Kはねまきの上からそっと触れてきた。
 
 初めはおずおずとしてたようだったが、次第にぐっと握りしめた。そして、じかに私自身を握ったり、毛にさわったりしていた。
 
 やがて手をはなすと、じっと私の寝息をうかがっているようだった。私は素知らぬ風をして眠った様子をしていた。再び私のものに触れてきたとき、私は手をのばして彼のものに触れた。中学1年でこんなに大きいのかなあと思って、握りしめた手を上下に動かした。それから彼の手も、私と同じ動作をくりかえした。
 
 次の宿直の夜、Kは初めて射精した。そして、その夜から、彼は少年らしく、だんだんと育っていった。勉強がすむと楽しい遊びがまっている。(滋賀県・教師)」
 
 当然のなりゆきのようにも思えるけれど、この二人の話にはコメントしないことにする。

|

« アウトローのぼくの会に、元検事総長が! | トップページ | 異性との結婚問題が、いちばんの悩み! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/58742537

この記事へのトラックバック一覧です: 二人の少年の話:

« アウトローのぼくの会に、元検事総長が! | トップページ | 異性との結婚問題が、いちばんの悩み! »