« 文化勲章受賞の中西進さんが仲人 | トップページ | 第31回「伊藤文学と語る会」 »

2014年6月30日 (月)

死に損ないのくそじじい!

 2014年6月7日の「東京新聞」夕刊の小さな記事にショックを受けた。
「横浜の中三長崎被爆者へ暴言」という記事、なんとも言えない怒りと、悲しい気持ちにさせられた。
 
「修学旅行で5月に長崎を訪れた、横浜市の公立中3年の男子生徒数人が、爆心地周辺を案内していた被爆者で語り部の森口貢さん(77歳)に「死に損ない」などの暴言を吐き、森口さんが学校に抗議していたことが、7日にわかった。
 森口さんによると、被爆者らが5月27日、3年生109人をグループに分け、爆心地周辺の被曝遺構を案内。森口さんが山里小学校で説明し始めたところ、グループから離れて行動していた数人の生徒が「死に損ないのくそじじい」と大声で叫んだ。
 
 森口さんは注意したが、この数人は周りの生徒にも「拍手しろ」などと言って妨害、暴言を続けたという。」
 
 この中三の子供たちの親たちも、戦争を知らない。おじいさん、おばあさんは、戦争の体験はあるだろうが、孫たちに戦争の恐ろしさを語っていないのか。
 
「森口さんは取材に、「こんな経験は初めてで悲しい。戦後69年がたち、戦争の悲惨さがわからない社会の雰囲気の中で、子どもたちが育っているのではないか」と話してる。」
 
 82歳のぼくは終戦の時、中学1年生だから、戦争の悲惨さは身にしみて覚えている。
 今や戦争を体験していない人たちが政治家になり、学校の教師も戦争を知らずに、子供たちに教えているのだから、こうした子供たちが育っているのは、当然のことなのかもしれない。
 今の世の中、戦争への道へ少しずつ進んでいるように感じられる。
 
 中国は軍事力を強めているが、日本に対して戦争はしないだろう。一人っ子政策を取とっている中国。そんな一人っ子の息子を戦争で死なせたくないと親はおもっているに違いない。
 それに中国は国内にいろんな問題を抱えているから戦争などできまい。北朝鮮だって、食べるものに困っていては戦争を好むまい。
 
 世田谷中学の武器庫には、 38式というちゃちな小銃が、並べられていた。ぼくはそれを持つことはなかったが、上級生は教練で使ったのだろう。
 
 今、テレビに登場しているウクライナの親ロ派の男たちが手にしている、進化した小銃はかっこいい。テレビの画面で見ていると、そんな小銃を撃ちまくってみたいと思う若者もいるかもしれない。
 ぼくが戦時中、住んでいた世田谷の街は空襲は何度もあったが、下町のように死体がごろごろしているような悲惨な光景は、幸いにも見ていない。
 
 戦後9年目に父が出版した『歌集・廣島』朝日新聞の社会面トップで、紹介してくれたが、あまり売れなかったと記憶している。
 24万7千人の命が、一瞬にして消えた原爆の悲惨さ。長崎でも多くの人が亡くなっている。
 
 焼けただれ盲となりし幼子が母の名呼びて迷ひをれり
 
 一弾で幾十万の民殺すアメリカの非道この眼で見たり
 
 生きながら体に顔にウジが這い中学生は7日目に死す
 
 これでも「死に損ないのくそじじい」と叫ぶのか…

|

« 文化勲章受賞の中西進さんが仲人 | トップページ | 第31回「伊藤文学と語る会」 »

コメント

この話の本質的内容が問題なのではなく、単なる意地の張り合いです。大勢の前で叱責された少年にもプライドがあります。あとで少年本人だけに注意すべきだったのです。少年は楽しい修学旅行の楽しい思い出づくりに同級生の受け狙いに騒いだだけかも。よくある事です。

投稿: ねちっこ | 2014年8月 9日 (土) 13時32分

「文学先生が言いたい本質的なところ」を、勝手に曲解してわかったつもりになってちゃだめでしょ。本当のところなんか、文学先生にしかわかりませんよ(苦笑)

だいたい、文学先生は『「知識があること」と「人の気持ちを思いやること」』なんてことについて、ただの一行も語っていらっしゃいませんよ(笑) 

「孫たちに戦争の恐ろしさを語っていないのか。」と反戦の伝播が断絶していること、そしてそのことが日本を右傾化させているのでは、という懸念を淡々と語っているだけです。文学先生は、いわゆるそこいらの左翼運動家みたいに感情論でものを語ったりしません。
私は以前文学先生とお電話で話した折、意外と「冷淡に」扱われたことに衝撃を受けました。「冷淡」というと聞こえが悪いですが、冷静というよりもっと突き放した、非常に淡々とした立派な紳士でした。ゲイというとどうも下心が見え隠れするのか妙なネチッコサがあるのですが、文学先生はそういうものがない、ごく普通の男性でした。

先生を勝手にセンチメンタルなロマンチストに仕立て上げるのは、かえって失礼だと思います。

投稿: | 2014年8月 7日 (木) 23時38分

hermes bags outlet 死に損ないのくそじじい!: 伊藤文学のひとりごと

投稿: click here to investigate | 2014年7月21日 (月) 11時14分

hermes bags uk 死に損ないのくそじじい!: 伊藤文学のひとりごと

投稿: please click the up coming document | 2014年7月19日 (土) 04時15分

hermes evelyne handbag replica 死に損ないのくそじじい!: 伊藤文学のひとりごと

投稿: just click the up coming post | 2014年7月18日 (金) 01時55分

hermes constance bag buy 死に損ないのくそじじい!: 伊藤文学のひとりごと

投稿: visit my web site | 2014年7月16日 (水) 08時26分

hermes handbags replicas 死に損ないのくそじじい!: 伊藤文学のひとりごと

投稿: click the next document | 2014年7月16日 (水) 01時54分

buy hermes bags online 死に損ないのくそじじい!: 伊藤文学のひとりごと

投稿: visit my webpage | 2014年7月16日 (水) 01時54分

hermes birkin replica bag 死に損ないのくそじじい!: 伊藤文学のひとりごと

投稿: sources tell me | 2014年7月15日 (火) 08時11分

hermes outlet uk 死に損ないのくそじじい!: 伊藤文学のひとりごと

投稿: Click On this website | 2014年7月15日 (火) 08時11分

hermes replica bags china 死に損ないのくそじじい!: 伊藤文学のひとりごと

投稿: Going In this article | 2014年7月15日 (火) 02時56分

hermes shop 死に損ないのくそじじい!: 伊藤文学のひとりごと

投稿: use this link | 2014年7月14日 (月) 21時07分

hermes dogon wallet replica 死に損ないのくそじじい!: 伊藤文学のひとりごと

投稿: go to this website | 2014年7月13日 (日) 23時17分

hermes bag replica cheap 死に損ないのくそじじい!: 伊藤文学のひとりごと

投稿: browse around this website | 2014年7月13日 (日) 01時56分

cheap hermes birkin bags 死に損ないのくそじじい!: 伊藤文学のひとりごと

投稿: Read More On this page | 2014年7月13日 (日) 00時13分

ecig crib 死に損ないのくそじじい!: 伊藤文学のひとりごと

投稿: mouse click the following webpage | 2014年7月12日 (土) 18時34分

blu e cig 死に損ないのくそじじい!: 伊藤文学のひとりごと

投稿: click through the following post | 2014年7月12日 (土) 07時23分

are vapor cigarettes safe 死に損ないのくそじじい!: 伊藤文学のひとりごと

投稿: visit the following internet page | 2014年7月12日 (土) 01時57分

e-cigarette forum 死に損ないのくそじじい!: 伊藤文学のひとりごと

投稿: resources | 2014年7月10日 (木) 13時31分

hermes handbags replica uk 死に損ないのくそじじい!: 伊藤文学のひとりごと

投稿: check out your url | 2014年7月 9日 (水) 10時33分

diy e juice 死に損ないのくそじじい!: 伊藤文学のひとりごと

投稿: mouse click the following website page | 2014年7月 9日 (水) 06時02分

hermes birkin replica handbags china 死に損ないのくそじじい!: 伊藤文学のひとりごと

投稿: click the following post | 2014年7月 8日 (火) 21時28分

hermes bags outlet usa 死に損ないのくそじじい!: 伊藤文学のひとりごと

投稿: enquiry | 2014年7月 7日 (月) 19時54分

e cigarette safety 死に損ないのくそじじい!: 伊藤文学のひとりごと

投稿: click this | 2014年7月 7日 (月) 16時51分

「知識があること」と「人の気持ちを思いやること」は別です。

「死に損ないのくそじじい!」と言われて嬉しい人がいるでしょうか。

実際に戦争を経験して、そのように言われた方の気持ちを想像すると、その方(語り部)を非難するすることは、私にはできません。

また、前段に叱責があったとしても、それには原因があったのではないでしょうか。

文学先生が言いたい本質的なところが、ブログを読んでいる方に伝わっていないような気がして悲しい気持ちになりました。

投稿: ・・・ | 2014年7月 5日 (土) 18時13分

 文学先生、こんにちは。
 興味深く拝見させていただきました。
 お説ごもっともなのですが、約2点、腑に落ちかねる部分がございました。

 まず「中国は日本に対して戦争はしない」理由が「一人っ子を戦争で死なせたくないと親はおもっているに違いない」。中国には徴兵制がありますし、社会主義における民衆は国家に隷属します。だから天安門のようなことが起きます。「中国という国を現代の日本の尺度」で考えておられないでしょうか?日本の戦前をご存知のはずの文学先生がご存じないことにむしろ驚きを覚えます。

 それから「国内にいろんな問題を抱えている」から「戦争などできまい」、「食べるものに困っていて」は「戦争を好むまい」。
 主語と述語がぜんぜん合っていません(笑)「国内に抱える問題をよそに向ける」ために「(対外的に)戦争を行う」し、「食べるものに困っている」から「略奪を行う」のですよ?先生。
 日本やドイツは、リーダーが狂って自発的に戦争起こした、というのはGHQの刷り込みです。実際に当時のアメリカのプロパガンダ映画を観るとそういう論調で作られています。
 戦争勃発にはそれなりの理由が存在します。ただ一時の感情で一人の為政者が起こすことなど、できません。
 「死に損ないのくそじじい」いわゆる「老害」にならないために、文学先生の世代の方には殊更その辺の認識はきちんとしていただきたいところです。

投稿: | 2014年7月 4日 (金) 21時17分

男子生徒がどうしようもないバカなのは勿論ですが、語り部の人も「実体験を語り継ぐ」というより個人的なサヨクプロパガンダを振りかざす日教組的思想みたいですね。
リアリティが持てなくてしらけるのは当たり前かと思います。
平和教育を根本から見直す良い機会ではないでしょうか。

投稿: よしの | 2014年7月 1日 (火) 18時50分

被爆の語り部の高齢男性が先に中学生を叱責したらしく、そのあと中学生が反撃したらしい。(6/26週刊文春のコラム記事から)

投稿: sk | 2014年6月30日 (月) 02時53分

週刊文春6/26号のコラム記事によると、被爆の語り部の高齢男性が先に中学生を叱責したらしい。この情報は新聞に書いてありましたか?

投稿: sk | 2014年6月30日 (月) 02時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 死に損ないのくそじじい!:

» Womens Air Max [E3y5Q items new arival at 2013 Longchamp sacs �� main Longchamp next Thursday T6J7]
If RUC, ETA,2013 Longchamp sacs �� main Longchamp, NMC,Discount T 2013 Longchamp sacs �� main Longchamp imberland Online, likewise as other giant personal pc process [続きを読む]

受信: 2014年6月30日 (月) 00時20分

» Alexander wang Handbags [K7p4I items new arival at Nike Air Max Mens Outlet next Thursday S2L9]
To realize this,Nike Air Max Me Nike Air Max Mens Outlet ns Outlet, a firm may want to to align the empl Toms Sh... [続きを読む]

受信: 2014年7月 1日 (火) 07時14分

« 文化勲章受賞の中西進さんが仲人 | トップページ | 第31回「伊藤文学と語る会」 »