« 夏が終わったのに咲いている最後のバラ | トップページ | 九州の街での少年にまつわる悲しい話 »

2014年7月28日 (月)

『薔薇族』次の伊藤文学 Twitterに初登場!

 ぼくのブログを一日に2千人もの人が見てくれているそうで、それだけでもありがたいことだ。
 
 自分ではネットなんていう、文明の利器を触ったことも無いのだから、若い人の力をかりなければ続けることができない。
 
「IKBインターナショナル」という会社を運営する若者が、今度はTwitterなるものを、ぼくの代行でやってくれるという。
 
 ブログのように長ったらしい文章でなく、140字の中で、呟けばいいのだそうだ。ぼくは学生時代に短歌を作っていたから、短く表現することは得意だし、自信もあったから、彼に任せてつぶやくことにした。
 
 7月17日ごろからネットで見れるようにしてくれた。自分では見ることができないから、最近、ぼくの隠れ家的存在になっている、下北沢南口の裏通りに大きな靴屋が二軒ある。その路地を曲がって住宅街に入った所の、路地の突き当たりにある、カフエ「織部」に、足繁く通っている。
 
 まだ開店したばかりでお客が少ないので、店長がTwitterを見せてくれる。それが驚いたのが、ネットで見れるようになって、まだ数時間しか経っていないというのに、見ている人の数字が、どんどん増えて、たちまち2千人を越えてしまった。
 
 数日しか経っていないのに、今では6,400人もの人が見てくれているようだ。なんでこんなに注目されるのか、ぼくには理解できない。
 Twitterを見ている人は、10年ほど前に廃刊になってしまった、ぼくが出し続けた日本で最初の同性愛誌『薔薇族』を読んだことのない人たちだろう。
 
 しかし、その知名度はすごい。『薔薇族』に掲載していた劇画、「くそみそテクニック」をはじめとする作者の山川純一の名前を知らない人はいない。
 「ラブオイル校長」と言われるぼくのことをネットを見ている人はみんな知っているようだ。それらのいくつかの要因が重なって、6,400人という数字が出てきたのだろうか。
 
 これから何をつぶやきつづければいいのかは、ぼくにはわからないから、若者に任せてつぶやくしかない。
 
 ぼくと一緒に住んでいる次男の文久は、42歳になるが、つい最近、代沢小学校時代の同窓会があって、珍しく出席したら、20名ほど集まったようだ。
 
 ぼくの家は代沢小学校のすぐそばにあったから、友達がよく遊びにきた。母親はよくその子達の面倒をみて、お菓子を食べさせたり、お腹の空いている子には、にぎりめしを食べさせたりしていた。
 
 友人の1人に父親がいなくて、母親と2人で暮らしている少年がいた。ぼくもその子をかわいがって、車で雑誌を配達して、書店や、ポルノショップを回ったとき、助手席に乗せてよく走ったものだ。
 
 その子が、小学校の3年か4年の時だったと思うが、目に入る看板の文字や、難しい漢字でもすらすらと読んでしまうので、びっくりしたことを覚えている。
 
 少年も42歳位になっているが、ぼくの息子に、その頃のことを鮮明に覚えていて感謝していると話してくれたとか。
 その上、ぼくのブログを見てくれているというから驚きだ。この少年、頭のいい子だったから、アメリカに留学したりして、何かの研究者になっているようだ。
 
 成人した少年に会ってみたいと思っている。健康に注意し、長生きして、そしていつまでもつぶやき続けよう。

|

« 夏が終わったのに咲いている最後のバラ | トップページ | 九州の街での少年にまつわる悲しい話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/60042931

この記事へのトラックバック一覧です: 『薔薇族』次の伊藤文学 Twitterに初登場!:

« 夏が終わったのに咲いている最後のバラ | トップページ | 九州の街での少年にまつわる悲しい話 »