« 神もローマ法王も解決できない! | トップページ | 進化した人造乙女博覧会 »

2014年8月 9日 (土)

8月23日(土)「文ちゃんと語る会」開催

 8月1日の東京新聞を読むと、
「男性寿命 初の80歳超え・女性86・61歳 世界一維持」と、見出しにある。
 
 ぼくはあっという間に、平均寿命を超えて82歳になってしまった。あと何年生きられるかは分からないが、今のところ元気なので、少しでも世の中のためになる仕事を続けて死にたいと思っている。
 
「伊藤文学と語る会」は、カフエ「邪宗門」から始まったと思うが、もう何年になるのだろうか。それから「つゆ艸」に移り、下北沢のカフエ「占茶」に移してから、すでに一年以上になる。
 
 どうも会の名前が、堅苦しい。もっと気楽に話をしたいので、会場も変えて「文ちゃんと語る会」と、会の名前をしたいと思う。
 
「文ちゃん」と、子供の頃から呼ばれていた。今でも姉や妹は、ぼくのことを「文ちゃん」と呼んでくれている。それにぼくのことを「先生」と呼ぶのはやめてほしい。
 
 勉強嫌いで頭の悪いぼくは、他人様の著書をほとんど読んでいないから、偉そうなことはしゃべれない。ぼくが体験した事だけをそのまま素直に語り文章にもしている。
 
 妹の長い心臓病との闘いを描いた『ぼくどうして涙がでるの』は、まっったくフィクションはない。実際に体験したことをそのまま書いてる。それがかえって、読む人の心を打ったのかもしれない。
 
「文ちゃんと語る会」の新しい会場は、下北沢の南口を降りて、3、4分の路地の奥にある。隠れ家的存在の静かな落ちついた、カフエと器の「織部下北沢店」だ。(〒155−0031 世田谷区北沢2—2—3 電話03—5432—9068 年中無休 11:00〜21:00)
 日時は8月23日(土) 18:00〜21:00。会費¥1000 ラブオイル、三島剛さんの絵、かわいいカードなどのおみやげ、ワンドリンク付)
 
 文ちゃんは「日本初の同性愛誌『薔薇族』誕生までの秘話を語る」と題しておしゃべりする気楽な会なので、友人を誘ってお出かけください。もちろん女性の出席も大歓迎だ。

|

« 神もローマ法王も解決できない! | トップページ | 進化した人造乙女博覧会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/60122565

この記事へのトラックバック一覧です: 8月23日(土)「文ちゃんと語る会」開催:

« 神もローマ法王も解決できない! | トップページ | 進化した人造乙女博覧会 »