« 中国の人たちに知ってもらいたい話 | トップページ | 若者よ やらないか!! »

2015年2月 2日 (月)

山川純一君の「やらないか!」の叫びは!

「やらないか!」
 劇画作家の山川純一くん、うまい名セリフを残してくれたものだ。
 ネット上でヤマジュン人気が巻き起こってから、すでに7,8年は経っているのだろうか。
 復刊ドットコム刊の『ウホッ!! いい男たち』が刊行されたのは、2003年10月5日、それから何度も増刷されている。なんと12年前とは……。今ではネットでも見れるようになっている。
 
 こんなに長い間、ブームが続いているなんてことは珍しいことなのでは。その間にTシャツ、ノート、つなぎ、抱き枕、数えきれないほどに商品化されている。
 
 山川純一くんは、今どうしているのだろうか? だれもが考えるに違いない。最近、ネット上では、なんとかいう女性の名前が上がっているようだ。劇画の作品が似ているのだそうだが、ヤマジュンは男性だ。
 山川純一くんに直接、出会っているのは、ぼくしかいない。事務所の玄関口で原稿料を渡して、部屋に上がらずに立ち話で帰っていく。
 
 夏のことだったのか、洗いざらしの白い袖のシャツに、Gパン。顔も今では思い浮かばない。
 何を喋ったのか、ぼくが渡す稿料だけで生活しているとのこと。『薔薇族』の編集部を訪れる前は、アルバイトで働いていたようなことは話してくれた。
 
 もう、山川純一くんは、この世にいないのではとぼくは思う。『薔薇族』で断られたら他誌へ原稿を持ち込めばいいのに、彼はそんなことをしなかった。
 10何年も多くの人の心をとらえているものはなんなのだろうか。
「やらないか!」
 彼の叫びは時を経るごとに心に沁みとおる。
 
「毎日新聞」の1月21日の朝刊に、山田昌弘さん(中央大学教授)が、「おとなしくなった若者・増える『平穏無事に暮らしたい』」という記事を書かれている。
 成人式も終わったが、何年か前までは成人式にあばれまくる若者がニュースで取り上げられていた。
 
「成人式が終わった。今年も親同伴での出席が多かったという。私が若い頃に比べると、若者のイメージが大きく違っているのではないだろうか。
 今から30年前、私が青年だった頃は、良くも悪くも親や社会に対して反抗的な若者が多かった。社会の伝統や権威に疑問を持ち、従来のしきたりに反して自由に行動することが若者らしさと言われていた。
 レジャーや恋愛を楽しみ、中には政治活動や市民運動に身を投じる者もいた。大人たちに「今の若いものは」と眉をひそめられながらも、新しいことに挑戦していった。
 ほとんどの若者は、ある程度の年齢になれば、就職して家庭を築き、安定した生活を営む。それでも「やりたいことをやった」という経験は、後の人生の活力になったと思う。
 最近、「今の若い者は」という言葉は、意味が逆転してしまったようにみえる。(中略)」
 
 日頃、若者に接している先生の言葉だから、そのとおりだと思う。
「いずれにしろ、今の若者は、就職活動や周りに気を使うことに、エネルギーを使い果たしているように見える。若者がやりたいことをする、という機会をどうしたら実現できるのか、考えなくてはならない時代になったようだ。」と、山田昌弘先生は結論づける。
 
「やらないか!」と叫ぶ山川純一くんの声が、今の若者の心に、どれだけひびいているだろうか。
 
「文ちゃんと語る会」
2015年2月28日(土)夕方5時〜7時
「織部下北沢店」
〒155−0031 世田谷区北沢2−2−3 
TEL 03−5432−9068
 
女性も歓迎、ぜひ、お出かけください。

|

« 中国の人たちに知ってもらいたい話 | トップページ | 若者よ やらないか!! »

コメント

先日は唐突に失礼をかいまみず、表題と関連無いコメントを送らせて頂き申し訳ありませんでしたm(_ _)m

急いでコメントを書いた事も有り、礼を失した表現が多々有りました事を、伊藤様に衷心からお詫び申し上げますm(_ _)m

この度も表題と関係無い内容を書かせて頂く事をお許し下さいませm(_ _)m

毛利晴一氏の最後の消息が分からない旨の事柄が伊藤様のブログを遡って拝見していましたら書いておられましたので、ついつい私が承知しています内容をお知らせしたまででした。

「集会所(事務所)」と言う表現も正式な名称を忘失しましたので、この様な書き方をしました。

記憶が少し戻って来ましたが、スポーツクラブのお世話をしている方との出会いは、『薔薇族』に武田肇様の記事が乗り、記事の最後に武田様とスポーツクラブ世話人のお二方に、感想等を下さいと書いていたと思いますので【ここも正しい表現と違うかと思います】、武田様と世話人のお二人へ手紙を書いたかも知れません。

そして世話人の方からご返事を頂いた様な事を思い出しました。

従いまして、「武田様との文通の中で紹介を受け…」は間違いですm(_ _)m

40年位前の事につき、当時の記憶が曖昧で事実と相違していましたら申し訳ありませんm(_ _)m

以上、今回の記事の内容と関係は有りませんが、前回送信しました私のコメントに対する補足を書かせて頂きましたm(_ _)m

投稿: 中国地方在住者 | 2015年2月 2日 (月) 03時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/61047903

この記事へのトラックバック一覧です: 山川純一君の「やらないか!」の叫びは!:

« 中国の人たちに知ってもらいたい話 | トップページ | 若者よ やらないか!! »