« こんな歯科医院が、東京にあったなんて! | トップページ | 「夫に男の愛人」こんな投書がなくなる日が! »

2015年4月20日 (月)

萩本欽一さん、駒大の応援よろしく!

 大阪の「甲子園球場」を阪神フアンがうめつくした大声援の中で、DeNAは阪神に3連勝して、ついに単独首位におどりでた。
 ぼくは現在東京新聞と毎日新聞を購読しているが、スポーツ欄の下の方に小さくしかDeNAの記事は載らない。
 まだリーグ戦は始まったばかりだが、DeNAは、8勝4敗、巨人などは5勝7敗で4位だ。
 
 駒沢大学の後輩の中畑清監督がDeNAを率いるようになってからは、巨人フアンからDeNAフアンになってしまった。
 年に一度の駒大の同窓会に中畑さんは、いつも出席して、絶好調ぶりをしゃべり、同窓生にカツを入れる。
 
 ぼくは中畑さんと立ち話しかしたことがないが人柄が良い。テレビの時代、表情に変化のある中畑さんは絵になる。審判に抗議するときの迫力はものすごい。なぐりかからんばかりだ。
 今季のDeNAは、なによりも先発投手が安定している。中継ぎの投手たちもよくなった。打撃の面では、強打者がずらっと揃っている。
 三日間、DeNA、阪神のテレビ中継を見てしまったが、いい試合で見応えがあった。
 
 東京新聞の記事のしめくくりは、こんなことが記されている。「10日からは2位中日との直接対決に臨む。指揮官は「追われる立場は慣れていない。今までどおりの戦いをするだけだ」と意気込む。DeNAがセリーグの台風の目になりそうだ。」と。
 
 いつも負けてばかりだった選手たち。勝つことのよろこびを味わって、これからの戦いをすすめていけば、必ずや優勝するに違いない。
 
 数年前、ねむっているお金を投資して、もうけようとしたのが失敗。何十億というお金が消えてしまった。
 その責任をとって、理事長、理事、総長と駒沢大学の幹部は、総入れ替えされた。そんなことがあって、なんとなく駒大そのものが沈滞気味になっている。
 ぼくがお世話になった国文科は、国文学会が設立されて、年に一回、総会があり、大学院生の論文発表、他校から国文学の研究者を招いての講演があり、そのあと卒業生の懇親会が開かれる。
 
 最初の頃は、学生時代に教わった教授たちが退職してからも出席してくれて、楽しかったが、古い卒業生も出席しなくなってきて、ぼくが一番古い卒業生になっていた。
 それが学校からの援助で卒業生への切手代などが出ていたのが、節約で援助が打ち切られ、昨年から国文学会の活動はストップしてしまった。
 いつも懇親会には、青森の八戸から高校の先生だった女性が出席してくれて、名物のホヤのかんづめを持ってきてくれるのが、うれしかったが、もう、そんな出会もない。
 
 そんなときに、明るいニュースがとびこんできた。萩本欽一さん、欽ちゃんが70歳を過ぎて、駒沢大学の佛教学部に入学したというのだ。
 入学式の最前列に並んだ、欽ちゃん。多くのマスコミが押しかけて、駒大としても大きな宣伝になった。
 子供の数が少なくなってきて、定員割れする大学も増えてきているという。大学も広報に力を入れて宣伝しなければ、学生は集まらない。
 
 欽ちゃん、ボケ防止にと猛勉強しての入学だったそうだが、駒大野球部のユニフォームを着たいという。神宮球場に欽ちゃんがユニフォーム姿で現れたら、応援団も盛り上がるだろう。欽ちゃん頼むぜ!
Img_2615_2

|

« こんな歯科医院が、東京にあったなんて! | トップページ | 「夫に男の愛人」こんな投書がなくなる日が! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/61421979

この記事へのトラックバック一覧です: 萩本欽一さん、駒大の応援よろしく!:

« こんな歯科医院が、東京にあったなんて! | トップページ | 「夫に男の愛人」こんな投書がなくなる日が! »