« 次回「文ちゃんと語る会」のお知らせ | トップページ | 自衛隊のなかでの男同士の恋! »

2016年4月30日 (土)

花泥棒は罪にならない!

もう、数年は時が流れているだろうか。今年も桜が散ってしまい、葉桜になり、せせらぎが流れる緑道は、犬を散歩させている人、走っている人と、いつもの緑道に戻っている。緑道に面する家の玄関先に、ダンボールに入れられた植物が置かれていた。庭のほうを見ると、温室らしきものが。その中で育てていたものだろう。
 
 蘭だなと思い、葉っぱだけが付いているものを頂いてきて、マンションの狭いテラスに鉢に入れて置いた。
 葉っぱが2枚ついていて、水だけはかかさずやっていたが、冬も何とか越したが、あまり成長する様子も見えなかった。
 
 それが驚いたことに、かわいい白い花が2輪咲いたではないか。寒い冬も、暑い夏も生き抜いて、見事に花を咲かせた。
 今のぼくのどん底生活も、耐え忍んで生きていれば、きっと花を咲かせることができる。名前もわからない、蘭の花。ぼくに勇気を与えてくれた。
 
 4月、たけのこがスーパーに山積みにされている。たけのこごはんにしようと思ってたけのこを買ってきた。
 たけのこごはんには、つきものの香りのいい山椒の葉も見つけて買った。なんと小さな葉っぱが数枚しか入っていなくて、400円。以前住んでいた我家の庭には、大きな山椒の木があって、買わずにすんだものだ。
 
 マンションのテラスにも、山椒の木が植えてある。それが芽が出てこないので、枯れてしまったとあきらめていたら、かわいい芽が出てきたではないか。
 植物って強い。時が来れば芽を出し、花を咲かせる。今年はたけのこごはんに間に合わないが、2、3年したら葉っぱがいっぱい出てくるだろう。楽しみだ。
 
 年の暮れになると、玄関先にダンボールを置いて、「ご自由にお持ちください」と買いてカレンダーや、手帳が置いてある。そのカレンダーを頂いて毎年助かっている。この間は黒い布製のかばんが置いてあったことがあった。これも持ち帰り使っている。
 
 「持ち帰る」と言えば、聞こえは良いが、ぼくは部屋の中に、緑の小さな植物をいくつか置いている。これは100円ショップダイソーで買ってきたものだが、食事をする机の上には1輪ざしの小さな花瓶に、よそさまの垣根に手を伸ばして、咲いている花を折っていただいてきた花がさしてある。
 
 「花泥棒は罪にならない」と聞いているのでかかさず頂いてきて机の上に置いている。
 カフエ「つゆ艸 」の笑顔が可愛いママにネットで調べてもらった。携帯でもわかるようだ。
 
 「日本では結構古く、明治初年までは、京都の保昌山は「花盗入山」と呼ばれていたそうです。
 たぶん由来は「花盗人」からだと思います。桜の花を折って捕まった僧が、桜の木に縛り付けられたまま「この春は花のもとにて縄つきぬ烏帽子桜と人や見るらん」という歌を詠んだそうです。
 
 その歌に感動した花見の衆が、罪を許して花見の宴に加えたことから、花盗人は罪にならないと言われるようになったのではないでしょうか。」
 
 広辞苑には、「花泥棒」は載っていない。それが携帯電話でわかるのだから、辞書だって売れないわけだ。
 他人様の庭に咲く椿の花、手を伸ばして1輪頂いてきて、食卓の上に飾る。どんなにか心がなごんだことか。
 
Img_0392

|

« 次回「文ちゃんと語る会」のお知らせ | トップページ | 自衛隊のなかでの男同士の恋! »

コメント

はい、犯罪です。

隣の家から塀を越えて、我が家に伸びた木の枝でも、
勝手に切ってはダメだそうです。

投稿: | 2016年5月 3日 (火) 08時14分

「ご自由にお持ちください」と書いてない場合は罪です。

投稿: | 2016年4月30日 (土) 15時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/63498531

この記事へのトラックバック一覧です: 花泥棒は罪にならない!:

« 次回「文ちゃんと語る会」のお知らせ | トップページ | 自衛隊のなかでの男同士の恋! »