« 初めて行った発展場で! | トップページ | 花泥棒のぼくにカトレアの鉢が! »

2016年6月 4日 (土)

パパに首ったけのぼく!

 ゲイの人は末っ子に多いということは間違いない。しかし、全部が全部そうなってしまうわけではないが、その確率は高い。どうしても母親がかわいがりすぎてしまうかわらだ。
 この人も7人兄弟の末っ子のため、甘えて育ったことを自覚している。
 
 「僕がパパと知り合ったのは、年の瀬も近い昭和51年12月でした。それ以来、今もなお楽しく付き合っています。
 僕のパパは40代ですが、とても40代とは思えないくらい若く見えます。精力もまだまだ20代の人と負けないくらい強く、ハンサムパパで、やさしく、体格もちょうどいいくらいで、少しお腹が出てるかな。
 
 僕の仕事はサービス業で、毎日、日本各地を北に南に、東へ西へと走り回っています。パパも僕も、岡山県に住んでいるのですが、市が違います。でも二週間ごとに会って、楽しく過ごしています。
 
 今年の8月中頃、パパは自転車で転び、顔に二週間の傷を負いました。電話で聞いた時はびっくりしました。
 「俺、顔に傷ができ、ひどくはれてお岩様のようになってしまった。恐らくお前はパパを嫌いになってしまうだろう」と、パパは言った。
 そんなパパになってしまったら、なおのこと、一刻も早くパパのところへとんでいってあげたいくらいだ。
 
 心配でその夜から眠ることができなかった。早速パパのところへ行ってみると、パパが言ったほどでなく、軽い傷だったので、やれやれと一安心した。
 顔に傷を負ってもパパは仕事を休まず、働き続けていた。そんな働き者のパパ。ハンサムなパパ大好き。僕のパパは二谷英明にそっくりです。
 笑い顔、口元、目元、やさしさ、全体がそっくり。そんなパパがいる、僕は人生薔薇色です。でも二回ほど悲しく涙を流したこともありました。ちょっとしたことで、僕とパパの恋が、奥さんに見つかりそうになったこともあります。でも今はまた元にもどり楽しく付き合っています。
 
 残念なことにふたりきりで、旅行や、昼間のデートはできません。パパに会いに行くのはいつも僕のほうからです。
 一晩、パパの部屋に泊まって、パパにおもいっきり抱かれ、愛されて、いつも一緒に風呂に入り、パパのからだをすみからすみまで、きれいに洗ってあげます。
 パパの男根は、とってもすばらしいです。初めて会ったとき、びっくりしました。長く、太く、かりも大きく、本当に松茸そっくりなので、日本一だと僕は思っています。だから天然記念物だと言っています。
 
 寝るときはパパに抱かれ、僕の手はパパの天然記念物を離さず、いつも握って寝ています。パパは服装も若々しく、僕が古臭い田舎風な格好をしていると、もっと若々しくしなさいと服を買ってくれました。
 僕よりパパのセンスがとってもいいのです。僕のパパはタバコも酒ものみません。だからパパのところへ行くときは、いつもパパの好きな果物を買っていってあげます。
 
 僕は7人兄弟の末っ子のため、甘えて育ってきました。そのため今、パパに甘えて暮らしています。パパありがとう。
 血のつながりはないが、僕の本当のパパだと思って、パパの言うことは何でも聞いています。今、一番好きなものはパパ、そして、パパの天然記念物。二週間たつと会えるので仕事も頑張っています。パパに抱かれて寝るときが幸福だと思っています。(岡山県・ビーチボーイ)」
 
 やれやれ、こんなにのろけられたらたまらない。いつまでも幸せにというしか……。

|

« 初めて行った発展場で! | トップページ | 花泥棒のぼくにカトレアの鉢が! »

コメント

私は、末っ子ではありません。知人のゲイの人も、特に末っ子は多くありません。
また、ゲイで生まれるか否かは母親の妊娠中に既に確定するというのが、最近の学説のようですよ。
生まれた後の育つ環境は、無関係のようですよ。

投稿: | 2016年6月 4日 (土) 02時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/63714439

この記事へのトラックバック一覧です: パパに首ったけのぼく!:

« 初めて行った発展場で! | トップページ | 花泥棒のぼくにカトレアの鉢が! »