« 世田谷学園の同期会、楽しかった! | トップページ | 世田谷学園の同窓会総会はつまらない! »

2016年7月 9日 (土)

他人を思いやる人になってほしい!

 あと10年先、20年先の日本は、若者より年寄りの数が増えてしまう時代がやってくるようだ。
 そんなことが頭から離れないので、最近、下北沢通いをしていて、目についたショックなことがあった。
 
 今、若いお母さん方の間で、電動式の自転車が人気のようだ。小さい子供を乗せるための背もたれがついていて、子供が眠ってしまっても落ちないようにベルトが付いている。
 2人の子供を育てている人は、前の方にも子供を乗せられるようになっている。たまに赤ん坊を胸に抱いて、3人も子供をのせて走っている、たくましいお母さんも見かける。
 
 下北沢近辺は、マンションもアパートも家賃が高い。ご主人だけの収入では大変だと思うが、2人も子供がいては働きにも出られまい。
 小さい子供をあずかってくれる保育園の数は少なく、入園をことわられることも多いようだ。
 保育園を建てようとすると、近所の人たちが、子供の声がうるさいと反対するという。近所にお寺さんが経営する保育園ができたが、まるで刑務所のようで、外に子供の声など聞こえないような頑丈な作りだ。
 日本の将来を考えれば、保育士の給料を上げ、保育士を増やし、安く子供を安心して見てもらえる保育所を作ってもらいたいものだ。
 
 下北沢周辺の道路はせまい。そこに自転車を置かれたら、歩行するのに邪魔になるのは当然なことだが、それをすべて禁止にしてしまったら、商店街はお客さんが減ってしまう。
 土日をのぞいて、下北沢の商店街のお客さんは確かに減っている。歩いている若者たちのふところは寂しい。それとお店の家賃が高すぎる。目抜きの商店街は、大手のチェーン店ばかりになってしまっている。
 
 個人商店の移り変わりの激しいこと。あっという間に変わってしまう。もうかるのは不動産屋とお店を作り変える工務店だけだ。
 区がやっている仕事だろうが、ときどき道路に置いてある自転車や、オートバイ、スクーターをトラックで持ち去る会社がある。
 だいぶ前のことだが、ぼくの自転車を持って行かれてとりに行ったことがある。世田谷は交通の便が悪い。自転車置き場はへんぴな所にあるので、取りに行くのにタクシーで行くしかない。その上、手数料を3千円払わされる。
 
 ショックなことを目にしたというのは、トラックの上に乗せられた多くの自転車の中に、子供を乗せる背もたれのついた自転車を見たからだ。
 その自転車の持ち主のお母さんは、子供を保育園にあずけてきた間に買い物に来て、路上に置いたのだろう。
 そんな自転車を持って行かれたら、お母さんはすぐに困ってしまう。ぼくは時代劇にはまっているが、「お上にもご慈悲がある」というセリフをよく聞く。
 自転車を路上からトラックに載せている作業員の人たち、仕事だからといっても、お慈悲の気持ちがわかなかったのだろうか。
 最近、他人の気持ちを思いやる人が少なくなってきている。
 
 参議院選挙、都知事選挙、他人の気持ちを思いやる人、弱い人たちに目を向ける人を選びたい。
 都知事にはこの人というような人格者が見当たらない。人間がみんな小つぶになってしまったのか。
 若いお母さんが子供を安心して育てられる街に、下北沢をしたいものだ。どんな都知事が誕生するのだろうか。
 

|

« 世田谷学園の同期会、楽しかった! | トップページ | 世田谷学園の同窓会総会はつまらない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/63881269

この記事へのトラックバック一覧です: 他人を思いやる人になってほしい!:

« 世田谷学園の同期会、楽しかった! | トップページ | 世田谷学園の同窓会総会はつまらない! »