« イベントのお知らせ | トップページ | 『薔薇族』と読者は一心同体だった! »

2016年9月19日 (月)

ひきこもり54万人の中から抜けだした!

 「ひきこもり54万人・依然高水準・長期・高齢化進む・15〜39歳調査」の2016/9/8毎日新聞朝刊の記事は、ショックだった。
 
 39歳までの調査で、それより上の高齢者の数を入れれば、100万人を越しているのかもしれない。
 「文ちゃんと語る会」、月の最後の土曜日午前11時から午後13まで、下北沢南口のカフエ「織部」で続けているが、毎回、初参加の人が来てくれる。
 悩みを抱えている人もいるに違いないが、5人、10人の出席者の中では話しづらいだろう。
 ちょっとぼくに耳打ちしてくれれば、2時間の会が終わったあとで、話を聞くことはできる。遠慮無く声をかけてほしいものだ。
 
 この記事を読んですぐに思い浮かんだのは、関西に住むY君という青年のことだ。2年ほど前の語る会に、それこそ清水の舞台から飛び降りるような思いで、ひきこもりの青年が参加してくれた。
 どのくらいの時間をかけて書いてくれているのか分からないが、寺山修司君の文字と同じように、ていねいに書かれている。
 すぐに読んで返事を書こうと思うが、ぼくのへたくそな文字では、とても返事を書けそうにない。
 ブログを見てくれているようなので、「君と知りあえて良かった!」のタイトルで、君の話を書いた。
 
 「「君と知りあえて良かった!」を拝見させて頂いたとき、涙が出そうになりました。
 こちらこそ私にとって伊藤様や竜様との出会いは非常に大きく、語る会のおかげで世界が広がりましたし、気がつけば2013年から、毎年1回、東京に行っているわけですから……。
 語る会の存在を知らなかった時代を含めれば、2012年からですか、語る会が存在しなければ、それ以降、1都3県に行きたい気持ちがどれだけあっても行くことが出来なかったと思います。
 
 本当に人生が変わりました。6月11日の記事で、伊藤様が占い師の方に「あなたは90歳を過ぎても元気に過ごせる!」と言われた話を読んだときも、私はとても嬉しかったです。
 私のようなタイプの場合は、これまでの人生で出会ったほとんどの方は、私に対して良い印象を持っていないと思います。
 さらに伊藤様は素敵な考え方や、どのようなタイプの方に対しても優しく語りかけてくださったり、他の方々のとコミュニケーションの場を様々の手法、手紙、語る会のような実際の集まりなどを設けていらっしゃいますが、そのような方はほとんどいらっしゃいませんから……。」
 
 Y君は、ひきこもり54万人の中から抜けだした勇気あるひとりだ。あせることはない。時間をかけて、少しずつ自分をならしてほしいものだ。
 今度送られてきた長い手紙には、いじめられた話などはない。過去のことは忘れて、一歩一歩、歩き出してほしい。
 
 毎日新聞、同じ日の朝刊に、ひきこもりよりもっと暗い記事が載っていた。「自殺未遂経験53万人。最近1年以内・日本財団が推計」の見出しでだ。
 
 「毎年2万人以上が自ら命を絶ち、自殺率が先進7カ国で最も高い「自殺大国日本」の実態を示す調査として注目されそうだ。
 理由は健康問題や家庭問題、経済生活問題が多く、2つ以上重なることがきっかけになっている。」
 
 ぼくも2つ以上、重なっているが、くよくよしないことだ。

|

« イベントのお知らせ | トップページ | 『薔薇族』と読者は一心同体だった! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/64181520

この記事へのトラックバック一覧です: ひきこもり54万人の中から抜けだした!:

« イベントのお知らせ | トップページ | 『薔薇族』と読者は一心同体だった! »