« 次回「文ちゃんと語る会」 85歳の誕生パーティをかねての会に! | トップページ | 「個人情報」なんて規制がなかったら! »

2017年3月18日 (土)

お上にも、お慈悲はある!

自慢するわけではないが、新聞の読者投稿欄に原稿を送って、ボツになったことがない。
 
今、購読している毎日新聞には、「みんなの広場」という投稿欄がある。
 
最近はブログや、ツイッターに書いているので、新聞への投稿はしばらくしていない。
 
一日中、家にいると足が弱ってしまうと思うので、下北沢駅前のスーパー「オオゼキ」にお買い物がてらに散歩している。
 
早く歩けないので2、30分はかかってしまうが、杖なしで休まずに歩けるのだからありがたいことだ。
 
 
 
街を歩いていて気になることがあった。
 
だいぶ昔の話だが、女房が妊娠してお腹が大きくなってきた頃、大きなお腹をして歩いている女性に目が向いたものだ。
 
最近は子供を産む女性が少ないという。
 
近い将来には高齢者ばかりになってしまう。
 
子供を育てている母親に、国や、区が支援はしているのだろうが。
 
子供を保育園にあずけて働きたい女性も多いだろうが、保育園が足りないという。
 
 
 
背もたれのある自転車に幼児を乗せて、走っている母親に自然に目が向いてしまう。
 
中には子供を前と後ろに乗せて走っている母親がいて、それを見ると「頑張れ!」と言いたくなる。
 
たまに小さい子をおんぶし、前と後ろに3人も乗せて走っている姿を見るとなおさらのことだ。
 
代沢近辺は部屋を借りるにしても、家賃が高い。
 
ご主人も頑張って働いているのだろう。
 
 
 
世田谷区が業者に依頼してやっていることだろうが、定期的かどうかわからないが、歩道に置いてある自転車をトラックに乗せて、撤去している光景を見ることがある。
 
トラックに乗せられた自転車の中に、背もたれの付いた自転車が、何台かあるのを見ると悲しくなる。
 
幼児を乗せるための背もたれだ。
 
幼児のいない人が背もたれの付いた自転車に乗るわけがない。
 
歩道に自転車を置けば、歩行者にも邪魔になる。
 
撤去するのもやむなしとは思うが、背もたれの付いた自転車だけは、お目こぼししてほしいものだ。
 
 
 
ぼくが今、ハマっている時代劇のテレビで「お上にも、お慈悲はある」というセリフがよく出てくる。
 
「みんなの広場」への投稿のタイトルを「お上にもお慈悲はある」と付けたが、ボツに。
 
 
 
自転車を撤去する人たち、そこまで考えてはやってはいまい。
 
歩道に置いてあれば全て撤去する。
 
しかし、自転車に乗って買い物しに来る人も多い。
 
それを全て撤去してしまったら、商店街はさびれるばかりだ。
 
 
 
小さな個人商店は、高い家賃を毎月払うだけでも大変だ。
 
家賃を払うために働いているお店も多いだろう。
 
店をオープンしてもすぐにやめてしまう。
 
大きなチェーン店は変わらないが、個人商店の入れ替わりは、目まぐるしいばかりだ。
 
家賃を払わなくても、自分の持ち物だという店を何軒か知っているが、それでも黒字にならないというのだから、いかに家賃が重くのしかかっていることか。
 
下北沢の商店街は、土曜日・曜はお客が入っているが、平日の人通りは少ない。
 
それに景気もいっこうに上向かない。
 
 
 
話がそれてしまったが、自転車を撤去されて、それを取りに行くと、3000円も取られてしまう。
 
幼児を抱えている母親にとっては大きな負担といえる。
 
世田谷区長は弱い者の味方だから、背もたれの付いた自転車だけは、撤去しないように業者を指導してほしいものだ。
 
鬼平も悪者に鬼のような人だけど、優しい気持ちの持ち主でもあるのだから。

|

« 次回「文ちゃんと語る会」 85歳の誕生パーティをかねての会に! | トップページ | 「個人情報」なんて規制がなかったら! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/65024554

この記事へのトラックバック一覧です: お上にも、お慈悲はある!:

« 次回「文ちゃんと語る会」 85歳の誕生パーティをかねての会に! | トップページ | 「個人情報」なんて規制がなかったら! »