« 次回「文ちゃんと語る会」のお知らせ | トップページ | 隠さなくったって、もういいじゃない! »

2017年4月29日 (土)

キリスト教が同性愛を嫌がるわけだ!

毎年、お中元や、お歳暮の季節になると、一番先に豪華なハムなどを送ってくれる人がいた。
 
それは三原橋で泌尿器科の医院を経営しているお医者さんからだ。
 
 
 
ぼくは『薔薇族』の巻末の「編集室から」にこの医院を紹介していた。性病のことや、肛門にゴルフのボールを入れて、とれなくなってしまったなどの電話がかかってくると、三原橋医院を教えてあげていた。どれだけの電話がかかってきたことか。
 
 
 
藤田竜さんは、この先生から「男と男の医学教室・16のギモン」」と題して、とんでもない質問をして、回答してもらっている。
 
「精液は栄養になるか?」の質問。
 
 
 
「飲んじゃったんだけど、大丈夫でしょうかという電話がよくあるらしいですね。精液というのは普通の人で4CCぐらいですよ。
 
ティスプーンで2杯ぐらいのものだし、そのうち90%は水分で、残りの10%がタンパク質みたいなものだと考えていいと思うんですよ。カロリーからいうと、タンパク質1グラムは4カロリーだから、16カロリーぐらいで栄養的にみたら問題にならない。
 
だからそんなのは栄養的に考えてもどうってことはないし、飲んでも別に差し支えないと思いますよ。
 
ただ、その人が淋病なんかを持っている場合、その人の精液を飲んじゃったということであれば、精液が出てくる時にどうしても尿道を通って出てくるので、淋菌も一緒に出てくるわけですよ。
 
例えば扁桃腺のひどいのとか、口内炎みたいなのを起こして、顎の下が腫れるとか、どうも治りにくい扁桃腺だとかいうこともあるようです。
 
 
 
だけど胃へいってしまうと、胃というのは胃酸が猛烈に強いんで、そういうばい菌なんかも、ほとんど死滅しちゃうんで、そこから下の淋病というのはわりにないようです。淋病のある人の精液を飲んでもですね。
 
だから精液を飲むということは、べつに害はないと思います。むしろ、タンパク質をちょっと飲んだ、卵の白身の何分の一かを飲んだという程度のものでしょう。
 
 
 
面白いのは精虫というのが、1CCの中に7千万ぐらいいるんです。オタマジャクシが泳ぎ回っているわけですね。だからそれが4CCとすると、2億から3億ぐらいの原虫を飲んだことになるね。1回の射精でそんなに出ちゃう。2億の大群を飲み込むという感じになりますからね。その精虫に色でも付いていたら、気持ちが悪くって、ちょっと飲めないだろうけど、単純な白いものだからね。
 
水っぽいのとか、ドロっと濃いのとかがあるのは、作る場所を考えるといいと思うんですよ。精液というのは睾丸でできると思うでしょうけど、そこはむしろ精虫だけなんです。
 
オタマジャクシだけと、考えていいわけ。
 
あとは前立腺というところと、精嚢で、ほとんどができるわけです。
 
 
 
前立腺というのは、いわゆる水っぽい液を出すところだし、精嚢というのは、いわゆるゼラチンみたいなものを出すところなんです。
 
精虫だけで泳ぎ出してくるわけではなくて、精虫を動かす働きをするために、そういういろいろな水が出てくるわけです。
 
だから一晩に何回もやると、第1回が4CCなら、第2回は2CCとか、ぐんぐん減るわけです。
 
ですからマスターベーションなんかやってますと、頻度によって精液の量はずいぶん違うと思うんです。
 
 
 
禁欲していれば、ドロリとするということもあるし、液の量も多いですね。もちろん虫も多いですよ。」
 
 
 
こんなこと医者に聞く人もいないだろうし、真面目に答える医者がいたなんて?
 

|

« 次回「文ちゃんと語る会」のお知らせ | トップページ | 隠さなくったって、もういいじゃない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/65206587

この記事へのトラックバック一覧です: キリスト教が同性愛を嫌がるわけだ!:

« 次回「文ちゃんと語る会」のお知らせ | トップページ | 隠さなくったって、もういいじゃない! »