« 大正時代の蔵書票と明治・大正の絵葉書―過ぎ去りし日の小さな絵展― | トップページ | 次回「文ちゃんと語る会」のお知らせ »

2017年5月29日 (月)

学園闘争の激しかった時代の匂いが!

日本で初の同性愛誌『薔薇族』の創刊へと、いきなりたどり着いたわけではない。
 
小さな出版社はエロ本で生きるしかないと、昭和37年(1962年)に、武野藤介さんの『わいだん読本』を最初に、ナイトブックス(騎士と夜をかけたもの)と称して、新書版で60冊ものエロ本をひとりで出し続けた。
 
昭和41年(1966年)秋山政美さんの『ひとりぼっちの性生活=孤独に生きる日々のために』を刊行、これがヒットし新しい読者の存在に気づき、方向転換して男性同性愛者のための単行本発行に切り替えた。
 
 
 
20冊ほど雑誌を出す前に、同性愛者向けの単行本を出し続けたが、その時代、1冊の本の原稿を書ける人は少なかった。
 
一番最初に原稿を持ち込んでこられたのは農上輝樹さんで『薔薇の告白・女を愛さない男たち』で、自ら裸になってモデルになり、若い男とカバアを飾っている。書名も装幀もぼくひとりでやったもので、帯の宣伝文句もぼくが考えたものだ。
 
 
 
農上輝樹さん、『薔薇族』を創刊してからも、次々と原稿を寄せてくれた。かなり後になって知ったことだが、東京六大学の一つの大学の図書館で働いている方だった。
 
『薔薇の告白』の中の一節の「落書ホモの生態」が面白い。
 
 
 
「心に浮かぶ片々―単純で短く断片的な落書きの語句は、心の端的なスケッチであり、情念の吐露ともいえる。
 
淡彩ながら鋭くて、直截なそれは、フォトジェニックに正確なホモの心象風景でもある。物語作家の語る物語にも増して。
 
壁に咲いた落書き、メモに記された熱く重い魂の表白を集めて読者諸氏に送る。」
 
 
 
ネットや携帯電話などのない時代、トイレの壁に書かれた文字は、当時のホモの人たちの切実な叫びだった。
 
 
 
「学友のH・R君、きみのファロスをなめてあげたい。ういういしいきみの顔を見るたびにわしの胸は強い欲情で疼く。わしは今日もここで自らを汚す。
 
なんて形のいい尻なんだ。汝の幻影に向かい、汝の名を呻きながら、わしは今日も自らを汚す。(拓殖大学トイレ)」
 
「男のミルク飲みたい人、飲ませたい人、左記へ電話しな。電話番号(554)1919番(新宿日活名画座)」
 
「ちゃん ちゃん ちゃんこにケが生えた。珍々 珍子はカスむくれ テストが書けずに珍古カク(東京予備校)」
 
「じっくりと若者のにおいがしみこんだブリーフが欲しい。誰かはき古したヤツをここに脱いでいってくれ。毎晩7時に棚の上を見に来る。(競技場わきの円形トイレ)」
 
「おれんとこは下宿屋だ。誰もいないときに押入れを開けると、若い学生さんのがいろいろ検査できる。塩辛いような酸っぱいようなツーンとした鼻に染み渡るような匂いがするぞ。ゴワゴワの地図がついたものもある。欲しかったら連絡先書いておいてくれ。(同)」
 
「おれはヘルメットかぶって、フク面して、ピッチリした綿パンをはいた学生さんのが欲しい。ムッと汗にむれてて、またぐらのにおいをたっぷり吸い込んでいるヤツだ。(同)」
 
「全学の学友諸君、ひよるなよォ、屁をひるなよォ、臭ぇぞォ。(同)」
 
「機動隊のXと、全共闘のXをねじり合わせてしごいてみたい。(新宿・京王百貨店)」
 
「ヘルメットをつけたまま、5階便所の中で抱き合った。今井君はピクッピクッと死ぬように激しくケイレンして白いものを飛ばした。せまい四角い空間が、洗わないカレのにおいでいっぱいになった。(新宿・京王百貨店)」
 
 
 
学園闘争の激しかった時代、あの頃のにおいがむんむんとにおってくるようだ。

|

« 大正時代の蔵書票と明治・大正の絵葉書―過ぎ去りし日の小さな絵展― | トップページ | 次回「文ちゃんと語る会」のお知らせ »

コメント

「学園闘争の激しかった時代の匂いが」を拝見。「落書ホモの生態」を興味深く拝読しました。学生時代、新宿日活名画座で遭った撮影ライトマンのIHさん。ひとめぼれして家まで付いていったっけ。映画完成の記念写真を撮るとき「俺のとなりに並ぶのを嫌がった」とからからと笑っていた俳優より美男子だったIHさん、いま生きていらっしゃるとしたら90歳になるかな。「男のミルク飲みたい人、飲ませたい人、左記へ電話しな。電話番号(554)1919番(新宿日活名画座)」の直截な落書を読みながら、そんなことを思いだしました。
52円最後のおはがきをありがとうございます。かつて「文ちゃんと語る会」におじゃましたときに一緒だった彼(84歳!)、相変わらず元気にしています。取材の話は吉報でしたか。

投稿: いけだまこと | 2017年6月 1日 (木) 16時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/65332204

この記事へのトラックバック一覧です: 学園闘争の激しかった時代の匂いが!:

« 大正時代の蔵書票と明治・大正の絵葉書―過ぎ去りし日の小さな絵展― | トップページ | 次回「文ちゃんと語る会」のお知らせ »