« 「少年の部屋」を絶対になくさないで! | トップページ | グラスアート「ふくえん」は茶沢通りの灯台だ! »

2017年8月21日 (月)

食物がなくてひもじい思いだけ!

いつのことだったか、東京新聞に大阪の「新風書房」が「孫たちへの証言」という戦争体験を募集するという記事が載っていた。
 
確か原稿用紙(400字詰)2枚でということだった。8月15日の終戦記念日を狙っての企画だと思う。
 
 
 
「このたびは「孫たちへの証言」へ、ご応募いただきありがとうございます。636篇が寄せられました。その中から82篇を選び、77篇を掲載させていただきました。」ということで、ぼくの原稿は「第2次選考」に入ったものの、入選はしなかった。
 
終戦の年は、ぼくが中学1年生の時だった。出征して戦地へ赴いた人は、生存していれば、90歳を越える人たちだ。もう戦争体験者は毎年残り少なくなっていく。
 
孫たちに戦争時代の体験を話したくても、孫はゲームに夢中で、じいさんの話など聞く耳を持たない。
 
実際のところ入選しなかったのは、幸運だったということだ。
 
ぼくが住んでいた北沢5丁目(現在は代沢5丁目)は、まったくB29の焼夷弾爆撃の被害を受けていないからだ。
 
下町の方で10万人を越す死者を出した空襲の夜も、空が真っ赤になっているのを眺めているだけで、死んだ人を見たことはなかった。
 
父も兵隊にとられなかったし、家も焼けなかった。ただ食物がなくてひもじい思いをしただけだ。こんな体験では入選するわけがない。
 
 
 
8月12日(土)夜9時からの「NHKスペシャル・本土空襲・全記録」は、まさに凄まじかった。サイパンを占領され、B29爆撃機、数百機の基地となり、そこから日本本土を爆撃する。硫黄島が占領され、今度は戦闘機で動くものは全て破壊する。原爆が落とされ降伏した。戦争って恐ろしい。
 
「孫たちへの証言」は、今回で30集になるそうだ。
 
 
 
今回からぼくのブログは、原稿用紙2枚にします。もう本になることもないので、気楽に書き続けます。

|

« 「少年の部屋」を絶対になくさないで! | トップページ | グラスアート「ふくえん」は茶沢通りの灯台だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/65687175

この記事へのトラックバック一覧です: 食物がなくてひもじい思いだけ!:

« 「少年の部屋」を絶対になくさないで! | トップページ | グラスアート「ふくえん」は茶沢通りの灯台だ! »