« 読者に対する思いやりと心の温かさが! | トップページ | 50年も前の「スペースカプセル」の話をするなんて! »

2017年9月18日 (月)

縁側は子どもたちの社交場?

昔はどこの家にも縁側(えんがわ。座敷の外の庭に面した板敷き)があった。わが家にも縁側があり、狭い庭だが椿や柿の木や草花が植えてあり、木戸を開けて入ってくると、ガラス戸が開けてある縁側には何人も座れ、近所の子どもたちの社交場になっていた。
 
 
 
学校から帰ってくると、近所の子どもたちがやってくる。お目あては積み重ねてある講談社の絵本だ。
 
近所の子どもたちは、親が商人であったり職人や大工の子どもだから、親が本など買ってくれないのだろう。
 
わが家の父は出版社に勤めていたから、毎月何冊も発売される講談社の絵本を買ってくれていた。
 
講談社の絵本は一流の画家にイラストを描かせていた。戦争ものもあるが、日本の民話や外国の有名な物語、イソップなどもある。
 
ぼくにしても講談社の絵本から学んだものが多かった。近所の子どもたちも夢中になって絵本を読んでいた。
 
 
 
縁側にやってくるのは、子どもたちだけではない、ご用聞きの洗濯屋さん、炭屋さん、魚屋さんなどが木戸を開けて気軽に入ってきて縁側に座り込む。
 
母はお茶や、お菓子などを出すと、彼らは世間話をして帰っていく。のんびりとした時代だった。
 
 
 
わが家の前の通りは、道幅が5、6メートルぐらいだから、車はすれ違えないから、今は一方通行になっている。
 
戦前は車など通らない。代沢小学校前の四つ角からわが家まで50メートルほど。当時は表通りも横丁も舗装などされていない、砂利道だ。
 
たまに通るとしても、荷物を積んだ馬車ぐらいだから、わが家の前の路地は子どもたちの遊び場だ。その頃はどこの家でも子どもが4、5人はいたから、学校が終わって子どもたちが集まってくると、3、40人になるのだから賑やかなことだ。
 
みんなで二手に別れて遊ぶのは、兵隊のくらいをつけて取り合う遊びで、ルールなどは忘れてしまっている。
 
男の子はべえごま、メンコ、釘たおしなどだ。女の子はゴムとび、石けり、これもよくは覚えていない。
 
現在は代沢小学校の筋向かいの角は「丸長」という中華そば屋だが、戦前は「のんき屋」という餅菓子屋だった。そこに長女と長男の2人の子どもがいた。長女はすみちゃんという女の子で、美少女とはいえないが、活発な少女だった。
 
ぼくはすみちゃんが初恋の少女だったと思う。小学校は共学ではないし、わが家には姉と姉と妹ふたり、あまり乱暴な遊びなどしない大人しい子どもだった。
 
 
 
その頃、地下を流れる下水道などなく、蓋をされていないコンクリートの下水道が道の両側にあった。台所の使用した水や、風呂の水などもそこに流れ込む。
 
そこに乱暴な近所の子どもにつき落とされて、コンクリートの角に頭をぶつけ、切って血だらけになり、医者に運ばれたことがあった。今でも後頭部を指で触ると、へこんでいるところがあり、傷痕が残っている。
 
ぼくが頭が悪いのは、その時、頭を打ったからではないか?
 
 
 
その頃からもう60数年の歳月が。
近所の幼友達は、みんなあの世に行ってしまって、いない。ひとりだけクラスが違ったが大工の息子のとしちゃんだけはまだ元気だろうと思って、何年ぶりかで訪ねてみた。釣りが好きで多摩川であゆを釣るといつもくれていた。
 
としちゃん、生きていた。嬉しかった。握手する力は強かった。幼なじみっていいものだ。
 
A1
幼き日の姉とぼく
 
A2
木戸のあるわが家の庭
姉とニューギニヤで戦死した叔父

|

« 読者に対する思いやりと心の温かさが! | トップページ | 50年も前の「スペースカプセル」の話をするなんて! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/65806696

この記事へのトラックバック一覧です: 縁側は子どもたちの社交場?:

« 読者に対する思いやりと心の温かさが! | トップページ | 50年も前の「スペースカプセル」の話をするなんて! »