« 時代の流れには勝てなかった! | トップページ | 進駐軍相手の男性もいたとは! »

2017年9月30日 (土)

美輪明宏さんの名回答はさすがだ!

朝日新聞日曜朝刊の「悩みのるつぼ」に、高校3年生の男性が悩みを寄せている。
 
それに対する回答者は美輪明宏さんだ。こんな名回答を読んだことはない。さすが美輪さんだ。
 
 
 
「毎日、大学に進学するための受験勉強と、部活に励んでいます。
 
高校生活は、とても充実しています……と、きっぱり言いたいところですが、実はひとつだけ、とても大きな悩みを抱えています。
 
僕は恋愛に関して、女性よりも、男性に対して魅力を感じるゲイなのです。(中略)
 
このため、信用している友人たちや、(性的少数者の)LGBTに理解を示していると思われる自分の親に対しても、まだ本当の自分のことについては告白できていません。(中略)
 
このまま黙って、自分を隠して生きていくのが賢明なのか、それとも誰かに思いきって打ち明けて、オープンにして生きていくべきか。あるいは、まったく別の方法があるのでしょうか?」
 
 
 
美輪さんの回答が長文なので、全部を紹介しきれないが、「成人になるまで待ちなさい」ということだ。大事なところだけ紹介したい。
 
 
 
「そもそも自分が同性愛者であることを広く触れ回る必要なんてありません。異性愛者の男性で、「私は女が好きで、好きで…」と言いまわっている人、いますか?「私、男好きなんです」という女性だって、周囲から頭がおかしいと思われるでしょう。それなのに、なぜ同性愛者だけが「カミングアウト」しないといけないのでしょうか。その認識から間違っているのです。
 
世の中は昔から、様々な種類の人間が共存しているのです。同性愛者も異性愛者も、ともに自然の法則の中で生きています。
 
罪を犯したわけでもないのですから、堂々と胸を張って、同じように生きていけばいいのです。
 
よくテレビ番組の演出で、ゲイという理由だけで、みんなの前で他の男性タレントに抱きついたりする場面がありますよね。ああいった形で笑いものにする人や、笑いものにされることを許容する人がいるから、同性愛者が蔑まれるのでしょう。
 
プロデューサーやディレクターの狙いなのでしょうけれど、理解に苦しみます。最近は東京でも同性愛者に理解のある区などもありますが、そもそも同性愛者を「異常」と思っている人が多数いるからこその演出なのでしょうね。自分が生きている世界が「標準」だと思い上がっている人がいかに多いかを考えさせられます。
 
それから親に関しては、そのうち薄々とわかってくるものです。それでも、あえて自分から両親に「同性愛者だ」という必要はありません。普通でいいのです。
 
とにかく今は高校生なのですから、今後の人生のためにも学校生活を優先して学業に励んでください。」
 
 
 
これだけの名回答は他にはあるまい。学校の教師はよく読んでほしいものだ。教科書にだって載せてもらいたいものだ。
 
男性同性愛者は、男性100人の中に6,7人はいると言われている。この数は決して少ない数ではなく「少数者」と言えないだろう。
 
日本にキリスト教信者は、1%しかいないそうだ。同性愛は異常でも変態でもないのだから、わざわざカミングアウトなどするべきではない。
 
自分がゲイだと高校生ぐらいの時に気づいたとき、悩むだろうが、今は朝日新聞までが「悩みのるつぼ」欄に載せるようになってきている。
 
ぼくが『薔薇族』を出していた時代は、朝日新聞は同性愛など取り上げなかった。やっと、いい時代になってきたのでは。
 
A3
こんな笑顔してたんだ。
(撮影・御堂義乘)

|

« 時代の流れには勝てなかった! | トップページ | 進駐軍相手の男性もいたとは! »

コメント

そうでもないと思いますよ?

朝日新聞が掲載にいたったのは、社会的弱者の中に同性愛者を取り入れようと画策しているからなのだと思います。同性愛者は都合のいい道具なんですよ。ようするに彼らには根底に反日、日本壊国の使命があって、外国人差別だけでは分が悪くなってきたので、そこに同性愛者も加えようという醜い算段のように感じられてなりません。

「弱者と名のつくもの集まれ!集まったら力になる!国を倒せる!革命だ!」という流れなのです。

私からすればいまの時代、高校3年生が本当にこんなものに投書してくるのかな、という疑問がわきます。彼らはすでにスマホを手にしており、SNSというツールも使いこなしています。私の知人にも秘密裏に高校生と関係を持っているものがいることを数人把握しています。実際警察もこういった人物を連日追いかけては、誘った成人だけを取り締まる片手落ちをいまだに繰り返しては、ネットで賛否両論の材料にされています。

ようは彼らは悩まなくてもネットという身近に相談できる人間もいるし、出会おうと思えばそれも夢ではないということなのです。それどころか高校生同士のカップルもツイッターにはたくさん載っています。隣国では少年同士のカップルでキスする動画までアップされています。

美輪さんの回答は見事ですが、捏造とは言わないまでも、まるで昭和の薔薇族の誌面を見ているかのような違和感をおぼえました。

投稿: | 2017年9月30日 (土) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/65806704

この記事へのトラックバック一覧です: 美輪明宏さんの名回答はさすがだ!:

« 時代の流れには勝てなかった! | トップページ | 進駐軍相手の男性もいたとは! »