« 藤田竜君のしんみり話から、ルネさんの偉大さが! | トップページ | 父の女狂いで『薔薇族』は誕生した! »

2018年4月16日 (月)

『文藝春秋』より厚くなった『薔薇族』

1998年(平成10年)1月号が創刊300号になる。
 
特別寄稿として、井沢満さん、宇野亜喜良さん、花田紀凱さんが、お祝いの言葉を寄せている。
 
なんと584ページの分厚い『薔薇族』だ。そのうち広告ページが220ページにもなる。表紙絵は内藤ルネさんだ。
 
 
 
この原稿を書き始めたときに電話が鳴って、大阪のアメリカ屋梅田店から、「ラブオイル」50本の注文だ。
 
雑誌は廃刊になってしまったけど、「ラブオイル」は今でも売れている。ありがたいことだ。
 
 
 
花田紀凱旋さん。随分と長いお付き合いだ。
 
現在は株式会社飛鳥新社から『月刊Hanada』の編集長、70歳をとうに過ぎているのに頑張っている。
 
「『薔薇族』を記事にして同性愛者の多さを実感」と題して、お祝いの言葉を寄せてくれた。
 
 
 
「3号雑誌という言葉がある。創刊後3号くらいで廃刊になる雑誌という意味だが、それくらい雑誌の経営は難しいという意を含んでいる。
 
300号、ざっと25年。
 
『薔薇族』がこんなに続くとは、正直、思っていなかった。
 
 
 
「今度『薔薇族』という雑誌を創刊するんですよ」
 
伊藤さんが、例のシャイな笑顔で、そう言ったとき、まさか、同性愛の雑誌とは思わなかった。
 
イカール(フランスの美女を描いた画家)を愛し、エクスリブリス(蔵書票のこと。自分の所有物だと、本の見返しに画家に頼んで、好みの絵を書いてもらい貼った)を愛する伊藤さんのことだから、美しい少女たちを対象にした雑誌、たとえば戦後まもないころ、中原淳一さんのsenseで圧倒的な人気を呼んだ『ひまわり』や『それいゆ』のような雑誌を連想した。
 
 
 
ところが伊藤さんは、同性愛の雑誌だという。
 
「そんなもの売れるんですか?」
 
今、思えばずいぶん失礼な質問をしたものだ。
 
その頃、ぼくは『週刊文春』の編集部にいたので、早速翌週号で短い記事にした。
 
その短い記事にたくさんの問い合わせがあった。
 
そうか、同性愛の人って、こんなにたくさんいるんだ。こんなに悩んでいるのか。
 
伊藤さんはいいところに目をつけたのかもしれないな。
 
 
 
ぼく自身は、皆目、そのケはないので、毎号『薔薇族』が送られてきても、人前では封を切りにくかったことを覚えている。
 
「伊藤さんも妙な雑誌を出すよね」
 
とか言いつつ、ハダカの男たちをチラチラ見る。
 
編集部の大机の上に置いておくと、みんな一度は手に取った。そしていつの間にか消えていた。
 
あの頃、編集部に、その趣味(趣味じゃないよ)の人間がきっといたのだろう。
 
 
 
いつの間にか『薔薇族』という言葉がそういう人たちの代名詞になった。
 
ひとつの雑誌が代名詞になるというのは大変なことである。『クロワッサン症候群』『ハナコ族』……。
 
後続の雑誌も何誌か出、200号記念号は「弁当箱」と呼ばれた『文藝春秋』より厚い雑誌を作った。
 
「とうとう日本一厚い雑誌を作りましたよ」
 
伊藤さんは嬉しそうだった。
 
今でも本屋の店頭で『薔薇族』を目にすると、ぼくはいつも伊藤さんの優しい笑顔を思い浮かべる。『薔薇族』は伊藤文学さんそのものである。」
 
 
 
先日、新宿から小田急線に乗ったら、初老の紳士がカバンの中から取り出して読み始めたのは『Hanada』ではないか。うれしかった。

|

« 藤田竜君のしんみり話から、ルネさんの偉大さが! | トップページ | 父の女狂いで『薔薇族』は誕生した! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/66590169

この記事へのトラックバック一覧です: 『文藝春秋』より厚くなった『薔薇族』:

« 藤田竜君のしんみり話から、ルネさんの偉大さが! | トップページ | 父の女狂いで『薔薇族』は誕生した! »