« 藤田竜さん、ひとりで作った『薔薇族』 | トップページ | 死んでお金は、もっていかれない! »

2018年5月12日 (土)

「文ちゃんと語る会」を再開します!

2018年4月21日(土)の「文ちゃんと語る会」は、5、6人しか集まらなかったが、その日はNHK名古屋支局が、同性愛の歴史を特集する番組づくりのため取材に来てくれた。
 
カメラに映されるのは困ると言うかと思ったら、みんなが「いいですよ」と承諾してくれた。ありがたいことだ。
 
会が終わってわが家への帰り道、杖をついてとぼとぼ歩いているうちに、「文ちゃんと語る会」は、今日限りでやめようという思いが強くなってきた。
 
確かに長いこと続けてきたし、『薔薇族』を毎月出していた頃と違って、読者が訪ねてきたり、ひっきりなしにかかってきた電話もなければ手紙も来ない。
 
話すこともなくなってきたから、やめどきかなと……。
 
 
 
1971年に『薔薇族』を創刊してからなんと47年にもなる。
 
創刊当時から雑誌づくりに関わってきた人は、みんなあの世に旅立ってしまい、生きているのは86歳になるぼくしかいない。
 
昭和の時代のゲイの人たちを語れるのはぼくしかいなくなっているではないか。
 
そう考えると、なんとしても「文ちゃんと語る会」は続けなければという思いが強くなってきた。
 
 
 
最近、ブログの文章の終わりに「コメントをよろしく」と付け加えている。
 
ブログを書くことが、ぼくの生き甲斐なのだから、読んでくれた人が、よかったとか、面白くなかったとかいうことは、問題ではないと思うものの、人間だれでもほめてくれればうれしいものだ。
 
「文ちゃんと語る会」を閉じるというぼくのブログを読んで、くろまめさんと名乗る20代の女性が、ひとりだけコメントしてくれていた。
 
 
 
「初めて投稿します。
昨年新宿二丁目のことを調べていた時に伊藤文學さんのことを知って、「文ちゃんと語る会」に参加したいと思ったものの、20代の女子一人で参加してもよいものだろうか…と躊躇していたところでした。思い立ったが吉日で参加すればよかったです。
機会があればぜひ文學さんのお話を伺いたいです!」
 
 
 
確かに若い女性が参加してくれると、ぼくのおしゃべりは熱をおびてくる。
 
男性ばかりだと力の入らないおしゃべりに。
 
これは意識しているわけでなく、自然とそうなってしまう。
 
20代の女性がひとりでは参加しにくいと言われるが、今までに多くの若い女性が参加している。
 
ぼくは『薔薇族』を出していた頃、どんな人が訪ねてきても、わけへだてなく応対してきた。それは今でも変わらない。
 
高齢になってくると、初対面の人と出会っておしゃべりすることが、脳を活性化させ、ボケない理由になるようだ。
 
初対面の人が20代の女性だったら、なおさらのことだ。
 
 
 
ぼくが30代のころ、19歳の女性、看護婦さんだが、恋に落ちたことがある。
 
それは86歳になっても若い女性が好きなことは今でも変わらない。
 
下北沢の街は若者の街だ。街を歩いている若い女性に目が向いてしまうのは自然のことだ。
 
若い頃から若い女性の胸の谷間を見るとわくわくしてくる。
 
今日はくもり空だが、下北沢の街へ行ってみるか。
 
Img_3335
若い女性っていいな。駒大の同窓会で
 
くろまめさんのコメントを読んだから、語る会を続けようと思いついたわけではないが、6月30日(土)午前11時から、カフエ「織部」で、「文ちゃんと語る会」を催します。
 
ぜひ、ぜひ、ご参加を!
 
★コメントよろしく

|

« 藤田竜さん、ひとりで作った『薔薇族』 | トップページ | 死んでお金は、もっていかれない! »

コメント

前回参加させていただいた帰り道、また行きたいと思いながら帰宅しておりました。
語る会終了のお知らせを見て大変寂しく思ったので再開大変嬉しいです。
まだまだ知識は浅いですが、その為にも是非伊藤さんのお話を伺いたいです。今後も宜しくお願いいたします。

投稿: | 2018年5月17日 (木) 18時05分

くろまめさんから、素敵なイベントの話を頂戴し是非参加したいです。宜しくお願い致します。

投稿: すみれhalahaches | 2018年5月14日 (月) 12時05分

何度か参加している者です。
月一なので、タイミングが合う時しか参加できませんが、
毎回楽しいお話をお聞きすることが出来、また会場の織部さんも素敵な空間なので、良い時間を持てると感じております。
ブログは定期的に拝読していますが、語る会をやめようと思われていたとは、びっくり、でも再開されるとは、嬉しいです。
6月は伺えると思います。
楽しみにしていますね。

投稿: 千春 | 2018年5月14日 (月) 09時35分

「語る会」の再開、嬉しく思います。
昨年一度「秋コレ」の際に参加しただけでしたので、又足を運びます。

                        上手詩織

投稿: 上手詩織 | 2018年5月12日 (土) 12時26分

文ちゃんと語る会再開されるとのこと、嬉しいです!
文學さんの書かれた本は数冊読んできたのですが、ぜひお会いしてみたいと思っていましたので。
6月30日はあいにく参加できず心苦しいのですが、7月の夏休み前にも開かれるようでしたら是非とも参加したいと思います。

投稿: くろまめ | 2018年5月12日 (土) 11時16分

伊藤様。
是非参加させて頂きたいです!昭和時代の話や薔薇族創刊までの事など沢山聞きたいです。よろしくお願いします。

投稿: かず | 2018年5月12日 (土) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/66708772

この記事へのトラックバック一覧です: 「文ちゃんと語る会」を再開します!:

« 藤田竜さん、ひとりで作った『薔薇族』 | トップページ | 死んでお金は、もっていかれない! »