« ぼくが死んだら誰が記事にしてくれるのか? | トップページ | 私はこんなヒドイ目にあわされた! »

2018年5月21日 (月)

内藤ルネさん、藤田竜さんのこと忘れないよ!

『薔薇族』の創刊以来のスタッフは、86歳のぼくひとりを残して、みんなこの世を去ってしまっている。
 
昭和の時代に『薔薇族』の読者が、どのようなことに悩み、どのように生きてきたかを語り部として、後の世の人に残しておきたい、そう思ってブログを書き続けている。
 
 
 
人間だれしも、ほめられればうれしいし、批判されれば気にするのは当然のことだ。
 
最近になってブログの終わりに「コメントをよろしく」と、つけ加えている。
 
そのためかコメントを書いてくれる人が、増えてきているのはうれしいことだ。
 
ぜひ、これからもコメントを書いてもらいたい。
 
どんなことを知りたいのか、こんなことを書いてもらいたいという要望があればありがたい。
 
 
 
ネットを触れないぼくは、百円ショップで購入した原稿用紙に4枚で1つの話をまとめている。
 
いつも次に何を書こうかと考えていることが、脳に刺激を与えてボケずにいられるのだろう。
 
自画自賛するわけではないが、読み返すと面白く、これからも書き続けなければという思いにさせられる。
 
 
 
おひとりのコメントに対して、弁解ではなく事実を書いておこう。
 
「雑誌『薔薇族』の全盛期の売れ行きは、年間で数億円?と推定します。永遠に続くものと誰でも思うでしょう。
実質編集長の藤田さんへも十分な利益の分配があったのか?は、多くの読者が興味ある永年の知りたいことです。」
 
というコメントだ。
 
 
 
内藤ルネさんと、藤田竜さんは、何十年も一緒に住み、ふたりで協力して、いろんなグッズを制作し、ひとときはその製品が街に溢れたことがあった。
 
千駄ヶ谷駅の近くの、部屋が何室もあるマンションに住み、最初に竜さんと出会った頃は、給料は200万もらっていると聞いたことがあった。
 
それが世の中が変わってきて、テレビの人気番組にまつわるグッズが現れるようになり、ルネさんの商品は影が薄くなってしまった。
 
バブルの時代に土地を売って、7億ものお金を手にしたが、世間知らずの竜さんは詐欺師に騙されて、7億なくし、その上、マンションまでとられてしまった。
 
 
 
その間、ぼくになんの相談もなく、マンションを出ることになって部屋を探したが、年とった男二人に部屋を貸してくれる不動産屋はなかった。
 
そこでやっと泣きついてきたので、ぼくの知人の不動産屋に頼んで、社員寮として、半分は会社が払い、半分は二人が払うようにして借り受けることができた。
 
膨大な彼らのコレクションは、ぼくの女房の兄の倉庫に十数年もタダで置いてもらった。
 
ぼくは修善寺に美術館を作ることには反対したが、これも誰にも相談せずに自宅兼美術館の建物を作り、オープンさせた。が、これも失敗に終わった。
 
 
 
すべてを無くした二人が美術館を建てられたのも、ぼくが二人にそれなりの給料を払っていたからだ。
 
雑誌づくりの名人だった竜さんだが、何か大きな足りないものがあったのでは……。
 
 
★コメントよろしく
 

 
【伊藤文学所蔵コレクション】
宇野亜喜良氏デザインのポスター出品中↓↓↓ (5/23 水 まで)

|

« ぼくが死んだら誰が記事にしてくれるのか? | トップページ | 私はこんなヒドイ目にあわされた! »

コメント

昔、祭に遊びに行ってました
懐かしいです。
また薔薇族のような本を読みたいです

投稿: ALLAN、 | 2018年5月23日 (水) 06時50分

10年以上前に、修善寺へ行った際、美術館へ行こうと向かい建物の前まで行きましたが閉まっておりました。もう少し自分が早く行動していたら、と今でもほんとうに悔やまれます。いい教訓となりました。
文學さんもどうぞお元気でこれからもいろいろな事を教えてください。

投稿: K | 2018年5月22日 (火) 01時23分

伊藤 文學 さん、
いつも楽しみに拝見しております。元気な文學さんのブログは楽しみの1つになってます。最近は便通は如何ですか?痔はヤマイダレを寺まで持ち込む病。上手くお付き合いくださいね。いつも思う事。文學さんは、ゲイでないとどこかで見て、おそらく読書は文學さんは仲間であって欲しい。経験があって欲しいと思っているのは、私だけでしょうか。今更ながら。

投稿: まなぶ | 2018年5月21日 (月) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/66734346

この記事へのトラックバック一覧です: 内藤ルネさん、藤田竜さんのこと忘れないよ!:

« ぼくが死んだら誰が記事にしてくれるのか? | トップページ | 私はこんなヒドイ目にあわされた! »