« 死んでお金は、もっていかれない! | トップページ | ぼくが死んだら誰が記事にしてくれるのか? »

2018年5月15日 (火)

【オークション】宇野亜喜良デザイン シルクスクリーン・ポスター→ 終了しました

ヤフオクにて、宇野亜喜良氏デザインのシルクスクリーン・ポスターを出品しました。 
 
舞踊家・伊藤ミカの公演のために制作された2点です。
 
↓↓↓
 
オークションは終了いたしました。
ありがとうございました。
 

 
宇野亜喜良さんの傑作作品だ!
 
 
こんなスゴイ女性は、2度と現れないだろう。
 
その女性は、ぼくの先妻の舞踊家、伊藤ミカだ。
 
1967年(昭和42年)邦千谷舞踊研究所から独立、旗揚げ公演が『オー嬢の物語』の舞踊化だった。
 
 
 
当時の舞踊公演というと、親族、友人、知人に頼み込んでチケットを購入してもらうやり方だ。
 
フランスの地下文学と言われる『オー嬢の物語』の舞踊化は画期的な企画なので、広く一般の人にも見てもらいたいと、まったくコネもないのに、週刊新潮編集部をミカと一緒に訪ねた。
 
岩波剛さん(この方の名前だけは忘れない)が降りてこられて、ふたりの話を聞いてくれ、すぐに記事にしてくれた。
 
当時の週刊新潮の発行部数は100万部を越し、その効果は絶大だった。
 
日本中からお客が来てくれて、当日売の売場に長蛇の列が……。
 
それから何度も記事にしてくれた。
 
 
 
1967年頃というと、ベトナム戦争は泥沼化し、羽田闘争、学園闘争の最中で、世の中、騒然としていた。
 
そんな時代だったが、新宿は若い芸術家が続々と現れ、「天井桟敷」「状況劇場」などが活躍し始めていて、活気に満ちていた。
 
まったく無名の舞踊家を、澁澤龍彦さんをはじめ、金子國義さん、四谷シモンさん、麿赤児さんなどが応援してくれた。
 
 
 
当時、化粧品会社マックスファクターの専属デザイナーだった宇野亜喜良さんが、ポスターからプログラム、チラシ、チケットのデザインまで制作してくれた。
 
ポスターはシルクスクリーン。
 
色を積み重ねていく高度な技術を要する印刷法で、芸術性を帯びた職人芸だ。
 
ミカのために『オー嬢の物語』『愛奴』『静かの海の恐怖』と3作品もポスターを作ってくれ、『宇野亜喜良60年代ポスター集』(ブルース・インターアクションズ刊)のカバーには『オー嬢の物語』が使われている。
 
Img_2030
 
 
今回は、『オー嬢の物語』と『愛奴』の2作品を出品する。
 
50年間、ポスターを保存してきた苦労は並大抵ではなかった。
 
 
O1
 
Aid1  

|

« 死んでお金は、もっていかれない! | トップページ | ぼくが死んだら誰が記事にしてくれるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/66722311

この記事へのトラックバック一覧です: 【オークション】宇野亜喜良デザイン シルクスクリーン・ポスター→ 終了しました:

« 死んでお金は、もっていかれない! | トップページ | ぼくが死んだら誰が記事にしてくれるのか? »