« 日馬富士、モンゴルに学校を! | トップページ | 次回「文ちゃんと語る会」のお知らせ »

2018年7月 9日 (月)

「LGBT」なんていう言葉はいらない!

2018年4月12日発行の週刊新潮に「『LGBT』ビジネスの不都合な真実・反権力が権力者に豹変する』という見出しで同性愛研究家・ジャックKさんが、4ページもの記事を書いている。
 
ジャックKさんの書かれていることは、すべて的を射ていて、このような方が現れてきたことはうれしいことだ。
 
ただ気になるのは、週刊新潮の編集部が考えた見出しだろうが、わざわざ「特別読物」とゴシック体で書かれている。
 
同性愛が特別と考えるから、書いたのだろうが気になる。
 
それと「ジャックK」などとペンネームにしないで、自らゲイだと言われているのだから、堂々と本名を使うべきだった。
 
全部を紹介することは出来ないが、要点だけを書くと、
 
「現実の世界では、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーは、バラバラに生活していて、お互いの交流はないし、それぞれ捉える問題も異なる」
 
とのとおりで、「LGBT」なんて言葉を誰が考え出したのかは知らないが、一緒くたにするのはおかしいということだ。
 
C
 
「要するにこれらの集団は、別々に語られるべきなのに、一括りにして呼ぶことで各々がそれぞれ混合され、実態が見えにくくなっている」
 
 
 
性的マイノリティの中で多数派を占めているのがゲイ。
 
日本の男性同性愛者の人口は、180万から300万となると書かれている。彼は3〜5%と書かれているが、調べるわけにはいかないが6〜7%といわれている。
 
これも調べようがないが、彼は新宿2丁目のゲイバアの数がざっと350、レズビアンのバアは、およそ35という数字からみれば、ゲイよりもずっと少ないことは確かであると書いている。
 
彼はそう書いているが、これは大きな間違いで、レズビアンの女性って、ゲイと同じぐらいの数はいると、ぼくは考える。
 
 
 
男と女の性欲の違いは、男のオチンチンは自分の意志ではどうにもならない、自然に勃起してしまう。
 
女性のからだは受身にできている。
 
キスしたり触られたりしなければ、性欲は起きてこない。
 
女性がゲイホテルのようなところに行ったり、ハッテン場に行って相手をハントするようなことはしない。
 
 
 
ほとんどのレズビアンの女性は、ひとり暮らしをしているか、好きな女性と一緒に住んでいる(長続きしているのは、男より女のほうが多いと思う)し、不本意ながら男性と結婚している女性が大多数だろう。
 
すべての生物は子孫を残すようにできているから、男が嫌いでもセックスすれば子どもは生まれてしまう。
 
 
 
「バイセクシュアルの、その大半が社会的には異性愛者として生活していると考えられることから、ここでは無視する」と、彼は書いている。
 
実際のところよく分からないのだろう。
 
ぼくにもよく分からないが、バイセクシュアルについては、ぼくは長いあいだ、『薔薇族』を出し続けてきて、それなりの考えがある。
 
が、今は書かないことにする。
 
 
 
2018年7月4日(水)の東京新聞朝刊に「トランスジェンダーの学生入学・奈良女子大も検討・性の多様性を尊重」の見出しで書かれている。
 
それは大変いいことで、いろんな大学で受け入れてくれれば、よりありがたいことだ。
 
そのためには、その人たちのトイレを作ることになってしまう。
 
 
 
ジャックKさんは、「そのようなトイレは必要ない。税金の無駄遣いだ」という。
 
ジャックKさん、LGBTブームにつけこんで、金儲けを企んでいる行動派を批判している。
 
同性婚なんて必要ないし、パレードなんてやることはない。
 
これも彼とぼくは同意見だ。
 
ジャックKさん、頑張れ!
 
 
★コメントをよろしく

|

« 日馬富士、モンゴルに学校を! | トップページ | 次回「文ちゃんと語る会」のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/66908578

この記事へのトラックバック一覧です: 「LGBT」なんていう言葉はいらない!:

« 日馬富士、モンゴルに学校を! | トップページ | 次回「文ちゃんと語る会」のお知らせ »