« 同性愛は趣味ではない! | トップページ | 戦争とはどんなに悲惨なものか! »

2018年8月14日 (火)

原爆投下はやむを得なかった!

父が出版し残した本の中で、歴史に残るものとしたら、昭和29年(1954年)8月6日発行の『歌集 廣島』と、B級戦犯が獄中で作歌した『歌集 巣鴨』と、米軍基地建設に反対する『歌集 内灘』の3冊だろう。
 
いずれも朝日新聞が社会面トップで報道してくれた。
 
アメリカ人は「戦争を早く終わらせるために原爆を投下するのはやむを得なかった」と言うが、広島での死没者は、31万4千108人にも及ぶという。なんという残酷な仕打ちだ。
 
この歌集を読んだ人は、日本人でも2000人足らずだが、英文に翻訳してアメリカ人にこの悲惨な短歌を読んでもらいたいものだ。
 
 
 
序文を寄せてくれた長田新さんは、「原爆歌集『廣島』に序して――氷はひしめきはじめた――」と題して書かれている。
 
 
 
「この歌集『廣島』のもつ特色の一つは、今廣島にあるすべての歌の団体が手をつないで仲よくこの一巻を作り上げたところにある。
 
(中略)
 
この歌集に作品を寄せたのは、平成歌を専門とする先生方だけではなくて、生まれて初めて歌を詠んだであろうような多くの市民の方々である。
 
この歌集のもつ特色の一つはここにある。
 
歌を専門とすると否とにかかわらず、昭和20年(1945年・敗戦記念日は8月15日)8月6日のあの世紀の怪物、いや鬼畜原爆を身をもって体験し、そして9年後の今まで生きながらえた人々の魂の叫びであるところ、そこにこの歌集の特色があるといっていい。
 
(中略)
 
実際この歌集が私たちに与える感動は、身をもって原爆を体験することもなく、ただ遠く外から眺めて筆を走らせた作家たちの作品とは根本的に違って、つぶさに惨苦をなめ、さらに9か年の長きにわたって、死生の間を生きながらえてきた廣島市民の声といってもよかろう。
 
(中略)
 
このようにして今、世に出るこの歌集『廣島』こそは「廣島の声」として、また『原爆萬葉』として、廣島市民が後世に残す世界史的文化遺産といっていい。
 
私はまたこの歌詞を『廣島』と呼んだことにも感心した。
 
というのは「ヒロシマ」とか「ひろしま」とかいっては、人々はいささか植民地的の劣等感さえ覚えるだろう。
 
ところがそうではなくて、あえて『廣島』としたところ、そこに編者の毅然たる識見もうかがえて嬉しいと思うのは、おそらく私1人ではあるまい。
 
(中略)
 
思えば土や銅で造った記念碑はわずか1000年も経たないうちに、きっと腐って倒れてしまう。
 
ところがこの歌集『廣島』は永劫不朽の記念碑として、とこしえに人類の胸を打たずにはいないだろう。(中略)
 
実際にこの歌集『廣島』で、氷はひしめきはじめたではないか。」
 
 
 
なんという素晴らしい序文ではないか。
 
全文を載せられないのは残念だが、長田新さんの序文で、歌集『廣島』が輝きを増している。
 
この歌集を出版するという予告を出したところ、6500首もの作品が集まった。
 
15人の編集委員会が結成し、時間をかけて753首を選んだようだ。
 
結社などに困らない一般民衆によって本作品が支えられているなどの事実は現歌壇に対しても、一つの示唆と方向を促すものではあるまいか。と、編集委員たちは書いている。
 
 
 
20数年前、編集委員の生き残った人たちが会合を開いた時に、親友の国学院教授の阿部正路君と共に、ぼくは会合に出席している。
 
この歌集『廣島』を年号が変わった8月6日に復刻してくれる出版社はないものだろうか。
 
版権などないと思うから!(つづく)

|

« 同性愛は趣味ではない! | トップページ | 戦争とはどんなに悲惨なものか! »

コメント

戦後73年。
あの原爆から何をあたしら学んだかな。

投稿: いなゆう | 2018年8月15日 (水) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/67055600

この記事へのトラックバック一覧です: 原爆投下はやむを得なかった!:

« 同性愛は趣味ではない! | トップページ | 戦争とはどんなに悲惨なものか! »