« 精薄児を愛している先生! | トップページ | 「文學」なんていう名前をなぜ? »

2018年11月12日 (月)

残り少ないぼくの人生に活力を!

ぼくは人との出会いでは運のいい男だ。
 
駒沢大学に頭の悪いぼくを入学させてくれた方は山田霊林さんという偉い坊さんだ。
 
世田谷学園の学長から、駒沢大学の総長、そして曹洞宗の本山、永平寺の貫首にまでなられた方で、父が戦前勤めていた第一書房で『禅学読本』という本を出されていたので、父とは知己のある方だ。
 
山田霊林さんのコネで世田谷学園、駒大とお世話になったいい時代だった。
 
 
 
駒大の国文科には素晴らしい教授がおられた。
 
『広辞林』の編集者、金沢庄三郎先生、富倉徳二郎先生、樋口一葉の研究者の塩田良平先生、渡辺三男先生、そして万葉集の研究者の森本治吉先生、森本先生は歌人の斎藤茂吉の弟子で、短歌結社の「白路」の主催者だった。
 
ぼくは短歌を作歌することを森本先生の「白路」に入会して教えられた。
 
その頃の駒大は学生数700人ほど、ぼくは文芸部で活躍していたが、劣等感のかたまりだった。
 
各大学では短歌を学ぶ学生も多かった。
 
とりわけ國學院大學の国文科は折口信夫先生がいたので一番多く、早稲田、中央、学習院、共立女子大などの学生が東大で短歌会を開くまでになった。
 
その時の歌会で東大国文科の中西進先輩がぼくの作品を絶賛してくれた。
 
中西さんのお蔭でぼくは自信をもち、それからの人生が変わったほどだった。
 
中西進さんはぼくの歌集に序文を書いてくれたり、女房久美子と結婚式をあげたときには仲人もしてくれた。
 
数年前には文化勲章も授賞した万葉集研究の第一人者だ。
 
 
 
10月の「文ちゃんと語る会」定刻11時に、会場の「織部」下北沢店で待ち受けていたのに誰も入ってこない。
 
今日は駄目かとあきらめていたら、10分ほどおくれて5人の人が参加してくれた。
 
その中に女性がひとり。
 
その若い東京医大で医者になるべく勉強している人が、ぼくのこれからの運命を変えてくれる女神のような女性だった。
 
ぼくの著書『『薔薇族』の人々』を読んで持参し、サインをということで、その本からぼくのブログにたどりつき「文ちゃんと語る会」に出席してくれたのだ。
 
若い女性が出席してくれると、ぼくの話に熱がこもりハッスルしてしゃべってしまう。
 
年をとれば誰ともしゃべる相手がいなくて、テレビを観るしかないが、こんなことができる老人って、世の中にそう多くはいないだろう。
 
 
 
この医大生、自宅は埼玉だそうだが、その日はお母さんが車で娘を乗せて送ってきて、車で待っているというではないか。
 
すぐに「お呼びしたら」と言ったら、電話して「織部」に来てくれた。
 
まだ若くて美しい方でいかにも行動的な方だった。
 
このお母さんとの出会いが、残り少ないぼくの人生に、また『薔薇族』を毎月出し続けていた頃のような活力をよみがえらせてくれた。
 
このお母さんは六本木に事務所を持ち、イベントの企画運営をする会社の社長さんだった。
 
なんという幸運な出会いではないか。
 
すぐさま「ホテルニューオータニ」に豪華な会場を予約してくれた。
 
 
 
ぼくの講演のタイトルは「『ひとりぼっち』の人たちをつないで」。
 
2018年12月16日(日)、13時〜15時・赤坂「ホテルニューオータニ」1Fの紀尾井フォーラム。会費は2000円。
 
ぜひネットで申し込んでください。
 
 
 
なんとしても満席にしたいので、友人を誘っておでかけください。
 
協力をおねがいします。

|

« 精薄児を愛している先生! | トップページ | 「文學」なんていう名前をなぜ? »

コメント

語る会に参加させていただき、ありがとうございました!
色々と興味深いお話を聞けましたし、織部のコーヒーも美味しかったです。
また機会があれば参加したいと思っています。
イベントの方は日程が厳しそうなので何とも言えませんが、文學先生のこれからご活躍を期待しています!

投稿: メタボ兵 | 2018年11月16日 (金) 18時32分

私は
伊藤文学さんにこそ
勲章をと思います

それくらいの
貢献はしています

投稿: 伊藤文学さんにも勲章を | 2018年11月15日 (木) 16時57分


伊藤さんが頭が悪いはずはありません。
一般的に言って、頭がいいとか悪いとかってものはないです。
教科書を読んだ回数が大事のようです。

投稿: | 2018年11月12日 (月) 03時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/67366335

この記事へのトラックバック一覧です: 残り少ないぼくの人生に活力を!:

« 精薄児を愛している先生! | トップページ | 「文學」なんていう名前をなぜ? »