« 針金とじの『薔薇族』ご夫婦だけで! | トップページ | ゲイとレズの結婚、うまくいったのかな? »

2018年12月10日 (月)

戦後生まれの議員たちが考えること!

政治にかかわることは、「ブログに書かない方がいいよ」と、コメントしてくれた人がいたが、戦争を経験してきたぼくにしてみれば書かずにはいられない。
 
衆議院議員にしても、参議院にしてもみんな戦後生まれの人たちで、あのいまわしい戦争体験などしたことのない人たちばかりだ。
 
サイパン島が米軍に占領されて、広大な基地ができ、B29爆撃機が大量に配置され、東京に200機、300機ものB29爆撃機が、1万米もの上空を整然と編隊を組んで、爆弾や、焼夷弾を落とすようになってきた。
 
高射砲で撃ち落とすべく撃っていたが、1万米上空まで砲弾がとどかなかったのか、命中しなかった。
 
たまに砲弾が命中したのか、煙をふいて飛んでいるB29を目撃したことがあった。
 
これも最初のころは、日本の戦闘機が飛びかかっていくのを見たことがあったが、あまりにも小さく、巨人におそいかかる小人のような感じで、B29の機体の上にのっかってしまったという話すら聞いたこともあった。
 
敗戦間際のころになったら、それこそやられぱなしになっていた。
 
B29はレーダーを備えているので、夜でも雪の日でもおかまいなくやってきた。
 
わが家では仕事師に頼んで頑丈な防空壕を作ってもらったが、土地が低いせいか、雨が降り続いたりすると、水びたしになってしまった。
 
連日、連夜、空襲警報が鳴るので、洋服も着たままだ。
 
それに石鹸がないので洗濯もできないので、しらみがわいてどうしようもなかった。
 
母は大きななべに下着を入れて煮沸していた。
 
 
 
こんな戦争のやり方は、太平洋戦争で終わりだ。
 
今朝の東京新聞(12月6日)を読むと北朝鮮は新しいミサイルの基地を作っているようだ。
 
政府はミサイルを迎撃するためのミサイル防空能力を強化する方針のようだ。
 
それにF35戦闘機を百機もアメリカから買うことを決めたとか。
 
北朝鮮や、中国がB29のような爆撃機で爆弾を日本全土に飛来して落とすような戦争をするだろうか。
 
そうなればそれらを迎えうつ戦闘機が必要だろうが、そんな戦争の仕方は過去のものだ。
 
東京新聞は総力をあげて、「税を追う」という安倍政権がアメリカの言うままに武器を多額のお金で買い求めているありさまを批判し続けている。
 
読者もこれらの記事を読んで、「毎回、驚きと怒りをもって読んでいます。登場する数字が大きすぎて実感を持てません。」「一般人は「兆」だとピンと来ないので、庶民目線で比較できるものを載せたらどうか。」と、半ばあきらめ顔だ。
 
記事の見出しだけでも「兵器ローン残高5兆円突破」「米製兵器維持費2兆700億円」「地上イージス6000億円超も」と、とてつもない数字が並んでいる。
 
2ヶ月おきにもらえる僅かな年金を首を長くして待っているぼくのような人たち。
 
生活保護を受けているような人にとっては考えられない話だ。
 
 
 
米国製の戦闘機F35は、一機百億円以上する。
 
都市部で定員90人の認可保育所を建てる場合、厚生労働省は建物費用を約2億円と想定しており、土地があれば一機分で少なくとも50ヶ所、4千5百人分を建てることができる。
 
中国やロシアの飛行機が、日本の領空内に侵入してきたときに、すぐさま飛び立って威嚇する戦闘機は必要かもしれないが、トランプ大統領をよろこばすために、百機も1兆円を出して買うこともあるまい。
 
怒るというよりも、情けなくなってくる。

|

« 針金とじの『薔薇族』ご夫婦だけで! | トップページ | ゲイとレズの結婚、うまくいったのかな? »

コメント

戦争体験は政治ではなく事実です
税金を沢山使い過ぎて
庶民の基本的な生活を壊すことに違和感を持つのも
政治云々では無いですね

命の叫びです

東京ラブストーリーという
かつての人気ドラマの再放送を見ると
冬のコートは白ばかりです
クリーニング代が
払えたんですね

今は安物コートばかりで
真っ黒なんです

白いコートなら
三着ないと
上手くまわりません
クリーニングから
帰って来ないから

スキーもみんな行ってたんだよね
しょっちゅう

貧乏に成りました

投稿: 戦後生まれの年寄好き | 2018年12月10日 (月) 03時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/67461623

この記事へのトラックバック一覧です: 戦後生まれの議員たちが考えること!:

« 針金とじの『薔薇族』ご夫婦だけで! | トップページ | ゲイとレズの結婚、うまくいったのかな? »