« 同じような人が大勢いる! | トップページ | 今や下北沢は古着屋の街に! »

2019年10月28日 (月)

これからの戦争は自然との戦いだ!

中国の軍事パレードの映像をテレビで見てあんな国と戦争になったら、日本はどうなるのだろう。
 
小学6年生の頃に見た、アメリカの爆撃機B29が編隊を組んで、1万メートルの上空を何百機と飛んできたような戦争はもう過去のものだ。これからの戦争はどんなことになるのか、考えるだけでも恐ろしい。もう2度と戦争はごめんだ。
 
2019年10月16日の東京新聞朝刊の「本音のコラム」、「防衛と防災」と題する文芸評論家・斎藤美奈子さんのコラムが目についた。ぼくが考えていたことと同じことを書かれている。
 
「大勢の人の命がいっぺんに奪われ、生活が破壊される事態といえば、戦争と自然災害だ。
 
戦後70数年、ひとまず日本は(国内での)戦争は経験しないできた。
 
その一方でこの国は、ほぼ毎年、なんらかの大災害に遭遇している。2011年の東日本大震災だけでも、激甚災害に指定された災害は30件近い。その大部分は梅雨前線や台風による暴風雨や豪雨である。
 
国の最大の責務が「国民の生命と財産を守ること」であるなら、国防以上に防災、他国からの攻撃よりも南の海から列島めがけてやってくる台風への備えが重要なはずである。しかるに予算配分はどうか。19年度の防衛予算は過去最高の5兆2千6百億円。防災、減災・国土強靭化対策を含む防災関係予算は1兆3千5百億円、前年度の補正予算をあわせても2兆4千億円だ。防衛予算のたった半分。これ、逆じゃありません?
 
9月の台風15号に続いて東日本一帯を直撃した台風19号は「想定外の」「今まで経験したことのない」といった形容がもう通用しないことを示した。戦争は外交努力で回避もできるが、自然災害は避けられない。災害大国であることを思えば、防衛省を防災省に、自衛隊を災害救助中心の隊に再編したっていいくらいである。国際貢献も災害支援に特化させれば、それが最大の安全保障になるのに。」
 
斎藤美奈子さんの書かれているとおりだ。これからの日本は国と国と戦争ではない。自然との戦争だ。
 
戦闘機を130機もアメリカから買っている時ではない。空中戦をやるような戦い方はもう過去の戦争だ。それよりも早く河川の決壊をなくす頑丈な堤防を作らなければ、また台風が襲ってくれば、水浸しになってしまう。
 
テレビや、新聞は連日、台風の被害を伝えているが、台風19号上陸から一週間の時点で依然として、9万5千戸以上で断水、3千9百人以上が避難を続けていて、生活再建の道のりは遠い。
 
自衛隊を中東へ派遣するという。そんなことにお金を使うよりも、被害に遭った人たちを助けるほうが先ではないか。ボランティアの人たちも片付けを手伝っているようだが、宿泊はどこで寝泊りしているのだろう。被害に合わなかった近所の人が手伝いに来るのならわかるが、遠くから手助けに来るのは大変なことだ。自衛隊の人たちも大変だろうが、こんなときに手助けをしてもらいたいものだ。
 
先日、東京新聞の読書投稿欄に、初めて日赤を批判する投稿が載った。それは赤い羽の募金に協力した街が、日赤に20万円寄付したら半分が戻ってきたのでおかしいという発言だ。学生たちが街角で募金をする光景を見るが、やはり集めたお金の半分は戻ってくるのだろう。そのお金は何に使われているのか。
 
東北大震災のとき、世界中から莫大な募金があったが、半分は返したのだろうか。そのお金は被災地にどのように届けられたのかはわからない。不思議な話だ。

|

« 同じような人が大勢いる! | トップページ | 今や下北沢は古着屋の街に! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 同じような人が大勢いる! | トップページ | 今や下北沢は古着屋の街に! »