« 「令和」の考案者、中西進さんがぼくのことを! | トップページ | テレビドラマで初の男の全裸シーンが! »

2019年11月16日 (土)

16歳の少年と18歳の少年が愛しあって!

今日は令和元年11月2日、今月の20日過ぎまでに原稿を書きためておいて、白内障の手術を受ける予定にしているけれど、簡単な手術だそうだが、目の手術というと、なんとなく嫌なものだ。

『薔薇族』って、なんでこんな小さな文字を使っていたのか、一番度の強いハズキルーペをかけてみても、よく見えなくなってきている。80歳を過ぎれば誰もが白内障になってしまうそうだから仕方がないか。

1981年(38年前)10月号(国会図書館で欠号になっている6冊の中の1冊だ)に「ポストの前で待っている君、ゴメンネ」と題して書いている。

「関西に住んでいる18歳の少年が文通欄に載せたのです。それに答えて16歳の高1の少年が手紙を出して、それから二人の交際が始まったのです。両方ともひとりっこでした。

そのうちに、熱烈に愛し合うようになった二人は、とうとう16歳の少年が自由を求めて家出してしまうという結末になってしまったのです。

どう考えたって16歳の少年の方の両親は、たった2歳年上といっても年上の子がたぶらかしたとしか思いません。

それから親同士の争いにまで発展してしまったのです。16歳の少年の親は、自分の子供がホモだなんて信じないから、年上の子が仕込んでしまったとしか思わないでしょう。泥仕合いが今でも続いているのです。

なにも僕は二人の両親を怖がっているわけではないのです。お互いに未成年者同士では、どんなに本人同士が愛し合っているからといっても、両親に理解してもらうことはまず無理です。そして君たちだけで問題を解決することは、まず不可能なことなのです。

両親にしてみれば、『薔薇族』というようなエロ本があるから、子供たちが悪くなる、そうとしか思わないのです。

かつて発売禁止処分になった時も、親の風紀係への投書がきっかけだったようです。責任を避けるように見えるけれど、未成年者同士を紹介してあげるということは難しい問題なのです。すごく僕の立場は弱いとしかいいようがありません。

男が男を愛するということが悪いことだと、世間の人のほとんどの人が思っているのだから……。男が男を愛することが、非道徳的ではないということを世の中の人に理解してもらわなければ、どうにもなりません。

高校生諸君、なんとか良い方法をみつけ、君ら若いもの同士で、友だちになれるようにしてあげたい。

この間も僕が経営している新宿の「伊藤文学の談話室・祭」に立ち寄ってみたら、夏休みなものだから、相変わらず若い子でムンムンしている。

高校生も何人もいて、その中の高2の子が僕に話してくれたのです。「祭」が入っているビル(Q
フラットビル・11階建)のエレベーターを上がったり、降りたりして、やっと度胸をつけて、2階の廊下の一番奥にある「祭」の扉を開けたのだそうです。

もう、今では4回目で、すごくハンサムなお兄さんと友達になって幸せそうでした。それでも「祭」に入るまでの廊下が長すぎるって言っていたけれど。

東京に住んでいる若い子は、その点、度胸をつけさえすれば、友達を作れるけれど、地方に住む若い子はつらいな。

若い子同士なら問題はないけど、年配者と少年となると、親に知られたら悪者になるのは年配者になってしまう。」

ネットの時代、簡単に未成年者が年配者と出会い、問題になってしまう。便利な時代になって、よかったのか、悪かったのか?

|

« 「令和」の考案者、中西進さんがぼくのことを! | トップページ | テレビドラマで初の男の全裸シーンが! »

コメント

 据え置き型ルーペというものがあり、スタンド一体型は4000円位で西友に売ってました。机やテーブルに置くタイプのルーペは各種有ります。ルーペの角度を自在に変えられるものもあるので、便利だと思います。

投稿: 据え置き型ルーペを推奨します | 2019年11月17日 (日) 04時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「令和」の考案者、中西進さんがぼくのことを! | トップページ | テレビドラマで初の男の全裸シーンが! »