« サイン入りの内藤ルネさんの人形が! | トップページ | 「少年愛」のことは分かっていても「少女愛」のことは! »

2019年12月14日 (土)

白いハンカチを手に持って待っていて!

「スマホ」なんて便利なものがある時代、未成年者だって見知らぬ人と出会うことができる。そんなことがまったくできなかった時代の中学生、高校生は、どんなことを考えていたのだろうか。
 
昭和47年(1972年。創刊して2年目)の『薔薇族』4号・3月号に「性別にかぎらず深く愛し合える社会を」と題して書いている。文通欄も200通を越えているのだから順調に売り上げものびていたようだ。
 
「高校3年生の読者から編集部にこんな手紙が寄せられた。『文通欄にこんな手紙をのせてもらえるでしょうか? ぼくの住所を書いて手紙が回送されてきたとき、父母になんといったらいいのか。父にでも手紙を読まれたら大変です。だけどホモだちができないと気が狂いそうです。どうかこの投稿を文通欄にのせてぼくを助けてください。このままだと大学受験も落ちそうです。』」
 
そう書かれてあって、次のようなことが記されていた。
 
「18歳、高校3年生、ぼくは都立高校に通っている少年。大学受験を目の前にして、こんなことをするのも気が咎めましたが、思いきって手紙を出します。ぼくはホモだけでなく、少々サディスティックなところがあります。
 
年上のできれば25歳までの大学生の人をいじめてみたいのです。ぼくは家のものと一緒に住んでいるために、住所を知らせることができません。家のものになんと言われるかが心配です。そこで学校の帰り道に待っていて欲しいのです。
 
西武池袋線の××駅の改札口に、毎土曜日の3時〜4時までの間、白いハンカチを手に持って待っていてください。学生服を着たぼくが声をかけます。まだ見ぬ青年マゾの人に。
 
東京都練馬区の一高校生より」
 
昨年の秋のことだったろうか。やはり都立高校を卒業して、予備校に通っている少年が訪ねてきたことがある。その少年は高校3年に在学中、いつも勉強に行く日比谷公園のなかにある図書館に行っての帰り、公園の中を疲れた頭をいやすべく散歩していた。
 
ベンチの一つに腰をかけ、何気なく向こうを見ると、前のベンチにひとりの外人の紳士が座っていた。見るからに品のいい外人だった。
 
少年はなんとなく、その外人と目が合うとにこりとした。外人もにこりとした。自分の英会話がどのくらい通じるか、話をしてみたいと思った。同じベンチにふたりで座った。少年はいろいろと話しかけてみた。
 
それからしばらくして少年はトイレに連れ込まれ、ジッパーをおろされて……。
 
「ぼくにも同じことをしてくれ」と、外人は要求したが、初めてのショックで、口もきけないぐらいであったが、天にも昇るような快感に、少年はおののいていた。
 
それから勉強が手につかなくなってしまった。それまでオナニーもやったこともなかったのに、その外人を頭に描いて自らを慰めていた。
 
『薔薇族』を読んだその少年は、ぼくを訪ねて我が家にやってきた。そうした外人との話をあり合わせの食事を一緒に食べながら話してくれて、そのあとで少年は切り出した。「その外人に似た中年の紳士を紹介して欲しい」ということだった。
 
この少年もそれ以来、勉強に身が入らずに受験に失敗して予備校通いをして受験勉強中である。もし、まただれか中年の人を知り快楽に溺れるようになれば、また入試もおぼつかないことはあきらかだ。」
 
白いハンカチを持つ大学生、ぼくは『薔薇族』に載せたのか、おぼえていない。

|

« サイン入りの内藤ルネさんの人形が! | トップページ | 「少年愛」のことは分かっていても「少女愛」のことは! »

コメント


載せるべきではないでしょう。
どちらの側の立場の人間にとっても、お互いに危険がいっぱいです。
悪い人に狙われたり利用される要素だらけです。

投稿: | 2019年12月15日 (日) 01時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サイン入りの内藤ルネさんの人形が! | トップページ | 「少年愛」のことは分かっていても「少女愛」のことは! »