« 自分ひとり老いれば朽ちて! | トップページ | 今度は勇気を出して「祭」へ! »

2020年2月17日 (月)

スマホなんてなかった時代の受験生!

今の世の中、スマホの時代、なにを見てるのか、電車の中でもバスの中でもスマホを見ている人ばかり。
 
さすがにわが母校、世田谷学園の学生たちはスマホを見ながら駅への道を歩いているものはいない。
 
夕方、下北沢駅前のスーパーに買い物に行き運動のために歩いているが、紺のつめえりの世田谷学園の学生が駅へと急ぎ足で歩いているのに出会う。頭の良さそうな学生たちばかりだ。おそらく夜、塾に通っているのだろう。
 
スマホはおそろしい。依存症になっている人も多いに違いない。
 
43年前にはスマホなんてものはなかった。高校3年生の寝屋川市に住む生徒の投稿が『薔薇族』1977年の10月号に載っている。
 
「大学受験を目指して、いよいよその仕上げに日夜とりくんでいる。僕は毎晩8時から勉強にとりかかり、平均2時ごろまで頑張っていますが、なんて書くと模範生みたいだが、時に脱線して、『薔薇族』を一生懸命勉強していることに、ハッと気づくことがある。
 
12時ごろになるとおそいかかる睡魔をふりきるため、よく銭湯に出かけますが、この日は雨だったので、脱衣所には僕とほとんど同時に入ってきた大学生の兄さんと二人だけだった。
 
シャツを脱ぎながら浴場をみるとだれもいない。僕の胸は踊った。チャンスだ!
 
今まで『薔薇族』を読んで、同性の素晴らしいことは知っていたが、実際のチャンスがなかなかこなかったからだ。
 
反対側の脱衣箱で、一枚一枚脱ぎ捨て、たくましいからだを見せてゆく彼の裸体が、僕の前の鏡に映っている。
 
もう僕の心臓はドキドキ、早鐘のように打った。なんだか彼も僕を意識しているみたい。ブリーフの中では僕の坊やが太く固くつきあげているので、ブリーフを脱ぐのをためらいながら、僕は彼のそばにある体重計に近寄った。
 
その時、彼の視線はブリーフの表からでも硬直しているのがよくわかる、僕の中央部に釘付けされたように、ジーっと見つめている。
 
僕は思わず声をかけた。「今日は二人きりですね」と。彼はあわてたように視線を僕にうつすと、思い切ったようにブリーフをさっと下へ下げた。瞬間、僕の心臓が止まったかと思うほど、彼のものがすごく太く、腹の方へそりかえっていた。
 
二人はニッコリしあいながら、互いに素晴らしく勃起した坊やをそのままに浴場へ入った。
 
もう二人の心は通じ合っていた。肌を寄せ合いながら、お湯をかけ、湯船につかった。
 
「君も学生?」
 
「ええ来年、大学を目指しています」
 
「僕は大学二年生だよ」
 
二人はスッと伸ばした両足をピッタリと太もものあたりから、じわじわ寄せ合っていた。
 
少し沈黙が続いた。しかし、それは何かが始まろうとする静かなセレモニーだった。
 
透き通った湯の中で、黒々と茂った森の中から二本の巨大ともいえる太くたくましい柱が、早く早くとせかしている。僕が思い切って彼の方へ体をグーっと寄せた。すると反射的に彼の手が僕の太ももの、それもすぐにそばの辺りに伸びてきた。また僕は体をくねらせ彼の手に僕の力が直接触れやすい位置になった。
 
「もう、どうなってもいい」
 
彼は小さな声で耳元でささやいた。
 
「すごく太いね」
 
「ううん、お兄さんには負けるよ」
 
たがいに相手のものを握り合った手は、前後に激しく揺れ、あふれそうになった」
 
これからがクライマックスになるが、このへんでやめておこう。スマホに夢中になっている今時の学生には、これだけの描写力のある文章は書けないだろう。
 
この学生君、大学は入れたに違いない。56歳、その後、どんな人生を送ったのだろうか? 幸せであってほしいものだ。

|

« 自分ひとり老いれば朽ちて! | トップページ | 今度は勇気を出して「祭」へ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分ひとり老いれば朽ちて! | トップページ | 今度は勇気を出して「祭」へ! »