« 文通欄は大きな心の支え! | トップページ | ネットで『薔薇族』創刊号が読める ! »

2020年8月10日 (月)

ひとりでは生きられなくなってしまった!

10数年も毎月、最後の土曜日に続けてきた「文ちゃんと語る会」ブログで予告なしでやめることになってしまった。

 

やめることを決意したのは、下北沢のカフエ「織部」まで歩いて行けなくなってしまったからだ。

 

2020年8月1日の「文ちゃんと語る会」を持って残念ながらやめざるをえなくなってしまった。

 

我が家では女房が何から何まで面倒みてくれている。食事の支度、食事が終われば飲み薬をきちっと用意してくれる。

 

夜はしびんをベッドの下に置いて、小便をしている。一晩でこんなに小便が出るのかと思うくらい、いっぱいになる。

 

それをトイレで流して、きれいに洗ってまたベッドの下に置いてくれる。家の中のぼくの生活はすべて女房なしでは生きていられない。ありがたいことだ。

 

もうひとり田中さんは、我が家とそう遠くないところに住んでいるので、病院に連れて行ってくれたり、買い物に歩いていけなくなってしまったぼくを車に乗せて、スーパーに連れて行ってくれる。

 

我が家では女房、他人さまでは田中さんのふたりがぼくを支えてくれていて、ぼくの体力では、ふたりなしには生きていられない。

 

最後の「文ちゃんと語る会」も田中さんが車で送ってくれた。当日参加してくれたのは、常連ばかりの5人。

 

スーパー・ピーコックの3階にある「三省堂書店」で色紙を買ってきてもらって、記念にいろいろと書いてもらった。

 

三好君という青年、いつも会に出席するたんびに、ぼくの著書を買い求めてきてサインしてくれと頼まれた。ありがたい読者だ。

 

「伊藤さんの命ひとつでいくらの命が救われた事でしょうか。私自身もそのひとりです。感謝を表す方法もわかりません。

 

また、どこかでお会いできることを。お元気でいてください」

 

篠塚さんという方は、かなり古いぼくが催したキャバレー「白いばら」での出版記念会のアルバムに彼の姿があるから、10年以上も前からのお付き合いだ。

 

桜井さんという人は器用な人で、秋葉原の電気街で耳の悪いぼくのために、補聴器の部品を買い集めて工夫して作ってくれる。会に参加するたびに作って持ってきてくれてその性能もよくなり、テレビをひとりで見るときには使わせてもらっている。

 

「私はもともと『薔薇族』の読者で、初めてお会いしたときには緊張しましたが、優しい人柄に惹かれて毎日通いました。

 

数々の思い出は私の心の中でずっと留めておきます。本当にお疲れ様でした。」

 

いつから始めてたのか忘れてしまっているが、最初は森鴎外の長女の森茉莉さんが毎月のように通って仕事部屋にしていた「邪宗門」の奥の部屋だった。

 

「邪宗門」は駅から遠いので、次は下北沢北口のビルの二階の「占茶」、奥さんは奥の部屋で占いをしていて、ご主人がコーヒーを淹れてくれる。

 

その次はビルの一階の「つゆ艸」。作家の吉本ばななさんがひいきにしている店で、ママの由美さんの笑顔は忘れられない。

次は「織部」だ。ここが一番長くお世話になった。6年にもなるだろうか。

 

奈良県に住む引きこもりの青年が出てきてくれた。手紙をやりとりしているうちに、表に出るようになったという。

 

何百人もの人が参加してくれた。最後に参加してくれた女性との出会いは忘れられない。素晴らしい女性だ。この女性と出会うためにも、脚を鍛えなければ・・・。

 

Img_6484_20200810104601

|

« 文通欄は大きな心の支え! | トップページ | ネットで『薔薇族』創刊号が読める ! »

コメント

文学さん

ちょこちょこと、参加させて頂いておりました、
スキンヘッドの者です
いつもスポーツサークルの子供のことで、相談に乗ってもらい助かりました

お身体お大事になさって下さい

また、涼しくなり、
体調がよくなったら再開して下さい

いつの日か、文学さんに再会したいです!

投稿: スキンヘッド | 2020年8月21日 (金) 19時30分

2年ほど前からほぼ毎回参加していた者です。今年3月より多忙で行けなくなっていたため、語る会の終了に非常に驚いています。
ですが、長年に渡り語る会を続けてくれて本当に感謝しかありません。様々なお話を聞かせてもらい、色々な人と出会えて、本当に貴重な体験ができました。
長年に渡り語る会を続けて頂きありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

投稿: | 2020年8月20日 (木) 19時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文通欄は大きな心の支え! | トップページ | ネットで『薔薇族』創刊号が読める ! »