« 知らない人から送られてきた歌集! | トップページ | 自民党議員の無能ぶり! »

2020年10月31日 (土)

いそのえいたろう君よいまどこに!

ぼくの先妻、伊藤君子(芸名:ミカ)が、お風呂場で酸欠死してから早くも、来年(2021年)の1月11日で50年になる。

 

『薔薇族』の創刊も1971年の7月だから、2021年の7月で50年に。半世紀が過ぎてしまった。

 

2009年の6月に彩流社の河野和敬君がミカとの夜汽車の中での出会いから亡くなるまでのことを本にしてくれた。

 

あとがきにぼくはこんなことを書いている。

 

「百年に一度と言われる未曾有の世界的な経済危機に襲われ日本も大変な状態だ。出版会も経済不況と、ネットの出現による活字離れが進み、本が売れず、書店、出版社が倒産に追い込まれている。

 

この本も2社で出版が決まっていたのに、資金繰りがつかないということで投げ出され3度目の正直で彩流社から出版することができた。原稿用紙に書いたぼくの原稿を組版されたゲラになって送られてきたとき感激は忘れることはできない。

 

昭和7年から住んでいた木造2階建てのボロ屋の風呂おけに入っていたら死ぬことはなかったが、ミカは経済的にうるおってきたので生活の匂いがしないところで創作したいといい出し、近所に新しいアパートができたのでそこの2階に暮れの12月に引っ越してしまった。

 

幼稚園に通っている息子の文人は、ぼくの母親まかせで、よく面倒を見てくれていたので心配はなかった。

 

移り住んだアパートの風呂場は北向きで、斜めに開く窓がついていたが、1月のことなので閉め切っていた。

 

いつもならぼくが風呂をわかして、どうぞという感じだったが、その日に限って製本屋の社長、今の女房、久美子の兄が、本の取次店(問屋)の係長を接待し、ぼくと3人で新宿東口のキャバレーに連れていってくれた。

 

係長がキャバレーを出たら、サウナに入りたいというので、サウナに入り、小田急の終電で帰ってきた。

 

ミカはクラブ「スペース・カプセル」のショウに毎週1回出演していて評判だったが年明けて最初のショウのテーマは「雪女」だった。

 

サウナに入ってこなければ、いつものように風呂をわかして、「どうぞ」という感じだったが、先に寝てしまったのがいけなかった。

 

ミカは自分で風呂に入ったが、酸欠で死んでいた。

 

それから半年ぐらいは、仕事も手につかない状態だったが、その頃のぼくは若かった。

 

元気がもりもり湧いてくると、今度は夜が来るのがこわかった。そんな時に現れたのがいそのえいたろう君だ。その頃は井の頭線の東松原のすぐそばのアパートに、美人の奥さんと子供さんとで住んでいた。

 

いその君の著書の最初の本は、ぼくが経営する第二書房から出版した。『好色=女のカレンダー』という書名だった。

 

その頃、いその君は大橋巨泉さんが司会する「11PM」のコーディネーター兼レポーターを18年もしていたので、ぼくも何回か出演させてくれた。

 

女房に急死されて元気のないぼくを連れ出し、キャバレーに行ったり、新宿公園の暗闇の中でセックスしている若い男女を見に行ったりと元気づけてくれた恩人だ。ぼくは仕事に励み立ち直ることができた。

 

最近、いその君の消息はしれない。時々その頃のことを思い出しているのだが、81歳になるいその君、どうしているのだろう。

|

« 知らない人から送られてきた歌集! | トップページ | 自民党議員の無能ぶり! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知らない人から送られてきた歌集! | トップページ | 自民党議員の無能ぶり! »