« 生きていてよかった! | トップページ | 海が見えるところでの生活があったから! »

2021年1月25日 (月)

お国が最後まで面倒をみてくれます!

『薔薇族』創刊5周年記念号・№42の「人生薔薇模様」欄の中の読者の投稿「独身のまま老境を迎えて」を紹介したい。51歳で老境という時代だった。(今から45年前)

 

「私は結婚というものをとうとうしないで、51歳になってしまった。女の人を好きになれなかったので、ひとりで生きてきたのです。

 

女は好きでなかったけれど、男は好きでたまりませんでした。でも私は相手に自分の気持を伝えたことはありません。相手から軽蔑されたり、嫌悪されるのが嫌だったからです。私はいつも自分の気持ちを抑えて精神的なものに昇華していました。寂しかったですね。

 

私は普通の会社員生活を送った、まじめ人間です。酒ものまない人間ですから、バアなどにも行ったことはありません。もし酒が好きでバアなどにも気軽に行ける人間であったなら、そういうところで同好の人と知り合いになれたかもしれませんが。

 

私が今まで知り合いになった同性は、皆職場で一緒に仕事をした人たちです。そういうところでは恋愛感情などというものは、いっそう抑圧しなくてはなりません。それに職場の人間関係というものは複雑です。

 

相手の嫌な面を見る機会が多くなります。自分の嫌な面も相手に見られることがあります。ですから私は職場で好きな人ができても、自分の気持が燃えながらも冷めてしまうのです。

 

こうして私はいつも孤独でした。親、兄弟は病死して、もうこの世にいません。年老いてくるにつれ、私は寂しさがひしひしと身に迫ってきます。

 

そして、このごろ身体の衰えを感じますので、自分が病気になったらどうしよう。床に就いたら誰が自分の世話をしてくれるのだろう。死亡の時はどうなるのだろう。後始末は誰がしてくれるのだろうと、そんなことばかり考えて、一日として気持ちの晴れる日はありません。

 

一生独身で通した人は、寂しさと闘うことも大変ながら、老後の問題、病気の時、死のときのことが、大きな課題として残されていると思います。

 

皆さんはどう考えてらっしゃいますか。良い方法があったら、誌上で教えて下さい。同じ悩みを持つ人々が、互いに助け合う会を作ったらどうかなと思います。

 

寂しさもいやされるし、いざというときは助け合えるし、でも、会を作るとなると、自分がホモであることを公表しなくてはなりませんし、また同好の人の中には、いろんな人がいると思いますし(いい人、まじめな人ばかりではないのでしょうか)会を作りにくいのではないかと思われます。(東京都・悩める初老の男)」

 

ぼくは他人に使われたことのない人間なので、職場での人間関係はまったくわからない。良かったのか、悪かったのか。

 

「人生薔薇模様」のコーナーは、投稿することによって、少しは気持ちが楽になるメリットがあったのでは。

 

この人と同じような毒syがどれだけいたことか。日本の場合は、相談を勇気を持ってもちかければ、お国が最後まで面倒をみてくれるだろう。

 

ぼくの心臓病で32歳で亡くなった妹の亭主は、最後は生活保護を受け、昨年亡くなったが、お国が面倒を見てくれたようだ。

 

独身を通して最後を迎える読者がほとんどだろうが、お国の力を借りることになるのでは。

 

日本はありがたい国だ。

|

« 生きていてよかった! | トップページ | 海が見えるところでの生活があったから! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生きていてよかった! | トップページ | 海が見えるところでの生活があったから! »