« 女性の方が理解してくれたようだ! | トップページ | お国が最後まで面倒をみてくれます! »

2021年1月24日 (日)

生きていてよかった!

株式会社ラピュタ阿佐ヶ谷の支配人・石井柴さんから、ありがたい手紙が送られてきた。

 

昭和40年の秋の芸術祭参加作品になった日活の『ぼくどうして涙がでるの』(1965年・今から56年前に刊行されたぼくと妹・紀子との原作)を座席数48のちいさな映画館で上映してくれるという。

 

2月14日(日)〜16日(火)4時40分、一般¥1300、シニア・学生¥1100

 

杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21(阿佐ヶ谷駅北口徒歩2分)TEL:3336-5440

 

十朱幸代さんが初主役・ぼくの役は佐藤英夫さん。ぜひ、ご参加を!

 

ぼくも参加して、芳っちゃんに捧げる詩を朗読します。

|

« 女性の方が理解してくれたようだ! | トップページ | お国が最後まで面倒をみてくれます! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女性の方が理解してくれたようだ! | トップページ | お国が最後まで面倒をみてくれます! »